アララギ後継誌『短歌21世紀』所属歌人・神山卓也によるi短歌歌集(平成13年) : Keywords = i短歌,i短歌,i,i,短歌,神山卓也
   このホームページのトップへ
 
 
短歌:神山卓也オンライン歌集(平成十三年)
 
−短歌21世紀掲載歌 及び 短歌21世紀歌会詠草など(注)
(注)なほ、非掲載歌も一部含む。
 
神山 卓也
 
 
平成十三(二〇〇一)年   三十七−三十八歳
 
 
   回想
 
 君を思ひ歌読み直すこの夜ふけ眠り得(え)ぬ夜も今ははるけし
 
 夢想するパラレルワールドの中の君毎朝一杯のコーヒーを飲む
 
 ときめきもため息もなき近頃か過ぎゆく時がわが前にあり
 
 考へたくなけれど気づけばいま我は子供の頃の父親の歳
 
 
 
   同志の選挙支援
 
 変へなくちや今変へなくちやと焦りつつ街宣の声に力を込めたり
 
 
 
厳冬(短歌新聞社  『短歌現代』2001年4月号特集「新世紀と若い世代」掲載歌)
 
 こんなのぢや担保評価はできないと心を殺してわが突き返す
 
 川沿いの高速道路見えこの朝を冬の透明なる空気広がる
 
 ビルの間に青き海面が照り返す東京湾はこんなに近かつたのか
 
 夜ふけて明かりを消せばパソコンの画面四角く部屋の静けし
 
 空を仰ぐことさへも無き今にして寂寥感が胸を離れず
 
 もしかしたらと坂をのぼりて一人ゆくときめく心にわが日々ありき
 
 コツコツとキー打つ音が響く夜かじかむ指は太く短し
 
 
 
   母校大学院受験不合格
 
 たかが一次合格が信じ得ぬ程にかつての自信ははるけくなりぬ
 
 嫉妬にも気後れにも似る心地にて控へ室にゐる若きらを見る
 
 さう言へば昔誰かが言つたつけ強気な奴ほど怯えてゐるのさ
 
 ここを肩で風切つて歩いてゐた頃の我は自分を笑ふだらうな
 
 かつてこの校門を通りてゐしことは今に思へば当然ならず
 
 面倒な論文コピーをせねばならぬ大学院受験はいつ終はるのか
 
 推薦してくれし恩師を思ひ出づ再会の挨拶の謝罪は如何に
 
 
 
   音楽を志して
 
 このやうに心に残る曲にわがバンドの曲はなれるだらうか
 
 どことなく短調なる調べがこの人の曲の魅力と初めて知りたり
 
 一人でいい一曲でもいいわが曲に癒されたといふ人がゐるなら
 
 マスタリングされし音聴くスタジオに仕事終へたる安堵感充つ
 
 大切なる二千円払ひてわがバンドのCD求めてくれし人あり
 
 夜ふけてネットプロモーションする我にテレホーダイは徹夜を誘ふ
 
 一サイトもう一サイトとプロモーションしてをれば窓は白み始めぬ
 
 音楽に専念できるアーティストが羨ましくないといふ痩せ我慢
 
 レビューヤーは見抜きてをりきわがバンドのサウンドは八十年代風だと
 
 
 
   池島炭鉱
 
 炭住に遊ぶ子らをりこのヤマの財務を知りつつ見るはせつなし
 
 この人らの暮らしは消えてゆくのかと思へど審査を甘くはできず
 
 空きブースだらけのショッピング・センターはヤマの縮小の傷跡のごとし
 
 考ふることと感ずることの差のかくも激しき今の業務か
 
 朝礼の凛々としてヤマを守る人らの声がフロアに響く
 
 今回が最後の機会になるかもと思へば坑道の全てがいとほし
 
 さつきまでわがゐし切り羽はこの海のあの沖の底かと遠くを眺む
 
 
 
   折りに触れて
 
 目覚むれど爽やかならぬこの朝猫撃つ夢を思ひ返して
 
 原罪といふ語を思ふこの我の冷たき深層心理に気づきて
 
 さう言へば昨夜見た夢を忘れずにゐるのは何年振りなのだらう
 
 イングウェイ・マルムスティーンの公演を思ひたるのみ吾は行き得ず
 
 やりたしといふよりすべきといふ事に追はれ追はれて今宵また眠し
 
 頼朝の御家人として傷負へど戦ひし遠祖のことを思ひき
 
 注射器が駅のベンチに捨てらるる見て立つ吾は夕べの時を
こんなにも身近に麻薬汚染の痕跡を見て、社会の疲弊を嘆きて
 
 喫茶店で一人しをれば聞ゆるは若き日に聴きし渚の誓ひ
 
 いつまでもオフコースの世界に浸つてちややはり婚期は逃すだらうな
 
 学生の運動も学力崩壊も無きわが世代は幸せなりき
 
 
 
