Keywords = 短歌,e短歌,e短歌,e,e,神山卓也
   このホームページのトップへ
 
短歌:神山卓也オンライン歌集(平成十一年)
 
短歌21世紀掲載歌 及び 短歌21世紀歌会詠草など(注)
(注)なほ、非掲載歌も一部含む。
 
神山 卓也
 
 
平成十一(一九九九)年   三十五−三十六歳
 
 
    幻の門
 
 百四十年我ら慶應の塾員が誇り来し幻の門消ゆるといふ
 
 幻の門より出陣せし先輩過半は戻り得ざりきと聞く
 
 ゼミの後みんなで幻の門を過ぎ喫茶店でたむろせし日々の懐かし
 
 あの頃は夢しかないけど夢だけは今よりたくさんあつたと思ふ
 
 中上川彦次郎(注)や荘田平五郎のごとくなりたき夢は消えたり
(注) 中上川(なかみがわ)彦次郎も荘田平五郎も、明治時代の日本のビジネス・テクノクラートの嚆矢である。中上川は三井銀行の基礎を作つた人で、荘田は初期の三菱の大番頭として日本に近代的企業経営を初めて導入した人であり、いずれも慶應義塾のOBである。
 
 
 
   帰宅路
 
 この頃はタスク・インデックスを見る度にわが胸底の重く思ほゆ
 
 多忙さは感ずる心を押し殺し鉛のごとく沈みて動かず
 
 夜ふけてホームの鳩に餌をやる男あり柔和なる表情をして
 
 雨粒はレールをはだらにうがつ度白く光りて輪になりて散る
 
 電車去る音のしじまに消ゆる時眼閉づれば雨音静けし
 
 家々の明かりうらやむこの夜ふけ終電の窓にわが顔写る
 
 
 
   横浜みなとみらい二十一
 
 ランドマーク・タワーに登れば房総は峰々が分かるまでに明るし
 
 冬青きこの海見れば思ひ出づる新潟の海は灰色なりき
 
 幼きに見つつ育ちし日本海は冬の船出は思ひ難かりき
 
 日本海を見て育ち来しこの我に冬なほ青き東京湾眩し
 
 夕されば埠頭の対岸は地図に見る形そのまま明かり連なる
 
 
 
   ダウン
 
 ペンディング・タスクの数々気になれどこの高熱に立ち上がり得ず
 
 今日期限のタスクの状況気になれど意識は消えゆく朦朧として
 
 風邪ひけど案件多し紹介のメールも電話も減りてはくれず
 
 どこが辛いのと訊く人のあり無理しての出勤が貴様に分かつてたまるか
 
 風邪ひきて喉痛けれど帰り道電車待つ間のタバコ止め難し
 
 甘かりしキャスターマイルドこの数日風邪ひきてから苦く思ほゆ
 
 退職までの二十年は長し過敏性大腸炎のこの辛さ思へば
 
 
 
   大学院後輩の卒業同期旅行に招待されて
 
 山深く竹群揺るるを見てゐたり忙しき昨日は外つ国のごとし
 
 露天風呂に入れば頭は冷えてきて体は熱く夜風は静けし
 
 あきらめて一年恋慕は友情に変はつたこの春君も出て行く
 
 脱落者出さず八人卒業せむと誓ひしこともわれは聞くのみ
 
 修士論文八人無事に通りたりと聞けばわが事のごとくうれしも
 
 学位より学問よりこの友らに出会ひしことのうれしかりけれ
 
 論文に苦しむ友らにおろおろとわが居りし冬も終はるか
 
 基地問題日英同盟NPT米国商工会議所友らの論題なりき
 
 「ビバリー」(注)のやうな青春だつたねと語り合ふ日が来るのであらう
(注) 「ビバリー」とは、NHKで放映してゐる米国の青春ドラマ「ビバリーヒルズ青春白書」のことである。
 
 
 
   日常
 
 メーカーのSEを窮地に立たすメール打ちてしまひぬEnterキーに
 
 ごめんなさいと一言言へば済むやうな事ぢやないんだそんな思ひに
 
 調停に失敗しつつある業務思へば疲れたり一人をりたし
 
 終電を待つこのしじまロマンスカーの車輪の音は遠く消えたり
 
 流行の白き服着る人見ればわが好む黒のブーム懐かし
 
 鈴木さんが作りし「短歌21世紀」のサイトの青地画面鮮やけし
 
 わがホームページ開きぬ来訪者カウンターに増え日々に楽しむ
 
 様々にリンクを張れば世界中ゐながらにして瞬時を行ける
 
 夜ふけて帰れば明るき一つ星だけが一緒に歩みを共に
 
 リストラをされたる業者の社員あり心痛めどなし得ること無し
 
 金と茶の混じりて不気味なる空の色夕日に映ゆるビル壁眩し
 
 
 
   鎌倉
 
 時宗公の廟所を拝めばこの国の来し方行く末かなしく思ほゆ
 
 木洩れ日に透くがごとくに黄緑の葉の揺れてをり淡々として
 
 円覚寺の茶屋に休めば目の前を灰色のリスが駈けて行きたり
 
 手を伸ばさば届かむばかりにすぐ近くリスとしばしを眼合ひたり
 
 新しき菓子リスサブレーを見つけたり鎌倉の加藤さんも知らないだらう
 
 渋滞する車を横目にカフェテラスちよつと優雅な気分になりぬ
 
 
 
