Keywords = 短歌,和歌,オンライン,オンライン短歌,アララギ,神山卓也
   このホームページのトップへ
 
短歌:神山卓也オンライン歌集(平成一〇年)
 
短歌21世紀掲載歌 及び 短歌21世紀歌会詠草など(注)
(注)なほ、非掲載歌も一部含む。
 
神山 卓也
 
 
平成一〇(一九九八)年   三十四−三十五歳
  
  
    ライブ・ステージ
  
 目を閉ぢてひざまづきたり演奏の前に心を澄まさむとして
  
 三年振りステージに立てり照明とモニターと全てが愛し
  
 ステージに上がればエレキの音よりも胸の鼓動の大きく思ほゆ
  
 わが曲を聴かむとしたる友らにて最前列に座りてくれたり
  
 思ふことありてバラードとスピードメタルの二曲を選びぬ
  
 観客の一人一人の目の色をステージの上よりわが確かめぬ
  
 舌打ちをしたくなりたりこの俺は自作曲さへ間違へてゐる
  
 プログレ(注)風だねと最も言はれたき評論を友が言ひてくれたり
(注) プログレ:プログレッシブ・ロックの略。
  
 帰宅してライブのテープ聴きたりきわが下手なギターに怒りこみ上ぐ
  
 わが弾きしギターを聴けば陶芸家が作品を投げ割る気持ちが分かる
  
 演奏のミスだけでなくエフェクターのわが設定も誤りゐたり
  
 演奏の反省は尽きねど三年振りのライブ・ステージの思ひ楽しむ
  
  
  
    尾道にて
  
 息きらし山に登れり細く長く尾道水道が眼下に広がる
 ムカヒ
 向島のかなた因島の山頂はかすみて淡し連なるごとくに
  
 見下ろせる細き尾道水道に漁船の白き航跡が延ぶ
 
 白々と細き尾道水道も真近に来(ク)れば潮満つる見ゆ
 
 いま我がこの船の舵(カジ)を持つてゐると思へば緊張に足が固まる
  
 六十度に方位を合はせて保たむと遠くの岬を見つつ舵持つ
  
 目標のブイ探さむと焦れども波ばかり見えいづこにも無し
  
 丸く赤きブイ一列を見定めて蛇行の進路を心に決めたり
 
 右前方六十度にブイが来れば今が右転舵(テンダ)をわがする時ならむ
 
 着岸(チヤクガン)の練習を幾度もしてみれど進入角が浅過ぎてをり
  
 幾何学を考へ海図に線を引く要領は簡単なりと思ひぬ
  
 わづか六日の間にも尾道水道の周りの紅葉は赤く変はりぬ
  
 船は揺れ手に重ければ六分儀で緯度を測るはえらく難し
  
 一級にて四級より航海学が高度なり海図や方位など興味は尽きず
  
 航海の実技の試験は終はりたり接岸はうまくわが行かざれど
 
 一級の資格を取りたり有事には小型艇操船に志願し得(ウ)ること
  
 安保堅持の論張る我は有事には率先して前線に行かうと思ふ
 
 わが資格で乗り得(ウ)る二十トン以下の艦艇の海上自衛隊に少なし口惜し
 
 船員減の今日(コンニチ)我こそレジャーでも構はぬ海技(カイギ)の裾野を維持せむ
  
  
  
    片思ひ
  
 君の電話番号押さむと思へども胸鳴り指震へて今宵あきらむ
  
 呼び鈴が鳴る前にフックに手を伸ばすどうしても君に電話ができない
 カナ
 叶はぬと予感してをれどせめて一度チャレンジせねばあきらめきれず
 
 夜ふけてデートの誘ひの文を書く手紙なら素直になり得(ウ)ると思ひて
  
 この文をどんな顔して読むのだらうどきどきしながらポストに落とす
  
 叶はぬと覚悟してをれば断りの文面読めども心騒がず
  
 断りの返事をゆつくり読む勇気無ければ斜め読みをしてをり
  
 好きな人がゐるといふその好きな人に会ふ前の君に出会ひたかつた
  
  
  
