アララギ後継誌『短歌21世紀』所属歌人・神山卓也による平成15年短歌作品のオンライン歌集 : Keywords = 歌集,和歌,短歌,神山,卓也,アララギ
   このホームページのトップへ
 
 
短歌:神山卓也オンライン歌集(平成十五年)
 
短歌21世紀,短歌総合誌掲載歌 及び 短歌21世紀歌会詠草など(注)
(注)なほ、非掲載歌も一部含む。
 
神山 卓也
 
 
平成十五(二〇〇三)年   三十九−四十歳
 
 
   沖縄西表島
 
 船室の後部の窓は水面下にゐるかのごとくに波をかぶりぬ
 
 青き海を思ひ描きて来たれども荒れたる海に色調は無し
 
 凪の日も荒れたる時もこの船が西表への物資を運びてゐるのか
 
 
 
   鬱々
 
 来し方は思ひどほりにならざりき今にして思ふわが人生を
 
 わが名刺見る度近頃腹立たし負くるためにせし努力にはあらず
 
 不眠症に苦しむ夜ふけ酒飲めり一人ここにゐてわが眠り得ず
 
 時をりに思ふ時あり人生をやり直し得るか何をせむかと
 
 SFのパラレルワールドがあつたなら異界の我と代はりてみたし
 
 正夢を見得る我なり昨夜に見し仕事の失敗の夢忘れ得ず
 
 
 
   寂寥(短歌総合誌『短歌WAVE』出詠歌)
 
 ○ 写生の歌五首
 
 昨夜に見し二区画先の赤きビルある筈辺りは霧白く垂る
 
 霧深し周囲の見えぬ早朝にウミネコの声右より聞ゆ
 
 二ブロック先さへ見えぬ霧の中車の過ぎゆく音のみ聞ゆ
 
 二十万都市の都心と思ひ得ぬ車少なきこの大通り
 
 シャッターの閉ぢたる店と空き地ありて人出少なきこの大通り
 
 ○ 私性の歌五首
 
 気がつけば三十路の終はりゆく秋に婚期の賞味期限を思ふ
 
 今思へばふらるる傷よりふりし時の傷ほど深き痛みは無かりき
 
 傷つけて傷つけてきたんだ今さらに孤独だと言へる立場にはない
 
 黒髪に自信があり来し我なれど白髪を一本今朝見つけたり
 
 恋の数少なきあいつさへ結婚す同期で残るは我ひとりなり
 
 
 
   心身症
 
 自殺する様を思へば故郷(ふるさと)の横浜の父母(ちちはは)の顔し思ほゆ
 
 両親との思ひ出思へばこの夜ふけ涙が流れて止まらなくなる
 
 今はただ転職への願ひそれだけが我をこの世に留めてゐるなり
 
 新聞の過労自殺の記事を読む度に恐るる我に似てゐて
 
 子供の頃厭ひてゐし結末の『車輪の下』今ではとても他人事ならず
 
 夜が来る度に密かに願ふこと突然死して目覚め得ぬこと
 
 苦痛への恐怖を思へば自殺する勇気さへなき我の疎まし
 
 一酸化炭素中毒は窒息だと思へば怯ゆ苦しくないか
 
 このかわいい七輪製作者には恐縮だ自殺のための購入だなんて
 
 僚友に見られぬやうにこつそりと車のトランクに七輪を積む
 
 七輪を買ひたり炭も睡眠薬も残るは目張りのテープあるのみ
 
 お父様お母様へ遺書を書けばいよいよ心定まりてゆく
 
 清らかなる思ひなどとは言ひ難し疲労罪悪感孤独と絶望
 
 死ぬ事は唯一残りたる希望にして我を近頃癒してくれたり
 
 今はただ何を考へる気力もなし消え入るやうに死にてゆきたし
 
 死ぬんだと思へば木々の新緑も車窓に流るる街の灯も愛ほし
 
 
 
   再生
 
 担当の業務が変はりて一月半やうやく心は平穏になりぬ
 
 厳しかりし人が初めてほめてくるる言葉は何より我にありがたし
 
 オンライン・ダウンをさせずにプログラムを変へたり我を再生する仕事
 
 仕事する調子は戻りつつあれどバックログ多き苦境は変はらず
 
 プログラムのリリースを助けてくれし人多きに仲間といふ語し思ほゆ
 
 仕事とは独りではできぬものなりと改めて知るカットオーバーなり
 
 
 
