『短歌21世紀』所属アララギ歌人・神山卓也によるe歌集(平成12年) : Keywords = e歌集,e歌集,e,e,歌集,神山卓也
   このホームページのトップへ
 
 
短歌:神山卓也オンライン歌集(平成十二年)
 
−短歌21世紀掲載歌 及び 短歌21世紀歌会詠草など(注)
(注)なほ、非掲載歌も一部含む。
 
神山 卓也
 
 
平成十二(二〇〇〇)年   三十六−三十七歳
 
 
   使命
 
 エレミアの悩みの分かるこの夜ふけ決意を一つに定め難しも
 
 気づかねば幸せで済むこのことに気づけばタバコの数の増したり
 
 預言者の迷ひにも似て悩みつつ思ひはひとつに定まりてゆく
 
 迷ひつつ逃げたき心に鞭打ちて唱ふる呪文はノブレス・オブリージュ
 
 お前と話す電話代などもつたいないと怒鳴りて父は電話を切りぬ
 
 予想してをれども父に理解して貰ひ得ぬ孤独深くせつなし
 
 飛べぬ鳥我は歩まむ友のためこの背に翼の生え揃ふまで
 
 政治には手など出すなと父は言ふ起つ時あらば去らざるを得むか
 
 この一歩この一声が一票になると念じて街宣してをり
 
 
 
   サンシャイン六〇ビル職場の窓
 
 はるかなる清掃工場の白煙は真横に一筋南へと延ぶ
 
 風はまだ寒けれど今朝白煙の北に延ぶるを久々に見つ
 
 救ひたき思ひは怒りに似てゐるか担保を出せとわがきつく言ふ
 
 白かりし富士は蒼にやがて鹿毛に色を変へつつ夕焼けに映ゆ
 
 さつきまで鮮やかなりし夕焼けはか黒く富士を包まむとす
 
 丘陵の形のままに丸くまるく黄色き灯りは頂に延ぶ
 
 夕焼けの色滲みゆく春霞近頃富士の見ゆる日少なし
 
 
 
   音楽を好みて
 
 ビルボードはYESTER HITSの曲ばかりに共鳴してゐる齢になりぬ
 
 気がつけばジャーニーエイジアもわが好む曲調のバンドは近頃流行らず
 
 今思へば八十年代ヘヴィ・メタルはメロディー・ラインが美しかりき
 
 わが世代のバンドは残つてゐるぞメタリカBON JOVIハロウィーンなど
 
 曲作る暇の無かりしこの五年黒かりしミキサーは埃で白し
 
 気がつけば自作曲さへ弾ききれぬまでに薬指は固くなりたり
 
 
 
   自由党連立離脱
 
 連立の離脱叶はぬニュースあり事務所を埋めゆく暗き沈黙
 
 今度こそ連立離脱をして欲しと同志の署名を党に送りぬ
 
 やうやくに連立離脱が叶ふかと夜毎帰ればニュースを見始む
 
 我々と改革を共にしたかりき首相の本音を知ればかなしも
 
 芸能人のゴシップぢやないんだマスコミよ政局ではなく政策を見よ
 
 
 
   二〇〇〇年衆議院議員選挙
 
 ヒメジョオン団地の隅に咲く見れば子供の頃の寄り道思ほゆ
 
 気がかりはこのイベントの報道なりニュースに載るのか風は吹くのか
 
 マスコミのフラッシュが党首を包む時このイベントは成功と思ひぬ
 
 片づけをしながら今頃ニュースにてイベントを報じてゐるかと思ふ
 
 雨降れど雨にぬれつつビラ配る時折の声援をエネルギーにして
 
 ビラ貰ふ一人一人の反応に一喜一憂心落ちつかず
 
 開票は進めど票は伸びずして候補にかくる言葉を考ふ
 
 とりあへず善戦できたと思ふのみ高校野球の球児のごとし
 
 少しづつ少しづつ増やさむ仲間の輪円くまあるく日本を覆ひて
 
 休日が全て潰れし六月の選挙戦が嘘のやうな一日
 
 久々にこのキャンパスに今日は来て静けき日常が包みてくれたり
 
 
 
   同じ曲
 
 映画館の暗闇にゐて時折にその横顔を憧れて見る
 
 次に会ふ約束の無きここ幾日か通じぬ電話の我にせつなし
 
 今日も君の電話は留守電になつてゐて一日一日増しゆく不安
 
 変はらない想ひを誓ふ段階ぢやない恋だから孤独が怖い
 
 この我を選びてくれしひとなりき少なくとも今日この時まで
 
 また同じ曲に戻りぬせつなさを代弁してくるるBON JOVIAlways
 
 せつなさにこのせつなさに耐へきれず吾は一つのメールを送る
 
 
 
