アララギ後継誌『短歌21世紀』所属歌人・神山卓也による平成17年短歌作品。 : Keywords = 歌集,和歌,短歌,神山,卓也,鹿児島
   このホームページのトップへ
 
 
短歌:神山卓也オンライン歌集(平成十七年)
 
短歌21世紀,短歌総合誌掲載歌 及び 短歌21世紀歌会詠草など(注)
(注)なほ、非掲載歌も一部含む。
 
神山 卓也
 
 
平成十七(二〇〇五)年   四十一−四十二歳
 
 
   鹿児島
 
 大久保らが通りしといふだけでこの普通の道が愛ほしくなる
 
 それにしても名前聞くだけで微笑ましだつてさ猫のくそ小路だぜ
 
 猫のくそ小路に近きこの辺り猫を見かけて笑ひが止まらず
 
 西郷どんや大久保が歩きし道にをりただそれだけでわづかに誇らし
 
 東郷の生誕地跡を見たいから今宵は少し寄り道してみる
 
 わが支店ビルの近くのこの場所に東郷生誕地の碑が建ちてをり
 
 支店ビルがある町ここは歴史書で幾度も見かけし加治屋町なり
 
 江戸時代から続く家は何軒がここ加治屋町にあるのだらうか
 
 甲突川は「こうつきがわ」と読むのだと鹿児島に来てわれは知りたり
 
 
 
   新潟育ち
 
 めぐみちやんの骨の欺瞞に改めて怒り湧き来る新潟育ち我は
 
 経済の制裁などでは生ぬるい何故爆撃を始めないのか  (落選非掲載歌)
 
 金正日を死刑にする夢叶ふならば首斬る役は俺にやらせろ  (落選非掲載歌)
 
 金正日を斬りたしと思へどその脂肉は刀の汚れとなるかも知れず  (落選非掲載歌)
 
 義家が千任にせしごとく金正日の足下に金日成置きてみたしも  (落選非掲載歌)
 
 
 
   鹿児島の春
 
 溶鉱炉尚古集成館工業が島津の武力を支へし基盤か
 
 示現流自顕流とは異なると鹿児島に来て初めて知りたり
 
 鉄兜を割るがごとくに斬りしといふ薩摩示現流のことを思へり
 
 この街に住み得る幸せ友に語る幾度も我が語りたりしか
 
 透明なる鹿児島温泉の湯に浸かるこのひとときに疲れは消えゆく
 
 霧島の温泉に浸かりてしみじみと心安らぐ静けさの中に
 
 夜ふけて霧島より見るあの街の灯りは国分辺りだらうか
 
 叶ふならば上がることなくいつまでもこの浴槽に浸かつてゐたい
 
 
 
   折りに触れて
 
 風邪ひけば微熱下がらぬ一週間過去患ひし腎炎し思ほゆ
 
 だるしだるし今日も微熱は下がらねどこれから会社に行かねばならず
 
 
 
   中国反日騒動
 
 国交回復の頃の帰国生の友多しこの今のこと思ひ得ざりき
 
 中国にゐる友が無事を伝へくるるメーリングリストにしばし向かへり
 
 杜甫李白の詩を思ひつつ通洲事件以降同じ民族のこころを思ふ
 
 我の知る項羽の抗あり呂后あり民族性のことも思ひき
 
 やうやくにこれで中国の実態が広く知らるるやうになるらむ
 
 中国進出に反対して解任されし伯父のことしばしわが思ふなり
 
 
 
   両親を鹿児島に迎へて
 
 大隅桜島かは分からねど海の向うに街の灯の見ゆ
 
 城山の温泉の名物焼酎の利き酒コーナーを父と楽しむ
 
 近頃は桜島見る度この街に故郷のごとき安らぎのあり
 
 鹿児島に来し両親にどこよりも見せたかりしこの尚古集成館
 
 仙巌園の灯籠は妖怪に似てゐると父と二人で楽しみてをり
 
 灯籠は田の神(たのかんさー)にも似てゐたり鹿児島固有の意匠かと思ふ
 
 余りにも悲しいからと知覧にて遺書を父は読み得ざりしか
 
 
 
 
 
短歌の部屋へ
 
このホームページのトップへ
 
 
HMV
タワーレコード
indiesmusic.com

このHP作者に関係のある別HPです。

温泉天国・鹿児島温泉紹介!

  

カミタク・ブログ

  

STATISTICS
炭鉱マニア

  

鉄道艦船航空陸自マニア

  

ネットDE討論@Marine

アララギ後継誌『短歌21世紀』所属歌人・神山卓也による平成17年短歌作品オンライン歌集。鹿児島の短歌。 : Keywords = 鹿児島,和歌,短歌,神山,卓也,アララギ