アララギ後継誌『短歌21世紀』所属写生派歌人・カミタクこと神山卓也の歌論と歌集。keywords = 短歌,短歌21世紀,アララギ,歌集,写生派,歌論
   このホームページのトップへ,  フレーム枠内のトップ画面へ

夕陽の海の写真

Noblesse Oblige  カミタクの部屋


神山卓也(カミタク)の短歌の部屋



この画面(短歌の部屋)のもくじ
短歌への誘い(いざない) 歌論,私の短歌への姿勢など 拙歌(私の短歌作品)
歌評 短歌関連リンク集のページへ このホームページのトップ画面へ

 この画面は、アララギ後継誌『短歌21世紀』所属歌人・カミタクこと神山卓也による、歌論と短歌作品と歌評の部屋です。







短歌への誘い(いざない)

「短歌の部屋」のトップへ


 短歌とは、記紀万葉時代以来の長い歴史のある、日本が誇る抒情文学です。この素晴らしい抒情文学の魅力を紹介したい思います。
 かつて伊藤左千夫、齋藤茂吉、島木赤彦、土屋文明らが活躍した写生派短歌結社『アララギ』に、平成2(1990)年に私は入会し、歌道鍛錬に努めて参りました。平成9(1997)年12月に『アララギ』が終刊後平成10(1998)年からは、『アララギ』後継誌4誌の中で最も改革志向の強い結社『短歌21世紀』で、改革派若手歌人として他の若手歌人と共に友情を高め、文学を競い合いながらさらなる歌道鍛錬を続けております。
 この短歌の部屋では、この抒情文学の素晴らしさを皆様に紹介すると共に、私・カミタクの作品をお見せしたいと思います。

この短歌の部屋をご覧いただいて、青春の抒情文学・短歌に興味を持たれた方は、以下に示す『短歌21世紀』までご連絡下さい。

〒350-1320 埼玉県狭山市広瀬東1丁目1番5号 大河原惇行方 『短歌21世紀』発行所

短歌21世紀



「短歌の部屋」のトップへ


歌論,私の短歌への姿勢など

「短歌の部屋」のトップへ


拙稿「新人立論・短歌を青春の文学に」  『短歌新聞』短歌新聞社,平成10年11月号)2面

拙稿「模倣のすすめ」『短歌21世紀』(平成10年1月号)

拙稿「私と短歌との出会い〜父の背中を追いかけて〜」『短歌21世紀』(平成11年1月号)

拙稿「リレーエーッセイ「イイトコドリ」No.2 日本語の寛容性の素晴らしさ」『短歌21世紀』(平成11年2月号)

拙稿「団体芸と個人芸」『短歌21世紀』(平成11年5月号)

拙稿「短歌における外来語の使用について」
(当HP書き下ろし,実は、『短歌21世紀』(平成12年6月号)の「リレーエッセイ「イイトコドリ」」掲載予定稿として書いたものだが、内容が難解であるとして掲載が見送られたものである。)

拙稿「短歌に接する姿勢」  短歌新聞社  『短歌現代』(平成13年4月号)

拙稿「小暮政次・折々の言葉」『短歌21世紀』(平成14年2月号)

拙稿「写生と私性について」  『短歌WAVE』(2003年春号)

拙稿「ウィング時評  「分かり易さ」ということ」『短歌21世紀』(平成15年12月号)

拙稿「ウィング時評  社会詠について」『短歌21世紀』(平成17年2月号)

「短歌の部屋」のトップへ


拙歌(『アララギ』,アララギ後継誌『短歌21世紀』,短歌総合誌[短歌新聞社  『短歌現代』,  『短歌WAVE』など]掲載などの私の短歌作品)

「短歌の部屋」のトップへ


平成2&3年短歌作品

平成4年短歌作品

平成5年短歌作品

平成6年短歌作品

平成7年短歌作品

平成8年短歌作品

平成9年短歌作品

平成9年短歌現代新人賞佳作入選作品「夜学」

平成10年短歌作品

平成10年短歌現代新人賞佳作入選作品「同じ釜の飯」

平成11年短歌作品

平成11年短歌現代新人賞佳作入選作品「情報処理部門出力工程」

平成12年短歌作品

平成13年短歌作品

平成13年短歌現代新人賞佳作入選作品「インディーズ・デビュー」
(平成12年は応募せず)