   人事考課
 
 主任なる役職はまだ変はらねどランクの昇格を今朝告げられき
 
 九年間聴かざりし昇格といふ言葉を今朝久々に告げられてをり
 
 いまの意志固めてをれど昇格を喜びて気づく会社員我に
 
 同期らが次々課長になりてゆく社内報を手に来し十五年思ふ
 
 置いてけぼりを食つた気持ちが無いと言へば嘘になるやうなこの停滞感
 
 目の前でポストが次々消えゆけば高度成長期の先輩妬まし
 
 停滞とはかういふものか手を伸ばす前に次々門は閉ざさる
 
 頼政が三位を望みてゐし頃の気持ちが分かり始むるこの頃
 
 
 
   様々な会社の話を聞きて
 
 片道の切符の出向で来し人の会社の話は壮絶なりき
 
 財務諸表だけで知り得ぬモラルダウンがその社を蝕みてゐると知りたり
 
 時価会計連結決算に耐えられぬやうな会社なら潰れてしまへ
 
 
 
   石炭業界
 
 消ゆるべき産業と思へど閉山の憶測記事にうろたへてをり
 
 閉山を引つ張り引つ張り引き延ばし不況の今年力尽きるか
 
 失業率五パーセントよりも有効求人倍率が上がりてくれず
 
 ドメインの定義見直し済むことだ炭鉱会社を見てゐて思ふ
 
 
 
   祖母と伯母の死
 
 話し得ず目は開かずともわが祖母よ息してくれてゐるだけで良し
 
 数本の管がかそけきわが祖母の命をこの世に留めて一月
 
 祖父がゐる祖母がゐるといふ一言が今日から過去形になるかと思ふ
 
 祖母の遺体待つ病院のテレビにて映りゐしテロの画像忘れ得(え)ず
 
 いさかひは葬儀の悲しみを現実に戻しぬ例へば焼香の順序
 
 父方も母方も徐々に親族は細りて残る世代は少なし
 
 今我が死なば神山母方の増田の家も絶へてしまはむ
 
 近頃は切に欲しぬ遺伝子をこの家系図を伝へてゆきたし
 
 
 
   翻訳作業
 
 翻訳など引き受けるんぢやなかつたと思へど弱音は矜持が許さず
 
 夏期歌会休みてわれのする筈の翻訳作業はあまり進まず
 
 数行しか訳が進まぬまま午後の日差しは闇に変はりてゆきたり
 
 先の見えぬ長きトンネルを通るやうな終へる目途無き翻訳作業
 
 とりあへず本文訳し終へし時湧き出づる疲れは虚無に似てをり
 
 やうやくに本文訳し終へし時注釈訳する気力は失せたり
 
 こんなにも悪文続く本ならば翻訳の仕事などするんぢやなかつた
 
 単語一つ訳に拘るこの夜ふけ専門家我に誤訳許されず
 
 概念が分からぬ単語に苦しめど専門家我に訊(き)き得(う)る人なし
 
 この一行この一行が訳し得(え)ずに気づけば三日が過ぎてゆきたり
 
 訳終へてドライブし得(う)る暇得(う)るをモチベーションにする数ヶ月
 
 
 
   二〇〇一年九月十一日全米同時テロ
 
 瞬間に思ひき正に崩れゆくビルにわが社の仲間はゐるのか
 
 イデオロギーは優しさ殺す魔物なるか「ざまあ見ろ」と書きし政治家のあり
 
 反戦を反米感情の口実に使ふ論説の卑怯さに飽く
 
 わがサイトの書き込みに驚くこんなにも日本の嫌米感情は手強し
 
 誤爆被害誇張してゐるキャスターはニューヨークの死者には言及せざりき
 
 どうしてもどうしても分からず日本だけオサマ・ビンラディンに「氏」をつけてをり
 
 やはり起きたかテロ対策を中国はウィグル弾圧の口実に使ひぬ
 
 
 
 
 
短歌の部屋へ
 
このホームページのトップへ
 
 
HMV
タワーレコード
indiesmusic.com

このHP作者に関係のある別HPです。

STATISTICS

  

炭鉱マニア

  

鉄道艦船航空陸自マニア

  

ネットDE討論@Marine

Keywords = i短歌,i短歌,i,i,短歌,神山卓也