   イラク・テロ頻発に思ひて
 
 アナン氏のWe must carry onといふ声明にイラク復興への決意を見たり
 
 民生養ふパイプラインを破壊するテロに共鳴するアラブ過激派分からず
 
 いつだつてさうだ思想や宗教は観念的な独善になるんだ
 
 
 
   プログラム・リリース
 
 カットオーバーの手順も確認プロシージャーも整へしを確認し会社を出(い)でたり
 
 とりあへず五時間は寝たり午前三時出勤の支度を整へ始む
 
 街はまだ物音聞こえぬこの夜ふけ予約せしタクシーの音のみ聞ゆ
 
 夜気が身を包めば湧き来る緊張感これからシステムをリリースしに行く
 
 この時間唯一予約を受け付けてくるるタクシーは吾にありがたし
 
 プログラムのコピーも確認も終了し呆気なくシステムのリリースは終はりぬ
 
 これでいいこれでいいんだリカバリーの時間が無用になる作業結果は
 
 カットオーバーの完了報告のメール打てば窓の外丘は朝日に映えゆく
 
 とりあへずカットオーバーは終へたれど他の仕事は皆遅れゐる
 
 
 
   二〇〇三年衆議院議員選挙
 
 党の事情日本のためとは分かれども公認され得ぬ友らを思ふ
 
 平成の薩長連合だ幕軍に戊辰戦争で絶対に勝つんだ
 
 候補者をこの候補者を勝たせむと意気高らかに街をわが行く
 
 ポスターを貼りに行くこの高揚感幾度経験しても素晴らし
 
 十二時まで配つてもいい期限まで党のニュースのポスティングをせむ
 
 戦つてゐるといふこの充実感それで満足しちやいけないけれど
 
 自らが起ち得ぬならばこの議員に思ひを託して支へてゆかむ
 
 自由党のホームページ消えたり我が国のためと思へどせつなさ消し得ず
 
 
 
   ときめき
 
 今晩の飲み会には君も来るんだと思へば朝から胸が高鳴る
 
 ファンですと素直な言葉を言ひながらわが顔は瞬時に熱くなりたり
 
 帰り行く君の背中が人混みに消ゆるまでずつと眺めてゐたり
 
 携帯が二度つながらぬこの夜ふけ叶はぬ想ひかと不安になりぬ
 
 携帯が通じぬは電波の状況が悪いからと知りて安堵してをり
 
 貴方との予定ができたり我は今世界で一番幸せな男
 
 選挙戦が終はれば翌週君に会へる今はそれだけが心の支へ
 
 デートなんかどうでもいいんだその風邪を一日も早く治しておくれ
 
 大丈夫かな無事でゐるかな風邪だといふ君の具合が気になりて止まず
 
 携帯の電波が通じぬ君の部屋とりあへずメールを送つておかむ
 
 気がつけば独り言で君の名を呼んでゐて聞かれたんぢやないかと周囲を見回す
 
 明日は君に会へると思へば眠り得ず夜明けの雀の鳴く声聞ゆ
 
 見つむるは我を虜にしてしまひし世界で一番美しき顔
 
 君と初めてデートしてゐる今日この日僕は生涯忘れないだらう
 
 是非君をお連れしたかつたこの店は僕が大好きなフランス料理店
 
 今までの悲しき恋にも感謝しよう一人でゐたから君に出会へた
 
 美容院大学音楽話題尽きずこのまま時間が止まればいいのに
 
 横浜を我が故郷のこの街を貴方はお気に召しただらうか
 
 年内は忙しいのと言ふ君を不安だけれども信じて待たう
 
 君に似合はぬ我かも知れずでもきつといつか羽化して蝶になるんだ
 
 
 
 
 
 
 
短歌の部屋へ
 
このホームページのトップへ
 
 
HMV
タワーレコード
indiesmusic.com

このHP作者に関係のある別HPです。

STATISTICS

  

炭鉱マニア

  

鉄道艦船航空陸自マニア

  

ネットDE討論@Marine

アララギ後継誌『短歌21世紀』所属歌人・神山卓也による平成15年短歌作品のオンライン歌集 : Keywords = 歌集,和歌,短歌,神山,卓也,アララギ