   折りに触れて
 
 我が我である意味なんて要るものかドラマ終はりて残る拒否感
 
 さあ困つた新しく買つたこのギター置く場所は部屋に残つてゐない
 
 久々にライブをせむとする夕べ新しきギターの冷たき感触
 
 虫の音が今年初めて聞ゆれば海に行く暇の無き夏の惜し
 
 売り時を逃す程出版遅れゐてやうやくITのわが本出でぬ
 
 わが書きし本を誰かの本の上に置きて夕べの本屋出で来ぬ
 
 寝返りをいくら打てども眠り得ぬこの夜酒でも飲んで寝ようか
 
 夜ふけて電車の窓に写るわが顔を見ながら深まる疲労
 
 
 
   第二の故郷・新潟
 
 まばゆくて白く連なる光点は川面に映る万代橋なるらむ
 
 古町はあの辺万代はあの辺と出で行く船より新潟を見る
 
 あの浜から横田めぐみちやんが拉致されしと思へば改めて高まる怒り
 
 今思へばこの中学を受験せし日が戦ひの原点なりき
 
 辛けれど挫けてしまはばあの日以来して来し努力が無駄になる
 
 
 
   メールの君に
 
 いつにしても電話をせむとする時は少年の日の如きときめき
 
 君の家はどの辺りかと思ひつつ海岸沿ひを甲板から見る
 
 明日は君とやうやく会へると思ひつつまぶた閉づれば心地よき疲れ
 
 電話でもメールでもなく本物の貴方の声が今ここにあり
 
 肩並べて眺むる夕日がこの海に沈めば我に満ち来る安らぎ
 
 街灯が消ゆれば丸き月明かり沖より浜まで波間を照らす
 
 さざ波は映える明るし月満ちてこの夜の時の早く過ぎゆく
 
 碧々と海の左に広がれば助手席の君よ景色楽しめよ
 
 君がゐてナビゲーションしてくれるからこの山道を吾の迷はず
 
 昨夜君と歩きし浜辺の灯を惜しむ出で行く船の甲板にをり
 
 君の街の灯りが徐々に遠く消えて後には暗き海面が残る
 
 見送りのごとくに船の脇を飛ぶカモメよ戻らば思ひ伝へよ
 
 運転の疲れを心配するメールを君が携帯に入れてくれたり
 
 去り難き思ひに車を止むる度君にメールを送信してゐる
 
 わが常に似合はぬぎこちなき思ひ告白をせむ喉がれ覚ゆ
 
 この僕のどこがいけなかつたのか涙のにじむ今の思ひあり
 
 希望ありし頃のメールを読み直すタイムマシンの代用として
 
 帰り来ぬこころと思ふ渚ゆきしその日の夕日沈むあの海
 
 君と買ひし彫金細工を見てゐたりウグイスの絵に涙こぼれる
 
 数か月前に戻らう友としての君まで失ひたくはないから
 
 
 
   折りに触れて
 
 見下ろせば広場の先に高架線ホームは左右にまばゆく横たふ
 
 郊外を目指して東急ジュラルミン電車が去ればホームに人無し
 
 多忙さは次第に我を麻痺させてしまふものらし心動かず
 
 脳幹の奥に鈍き心地して疲労はやがて眠りを誘ふ
 
 わが前を電車の過ぐれば音低く変はりて残るドップラー効果
 
 目覚むれば見慣れぬビルが過ぎて行き次はいずこの駅かいぶかる
 
 黒き旧車手放しディーラーを出でけり君との思ひを断たむと思ひて
 
 
 
   融資審査
 
 救ひたき思ひは怒りに似てゐるか担保を出せとわがきつく言ふ
 
 とりあへず担保は揃へど損益を思へば貸し出す勇気湧き来ず
 
 社会への貢献とリスクの回避との狭間に審査の苦悩は尽きず
 
 事業性もやうやくここにクリアして融資が可能になりぬ
 
 生涯の年収より多き金額に恐れ抱きつつ融資起案書きぬ
 
 市場から消ゆるべき産業の延命の今の業務は本意に非ず
 
 新事業が潰るる報告受くる度明日の雇用を案じて悩む
 
 
 
 
 
短歌の部屋へ
 
このホームページのトップへ
 
 
HMV
タワーレコード
indiesmusic.com

このHP作者に関係のある別HPです。

STATISTICS

  

炭鉱マニア

  

鉄道艦船航空陸自マニア

  

ネットDE討論@Marine

Keywords = e歌集,e歌集,e,e,歌集,神山卓也