平成14年短歌作品

平成14年短歌現代新人賞次席入選作品「閉山」

平成15年短歌作品

平成16年短歌作品

平成17年短歌作品

平成18年短歌作品

平成19年短歌作品

平成20年短歌作品

平成21年短歌作品

平成22年短歌作品

「短歌の部屋」のトップへ


短歌の歌評

「短歌の部屋」のトップへ


拙稿「松本東亜歌集『海のひかり』を読んで」『短歌21世紀』(平成10年8月号)

拙稿「小暮政次『新しき丘』の一首」『短歌21世紀』(平成10年9月号)

拙稿「アララギの人々−吉田正俊・企業の人として」『短歌21世紀』(平成11年5月号)

拙稿「現代の一首・加藤克巳」『短歌21世紀』(平成11年10月号)

拙稿「ウィング21 平成十一年九月作品評・小林央忠歌評(二首評,拙執筆箇所のみ抜粋)」『短歌21世紀』(平成11年11月号)

拙稿「『金石淳彦遺歌集』を読む」『短歌21世紀』(平成11年12月号)

拙稿「ウィング21 平成十一年十月作品評・大塚奈緒美歌評(二首評,拙執筆箇所のみ抜粋)」『短歌21世紀』(平成11年12月号)

拙稿「正岡子規について」『短歌21世紀』(平成12年1月号)

拙稿「伊藤保の短歌」『短歌21世紀』(平成12年2月号)

拙稿「ウィング21・旬歌旬彩・鞍良ひな子歌評(一首評,拙執筆箇所のみ抜粋)」『短歌21世紀』(平成12年2月号)

拙稿「木戸京子歌集『みどりの色に』(短歌新聞社,1999)一首評」『短歌21世紀』(平成12年3月号)

拙稿「ウィング21・二月号一首評・澁谷かえで歌評」『短歌21世紀』(平成12年4月号)

拙稿「加藤和成氏の歌一首評」『短歌21世紀』(平成12年5月号)

拙稿「小野田勉論「いつか帰るところ」」『短歌21世紀』(平成12年7月号)

拙稿「小杉絵美の歌一首評」『短歌21世紀』(平成12年9月号)

拙稿「島木赤彦の歌から学ぶもの」『短歌21世紀』(平成12年10月号)

拙稿「ウィング21作品評:恋愛の歌を中心にして」『短歌21世紀』(平成12年11月号)

拙稿「小暮政次一首評」『短歌21世紀』(平成1年4月号)

拙稿「自歌自賛・拙歌一首評」『短歌21世紀』(平成13年4月号)

拙稿「大河原惇行歌集『春影』歌評」『短歌21世紀』(平成13年5月号)

拙稿「2002年10月号作品評 作品1」『短歌21世紀』(平成14年12月号)

拙稿「小暮政次短歌合評(二十五) −昭和十八年−」(『短歌21世紀』平成15年10月号[拙評のみ抜粋])

拙稿「2003年12月号ウィング21欄作品評」『短歌21世紀』(平成16年01月号)

拙稿「現代の一首・篠 弘 歌評」『短歌21世紀』(平成16年05月号)

拙稿「現代の一首・村木道彦 歌評」『短歌21世紀』(平成20年10月号)

拙稿「小暮政次短歌合評(八十七) −昭和六十年−」『短歌21世紀』(平成20年12月号[拙評のみ抜粋])

拙稿「短歌21世紀 四月号作品評」『高知アララギ』(平成20年6月号)

「短歌の部屋」のトップへ


この画面(短歌の部屋)のもくじ
短歌への誘い(いざない) 歌論,私の短歌への姿勢など 拙歌(私の短歌作品)
歌評 短歌関連リンク集のページへ このホームページのトップ画面へ




「短歌の部屋」のトップへ

このホームページのトップへ



HMV
タワーレコード
indiesmusic.com

このHP作者に関係のある別HPです。

温泉天国・鹿児島温泉紹介!

  

カミタク・ブログ

  

STATISTICS
炭鉱マニア

  

鉄道艦船航空陸自マニア

  

ネットDE討論@Marine


アララギ後継誌『短歌21世紀』所属写生派歌人・カミタクこと神山卓也の歌論と歌集。keywords = 短歌,短歌21世紀,アララギ,歌集,写生派,歌論