    睡蓮
  
 主の祈り以外に初めてわがために祈りぬ君の承諾願ひて(注)
(注) 聖書の教へをストイックに解釈すれば自分のために祈つてはいけないことになる。さらに、カルヴァン派の予定調和説に基づいて考えれば、願ひごとが叶ふだとか良いことをすれば報はれるなどといふ発想は、創造主の意志が一介の創造物であるに過ぎない人間の意志で変はる旨を前提とせざるを得ず、これは、神が全知全能の万物の創造主である旨と矛盾するので、あり得ない想定となる。したがつて、私は普段、一切の神頼みを行はず、現世での成功は自らの努力と実力で得る方針にしてゐる。
  
 君がゐてくれれば仕事も研究も全てに戦ふ勇気の湧くか
  
 五分でも十分でもいいその声を聴きたし吾は携帯取り出す
  
 夜早き君を思へば残業後わがためらはず又電話せり
  
 トンネルを通れば携帯は断線す過ぐるまで心じりじりとして
  
 貴方との電話を終へてベートーベンの月光を聴けり安らぐ思ひに
  
 砂漠を行く人描きたる君の絵は見る時々にわが心打つ
  
 印象派の絵画展にて画家君が話しを聞けり心ふるるか
  
 結婚には迷ひがあると言ふ君の心の揺れの我にせつなし
 
 密やかなる不安は消えず一例を挙ぐれば電話は全て我から
 
 いい人かどうせどうでもいい人かいい人なんて言はないでくれ
 
 あと一分テレホンカードよ切れないでこれが最後の電話になるんだ
 
 今思へば一月先の予定さへ入れてはくれぬやうになりたり
 
 思ひ出を醜さで汚(ケガ)したくはなし恨まむとする我と対峙す
  
 数日の葛藤の後やうやくに恨む気持ちを吾は捨てたり
 
 君来(コ)ぬと分かりてをれども君来(ク)るを密かに願ひてしばしわが待つ
 
 初めてで最後の手紙は君が好むモネの睡蓮の便せんでくれたり
 
 同じモネの睡蓮見て感動してをりし時の貴方に再び会ひたし
 
 「ごめんなさい」君の字見ればいいんだと告げ得(エ)ぬ声を告げたくなりぬ
 
 恨む気を払しょくし得(ウ)れど悲しみはこの悲しみは尽くること無し
  
 一時でも選びてくれし君ゆゑにできれば一生尽くしたかりき
 
 会ふことが叶(カナ)はぬ君にもこの歌がいつか届けば思ひ伝はらむ
  
 紹介者に見合を断る悪役を演じむ最後の愛情として
 
 言へなかつたさよならを便せんにしたためて吐息と共にそつと封じる
 
 君去りし理由が分からず考へて考へてたばこの本数増えたり
 
 つづじ花今年初めて見たることを告げたくも今君は誰がもの
 
 花愛(メ)づる君なりき今道行けば花見る度に君思ひ出づ
 
 側にゐればわが好む我でゐ得る程支へてくれし君は戻らず
 
 戻らぬと分かりてをれども君の名を幾度(イクド)も口に出してみてをり
  
 誰を見ても君と比べてしまふ我に気づけば傷の深さを知りたり
  
 良き頃の歌は消したりいつか我を選びてくるるひとこそ詠まめ
  
  
  
    憂国
  
 名護市長の手記読めば思ふ苦渋の中の志操のありありとして
  
 戦略論学べば知りたりわが国の常識世界の非常識なることを
 
 新古典派経済学をわが学び来(キタ)りきこの十六年を
  
 今思へば横田めぐみ事件が起きし頃付近を我も通学してをりき
 
 六年間わが暮らし来(コ)し新潟にて拉致事件起こししは北朝鮮なりしか
  
  
  
    雨の日曜日
  
 平日は四時間睡眠で働けど日曜日今日は寝て何もせず
  
 持ち帰り残業やレポートをやるべきと思へど疲れて気力湧き来ず
  
 六階の寮の窓より見下ろせり白き家並みの雨にけぶるを
  
 マンションが木立に溶け込む郊外の斜面は雨に濡れて静まる
 
 見下ろせばバスや車が過ぐる度雨道をタイヤが踏む音聞(キコ)ゆ
  
 街並みを写真に収めむと思へども三十五ミリレンズでは収めきり得ず
 
 夕べとなりデパートの看板マンションの灯り鮮やかに光り増し来(キ)ぬ
  
  
  
    憔悴
  
 言ひたきこと山程あれどもどうせ無駄と思へば吾は黙して
 
 かつて父が来(コ)し道なぞるか異動への思ひは空し昇格は空し
  
 忠誠心消ゆれど武家の出自ゆゑ「命を惜しむな」のモットーのあり
  
 一月も風邪治らねば連日の残業の疲れの重きに気づく
  
 熱退(ヒ)かずベッドにをれば未完了のタスクの山が気になりてをり
  
  
  
