アララギ後継誌『短歌21世紀』所属歌人・神山卓也による、平成19年短歌作品。。 : Keywords = アララギ,短歌,神山卓也,21世紀
   このホームページのトップへ
 
 
挽歌(父の死と母の死):神山卓也オンライン歌集(平成十九年)
 
短歌21世紀,短歌総合誌掲載歌 及び 短歌21世紀歌会詠草など(注)
(注)なほ、非掲載歌も一部含む。
 
神山 卓也
 
 
平成十九(二〇〇七)年   四十三−四十四歳
 
 
   亡き母
 
 城山のホテルを見れば今もまだ母が来てゐるやうな気がする
 
 去年実家に贈りし鹿児島黒き酢を喜びし母はこの世にゐない
 
 母と行きし猊鼻渓がテレビに映りをり涙が一筋流れ落ちたり
 
 このリスの写真を撮りし時わが側には母がゐしと気づきぬ
 
 霊などは信じて来ざりき我なれどいつかあの世で母に会ひたし
 
 嘘だよね死んぢやつたなんて嘘だよね横浜に帰ればまた会へるよね
 
 亡き母と行きし山川の植物園に行きたり母に会ひ得る気がして
 
 二年前ここには父と母がゐしと思ひたる途端に涙止まらず
 
 わづか二年前の幸せなりし日が今では遥けく思ほゆるかな
 
 我が節句人形を孫に飾りたき母の願ひは空しくなりぬ
 
 目覚むれば母の遺影が部屋にありかつてはお早うと起こしてくれき
 
 何時まで起きてゐるのよ父と我を叱りし母の声は聴き得ず
 
 母の形見のネクタイピンをなくしたり見つからぬまま転居せねばならず
 
 
 
   転勤
 
 鹿児島から出たくないよと泣きながら段ボール箱にガムテープ貼る
 
 気がつけばうきうきしながら赴任せし日ははや遠き過去になりたり
 
 
 
   父の死
 
 父の死を告ぐる電話は嘘だよと思ひたし実家に電話をかくる
 
 独りきり発見されないまま父はここに倒れてゐたのかと思ふ
 
 あの夜にせめて電話をかけてゐたらすぐに発見されたのだらうか
 
 父の遺体と母の位牌の間に寝る幼き頃の川の字のやうに
 
 父と共に二人の最後のこの夜は眠り得ぬまま窓白みゆく
 
 孤独死をさせてしまひぬ人目など憚らず葬儀場で泣き続けたり
 
 誰もゐない分かりてをれども玄関を開くれば言ひたりただいまと二度
 
 父が出てくれさうな気を捨てきれず今宵も実家に電話をかけたり
 
 父の死亡叙勲の品が着く夕べ生きてゐてくれし証を願ひて
 
 話しても話尽きざるこの午後は墓石の前を離れ難し
 
 
 
 
 
 
短歌の部屋へ
 
このホームページのトップへ
 
 
HMV
タワーレコード
indiesmusic.com

このHP作者に関係のある別HPです。

温泉天国・鹿児島温泉紹介!

  

カミタク・ブログ

  

STATISTICS
炭鉱マニア

  

鉄道艦船航空陸自マニア

  

ネットDE討論@Marine

アララギ後継誌『短歌21世紀』所属歌人・神山卓也による、平成19年短歌作品。。 : Keywords = アララギ,短歌,神山卓也,21世紀