アララギ後継誌『短歌21世紀』所属歌人・神山卓也による、平成20年(2008年)短歌作品。。 : Keywords = アララギ,短歌,神山卓也,21世紀
   このホームページのトップへ
 
 
神山卓也オンライン歌集(平成二〇年)
 
アララギ後継誌『短歌21世紀』,短歌総合誌掲載歌 及び 『短歌21世紀』歌会詠草など(注)
(注)なほ、非掲載歌も一部含む。
 
神山 卓也
 
 
平成二〇(二〇〇八)年   四十四−四十五歳
 
 
   亡き父亡き母とを偲んで
 
 吾が送るの土産を喜びしのハガキの来ることはなし
 
 電池入れてとの思ひ出の鳩時計稼働を確認して実家を出で来ぬ
 
 父からのメールがウザいと言ふ若き友は来ぬ日を思ひてをらず
 
 孤独死をさせてしまひしといふ思ひ半年過ぐれど消ゆる時なく
 
 の声もの声もせぬ電話機よ呼び鈴だけは昔と変はらず
 
 夢に出(イ)でてくれたるは心配でたまらずといふ顔をしてをり
 
 かつてと座りしベンチに腰かけてひとりわがタバコ吸へり
 
 片づけをせむとて実家に戻れども朝よりわれの何もなし得ず
 
 鎌倉三浦も遥けくなりにけり一人残りて働く日々に
 
 墓参りにと乗りたる思ひ出のバスなり去年の会話を思ふ
 
 去年を写しし墓地にてのなき白き歩道の写真を写す
 
 ひとり来てみやげにさるぼぼを買ひたりき木曽路の昼は雨音深し
 
 と泊まりし宿は見つからず気づけば次の集落が見ゑぬ
 
 最後の家族旅行にて鹿児島を巡りし日から今日で三年
 
 と聴きし鶯の声は変はらねど隣りには今年はをらず
 
 神戸震災跡地を訪ねたり今なら遺族の気持ちが分かる
 
 眠り得ずはは恋しきこの夜ふけ子供の頃の子守歌懐かし
 
 島原中国地方五木江戸の子守歌をもう一度聴きたし
 
 と共に吸ひしタバコはうまかりき今宵独りのタバコは苦し
 
 この夜はに最後に電話せし日から一年が過ぎむとしてをり
 
 蟻の列に汚されたくなし墓石(ハカイシ)に俺は酒などかけないからな
 
 一つ石に向かひて様々話したりいくら話せど返事は聞こゑず
 
 夏の日に負けずに花よ咲き続けよここには両親が眠つてゐるんだ
 
 一年前の今頃は独りきりあの部屋の中に倒れてゐたのか
 
 亡き母との最後の思ひ出横浜プリンスホテルは解体されたり
 
 
 
 
 
短歌の部屋へ
 
このホームページのトップへ
 
 
HMV
タワーレコード
indiesmusic.com

このHP作者に関係のある別HPです。

温泉天国・鹿児島温泉紹介!

  

カミタク・ブログ

  

STATISTICS
炭鉱マニア

  

鉄道艦船航空陸自マニア

  

ネットDE討論@Marine

アララギ後継誌『短歌21世紀』所属歌人・神山卓也による、平成20年短歌作品。。 : Keywords = アララギ,短歌,神山卓也,21世紀