   人事異動
 
 この部署に二度と戻りて来るまじと思ひつつ出向の辞令を貰ふ
 
 十日後には学び来し産業政策の実務をやれると奮ひてをりぬ
 
 石炭の構造調整の仕事なり炭鉱にゐし謁夫さん思ほゆ
 
 政治学を学びし我には出向先NEDOKEDOのごとくに聞ゆ
 
 例ふれば二軍にゐるよりトレードをさせてくれたる異動と思ふ
 
 こんなにも仕事がたまつてゐたのかと思ふ程タスク・インデックスは厚し
 
 思ひ出も人脈も棄ててしまはうかルビコン河はいま目の前に
 
 のろのろと進まぬ階段の列にして突き飛ばしたき衝動こらふ
 
 難しきよりも素朴な庶務事項例へば施錠の違ひに戸惑ふ
 
 前任者は何してゐたのか朝から夕べまでフロッピーを覗ねばならず
 
 謁夫さんの歌集にありし切羽といふものが何かを初めて知りたり
 
 電話鳴りて作業を中断さるること無き職場にて心安けし
 
 
 
   e-mail love
 
 Enterキー押す指に鼓動の集まればこれから始まるe-mail love
 
 わが思ひ載せて流るるe-mail一ビットだに欠けてくるるな
 
 山越えて川越えて赤く広がれる花火よ君の街にまで降れ
 
 夜ふけて帰れば直ちにパソコンを立ち上げて読む一つのメール
 
 サーバーがダウンしてゐるこの夜ふけいまだ届かぬメール待ち遠し
 
 あのひとの住所を知ればバーチャルな感じはリアル増していきたり
 
 メール書く間に眺むる背景はダウンロードせし君の画像ファイル
 
 パソコンを立ち上ぐる度密やかにメールが来なくなる日を恐る
 
 疲れたといふのが土曜のメールなり疲れたといふ意味が気になる
 
 四日間メールが無いのは風邪ゆゑかそれとも他に何かあるのか
 
 重荷といふ意味が分からずあのひとは独りが寂しくないのだらうか
 
 ずつと楽しかつたでせうか僕が今唯一知りたい気がかりなこと
 
 また一つ増えてしまつた鍵かけて深く沈める記憶の小箱
 
 本当なら今日は貴方の街に行きデートをしてゐる筈だつたのに
 
 
 
   富士山
 
 見下ろせるビルや家並みの果つる先影絵の富士は夕焼けを背に
 
 夜ふけて職場のあかりわが消しぬ外は地平線まで光の敷布
 
 高空から低空に徐々に色増せば夕焼けを背に富士の影映ゆ
 
 
 
   業界再編
 
 銀行損保と一週間以内の合併報はなすすべも無き業界の再編
 
 営業の苦労も商品開発も空しむなし合併でたやすくシェアは奪はる
 
 
 
   西村慎吾防衛政務次官を弁護して
 
 専門家わが見て当然の発言さへこの国では袋叩きに遭ふのか
 
 立候補せむ友は言ひたり有権者は安全保障に興味を示してくれず
 
 核抑止力無き安保廃止の夢を見き戦争の恐怖に起きて眠り得ず
 
 
 
   釧路太平洋炭礦
 
 安全の確認の声響き渡れり坑口は朝は空気冷たし
 
 一筋のライトの明かりの尽くる先坑道に闇の深々と満つ
 
 シールド式現代切羽は工学の機械の進歩まざまざと見す
 
 登山する心地にも似て坑道を昇れば止まぬ全身の汗
 
 坑道より戻れば風呂にて炭塵を洗ひてしばし落ち行く疲労
 
 この山の人らの思ひ感じゐて炭鉱の未来のかなしく思ほゆ
 
 いつか山は消えても雇用は続けよと願ひて融資の審査をしてをり
 
 
 
   苦悩
 
 これ以上愛してくるるひとは無しと分かれど燃えぬ心は燃えず
 
 傷つくる勇気さへ無きこの夜ふけ一行だけメールを書きて送りぬ
 
 わがメール絶ゆるを恐るる人にしてわが来(コ)し苦痛を与へねばならず
 
 せつなさをこのせつなさをわが知れど燃えぬ心に嘘はつき得ず
 
 今思へば無駄な期待を抱かせし返信メールを打ちしわが悔い
 
 心こめてノーと伝ふる文なればメールではなく手紙を書かむ
 
 恋ひ死ぬといふわが曲を引用する君のメールに動揺してをり
 
 いいのよと言ひてくれたる優しさに我は黙して受話器を握る
 
 
 
 
 
 
 
短歌の部屋へ  
 
このホームページのトップへ
 
 
HMV
タワーレコード
indiesmusic.com

このHP作者に関係のある別HPです。

温泉天国・鹿児島温泉紹介!

  

カミタク・ブログ

  

STATISTICS
炭鉱マニア

  

鉄道艦船航空陸自マニア

  

ネットDE討論@Marine

Keywords = 短歌,e短歌,e短歌,e,e,神山卓也