Keywords = 短歌,ネット,ネット短歌,インターネット,インターネット短歌,神山卓也
   このホームページのトップへ
 
短歌:神山卓也オンライン歌集(平成九年)
 
−アララギ、ポポオ(注)掲載歌 及び アララギ歌会詠草など−
(注)ポポオとはアララギ内の若手のグループである。なほ、非掲載歌と、各種短歌賞受賞歌も一部含む。
 
神山 卓也
 
 
平成九(一九九七)年   三十三−三十四歳
  
  
  
    寂寥
  
 気がつけば寮生活と一人居が人生の半分以上になりたり
  
 同期らは子供の教育の話などしてをり我は寮へと帰る
  
 喧嘩する相手さへ無き寮室に帰れば留守電の明かりが赤し
 ヨル
 夜ふけて寮室の鍵回す時冬の寒さは極まれるかな
   コ
 築き来しキャリアも仕事も今にして思へば孤独を救ひてくれず
  
  
  
    古傷(後ろめたさのその後)
  
 結婚の噂を聞けばわが去りし罪の意識がやうやく消えたり
 
 結婚をしてくれぬ恋人なりし君も他(ホカ)の奴には嫁ぎて行くのか
  
 引越しをせし夜初めて電話してくれたる君の思ほゆるかな
  
 助手席に君が乗らなくなりしより気づけば二年が過ぎむとしてをり
  
 自分から離れしはずの恋なれど結婚すると聞けば寂しも
  
  
  
    時局
  
   北朝鮮への食糧援助問題に関して
  
 現代のチェンバレン(注)なりと思ひつつ食糧援助の記事読みてをり
(注) チェンバレンは、両世界大戦戦間期の英国首相である。一九三八年九月のミュンヘン会談で対独宥和的な協定を結んだため、ヒトラーが増長してポーランド侵攻を行ふ結果をもたらしてしまつた。それゆゑチェンバレンは、第二次世界大戦を外交努力によつて防ぐ最後の機会を逸した人物として、国際政治史に汚名を残すことになつたのである。
  
   ペルー日本人大使館人質事件に関して
  
 わがときは部隊を突入させてくれテロリストの命など木の葉より軽し
  
 もし我が見苦しくならばテロリストなどより先に射殺してくれ
  
  
  
    折に触れて
  
 薄々と冬の朝日が射す見ればホームは赤く染まりてゐたり
 
 つきつめて歌鍛へむと思ひ立ち『氷魚(ヒヲ)』(注)を取りいで読み始めたり
(注) 『氷魚』とは、明治大正期アララギ歌人の島木赤彦の歌集である。
  
 スキー靴を履けば二年の空白の無きごとくわが感覚戻りぬ
 
 様々なる任地を経て来(コ)し仲間らを見れば新人の昔し思ほゆ
  
 この友と共に研修を受けてゐし頃には疲れ我に無かりき
  
 事務棟の前の噴水の音聞けば仕事終へたる静けさのあり
 
 多忙なる業務の興奮未(イマ)だ脳に残れば帰途の心落ち着かず
  
 今は何も考へたくなき疲労感のあれば意識は他人のごとし
  
  
  
    人事評価
 
 十一年築き来(コ)しこの実績を少しも会社は評価してくれず
  
 これ以上どれだけ尽くさばわが等級上げてくるるか見当もつかず
  
 わが友の昇進祝へば出世遅き我を気遣ひ黙礼してくれぬ
  
 新人の頃のときめき感動は今日に至れば湧き出(イ)でて来(コ)ず
  
  
  
    潔くならむとして
  
 断りの返事と覚悟をしてをれば封をこのまま切らずにゐたし
  
 もうこれで何回目だらう失恋はそんなに俺は魅力が無いのか
 
 潔くあきらむる術を身につけてしまひぬ矜持(キヨウヂ)を守らむとして
  
 さはやかにあきらめたること伝へむと幾度も手紙を推敲したり
  
 大声でお早うと言はむ申し訳なき思ひ君にさせまじとして
  
  
  
    アララギ終刊
  
 後進が育たぬも終刊の理由かと思へば後進我は悔しも
  
 教科書の中でのみ見る結社だと全ての友が言ふは寂しも
 
 三年振りに東京歌会(カクワイ)に来(キ)てみれば人影はかつての半分しか見えず
  
 青春の文学だつた短歌なれど今では盆栽趣味と化したか
 
 若きらがをらねば新たに若きらがますます来(コ)なくなりにけるかな
  
 アララギの頁をめくれど学園やオフィスなど若き情景の少なし
  
 我々が後を継がねばアララギは老人クラブと化してしまはむ
 
 アララギに初めて歌が載りし日のあのときめきをもう伝へ得(エ)ず
  
 この回が最後と思へばこの歌稿ワープロやめて丁寧に書く
 
 
 
 
  
短歌の部屋へ  
 
このホームページのトップへ
 
 
HMV
タワーレコード
indiesmusic.com

このHP作者に関係のある別HPです。

STATISTICS

  

炭鉱マニア

  

鉄道艦船航空陸自マニア

  

ネットDE討論@Marine

Keywords = 短歌,ネット,ネット短歌,インターネット,インターネット短歌,神山卓也