    折りに触れて
  
 一瞬の心の動きを逃(ノガ)さずに詠みたし憧るる印象派のごとくに
  
  
  
    同窓会
  
 修正予算策定がやうやく終はりたり週末はわれは札幌に行けるぞ
 
 十七年振りに札幌に来(キ)てみれば通ひし中学は無くなりてをり
  
 教室も練習してゐしテニスコートもありし場所さへ今は分からず
  
 あの頃と変はらぬ路面電車見れば友と通ひし朝夕思ほゆ
 
 住みてゐし団地を見れば今もなほ父母(チチハハ)のゐるやうな気がして
  
 喜びも悲しみも多く過ぎ行けど藻岩山の稜線は今に変はらず
  
 性格のきつき我なりき友たちはそれでも優しく接してくれたり
  
 実家移り母校の消ゆれば友だけが今では札幌との絆になりぬ
  
 やうやくに恋の痛みの薄まりぬこの会に人ら誰見ても美し
  
 昔のままこの街に住む友と会へば転校多かりしわが身の寂し
  
  
  
    届かぬ想ひ
  
 いつの間に脱皮したのか中学の頃にはこんなに眩しくなかつた
  
 同じ夜間大学院に学びゐると知りたり俄(ニハカ)に身近に思ほゆ
  
 東京に出て来てゐたのかこんなにも身近に住んでゐたのか
  
 恋人はゐるのだらうか今からでも僕は貴方に間に合ふだらうか
  
 君の住所是非とも知りたしすがるごとく同窓会幹事にe-mail出す
  
 君の家のはずの電話はつながらずNTTの移転案内冷たし
  
 わが手紙届きてゐると君はメールをくれたりメールアドレスを得つ
 
 電話番号は分からず頼みのe-mailを送れど送れど返信は来(コ)ず
  
 もう僕は抑へきれない急激に胸を占めゆく今の思ひを
  
 返信の無きは出張のゆゑなりしと今日は知りたり心安けし
  
 一割のときめきは九割の恐怖心を破りぬ初めて電話をしたり
  
 約束の十月の来て一日たちまた一日たてど連絡のなし
  
 ギルガメッシュ叙事詩を前期に学んだのと語る貴方の声は明るし
  
 ほのかにてたちまち逃げてしまひさうな心なりしかとしばし思へり
  
 少しずつ少しずつ心寄りてゆかむ激しさよりも永続がいい
  
 誰もゐない部屋に帰ればただいまと言ひたりもう一度ただいまと言ふ
  
 ベートーベンのIch liebe dichを聴きながら言へる日願ふよSo wie du michと(注)
(注) 「Ich liebe dich」とはドイツ語で「愛してる(I love you)」の意味であり、ベートーベンの有名な歌曲の題名である。「So wie du mich」とはドイツ語で「君も愛してくれる様に」の意味であり,歌曲「Ich liebe dich」中の歌詞の一節である。
  
 かくのごとく湧きくるこのせつなさにギターを一人つまびいてゐる
  
 せつなさを持て余してゐるこの夜ふけglobeの曲を繰り返し聴く
  
 違ふ違ふ本当に話したいことはこんな話ぢやなかつた筈だ
 
 ポーズボタン押せれば押したいお別れのこの携帯が切れない内に
 
 君からのメールの画面の「さようなら」幾度開けど文字は変はらず
 
 願ひなど消えてしまつたこの夜ふけ流星群は見ないでおかう
 
 君去れど昨日と同じ日が昇り萌ゆる丘陵を見るはせつなし
 
 宝箱にこの思ひ出を封印し心の海に沈めむとする
 
 廊下にてすれ違ふとき「お早う」と言ひたり明るさ演じむとして
 
  
  
 
 
  
短歌の部屋へ  
 
このホームページのトップへ
 
 
HMV
タワーレコード
indiesmusic.com

このHP作者に関係のある別HPです。

温泉天国・鹿児島温泉紹介!

  

カミタク・ブログ

  

STATISTICS
炭鉱マニア

  

鉄道艦船航空陸自マニア

  

ネットDE討論@Marine

Keywords = 短歌,和歌,オンライン,オンライン短歌,アララギ,神山卓也