Keywords = 短歌,i短歌,i短歌,i,i,神山卓也
   このホームページのトップへ
 
短歌:神山卓也オンライン歌集(平成八年)
 
−アララギ、ポポオ(注)掲載歌 及び アララギ歌会詠草など−
(注)ポポオとはアララギ内の若手のグループである。なほ、非掲載歌と、各種短歌賞受賞歌も一部含む。
 
神山 卓也
 
 
平成八(一九九六)年   三十二−三十三歳
  
  
    昇華
  
 君のゐる隣りのチームが気になりて時々顔を上げて見てをり
  
 いかにこの思ひを知りしか友がLANで君のプロフィルを送りくれたり
  
 恋ひ死なば恋ひも死ねとか我を避けて友とデュエットを君はしてをり
  
 友よその歌だけは歌ふなわが歌ひし彼女のための歌なのだから
  
 友の歌を心がこもると褒めし君に焦りと嫉妬を抑へ込み得(エ)ず
  
 我だけを見てゐて欲しきこの夕べ恥もなく動揺をわが隠し得(エ)ず
  
 同僚に気づかれぬやうに朝早く電子メールでラブレター出す
  
 このメールを君に送信することを一瞬ためらひマウスを握る
  
 わがメールを君が確かに受けしことLANの画面にて確認しをり
 
 君からのまだ来(コ)ぬ返事が気になりて膝(ヒザ)の震への止(ヤ)むことがなし
  
 わが誘ひに予定があると君言ふは口実にあらずと思ひ込みたし
 
 コンサートは独りで行かむ君の無き隣りを埋め得(ウ)る人などはなし
  
 仕事以外の話を君がしてくるる機会が減りたることに気づきぬ
  
 つひにわが受話器を置きたりもう君に電話をかくることはあるまじ
  
 
 慟哭(ドウコク)が突き上ぐるまでの一瞬は心止(ト)まりて何も覚えず
  
 この人生いかに生くれど君の道と我のが重なること無きを知る
 
 最近は自分のために聴く曲と化したり浜省(注)の「もうひとつの土曜日」
(注) 浜省とは、ロック・ミュージシャン・浜田省吾の略称である。
 
 今我には憧れを知る者だけが知るミニヨン(注)の悩みが分かる
(注) ミニヨンとは、ゲーテの有名な失恋の詩である。
  
 鼻先でも髪一筋でも耳でも良し少しは君に似る人がゐないか
 
 寝返りを幾度打てども眠り得(エ)ず君の姿が思ひ浮かび来(ク)
 
 去年(コゾ)君としたしき頃に共にゐし八階のフロアを行けば寂しも
 
 部屋にこもり笠女郎(カサノイツラメ)の歌読めば堪(コラ)へ来(コ)し涙あふれ出(イ)でたり
  
 空想の中では君が側にゐて海にも行きたりスキーにも行く
  
 オフィスにては作り笑ひを浮かべつつ元気にふるまふ君ゐるときは
  
 冗談を交はす機会も今は減り憧れだけが我に残りぬ
  
 声かける立場に無ければ泣く君を見れども今はなぐさめ言へず
  
 さつきまで君ゐしとわが思へればこの端末機の席はかなしも
  
 君と距離を空けたる端末席を探すかつてはこんなことは無かりき
  
 端末機は君の隣りのみ空いてゐて気がねをしつつログオンし始む
 
 声かけむとすれども言葉を見つけ得(エ)ずひたすら端末機でエディットしてをり
 
 「愛してる」背中にそつとつぶやけど面して言ひ得(ウ)る機会は来(ク)まじ
  
 時折に目をつむる癖のある君の表情を思へば堪(タ)へ難くなる
  
 わが曲に声を合はせてくれし頃の君にもう一度めぐり会ひたし
  
 あきらめたる今でも君がほかの人と親しきを見れば心安からず
  
 
 あと何年生くるとも叶(カナ)はぬ思ひゆゑ生まれて来(コ)しを悔やみてをりぬ
 
 今もなほ君を忘れ得(エ)ぬ我なれど見合見合と父はうるさし
 
 せめて君の近くで働き続け得(ウ)るだけでも良しと思ひ直しぬ
 
 近くあれば尽くす機会がきつと来(コ)むあきらむれども愛しき君に
  
 あきらめたる今でもわが身をいざとならば犠牲にしてでも君に尽くさむ
  
 君と共に働きて同じ空気を吸ふこのオフィスが限りなくいとほし
  
 ここで共に働くことがからうじて君とつながる接点となる
  
 やうやくに面影を忘れ始めたりあきらめしより半年過ぎて
  
 ウィンドウズの君のプロフィルをはがしたりきつぱりと思ひを断たむと思ひて
 
 醜さを君には見せずにゐたければ叶(カナ)はぬ思ひを昇華せしめむ
  
  
  
    システムトラブル
  
 夜ふけてシステムトラブルを告ぐる電話受くれば眠気はたちまち消えたり
  
 とりあへず三時間仮眠をしてもなほ間に合ふ対処か考えてをり
 
 トラブルを放置し得(ウ)まじこの夜明け霜立つ道を会社へと急ぐ
  
 夜明くれば駅までわづか歩む間に暗かりし空が明く変はりぬ
  
 夜襲受けたる心地にも似て迎撃の早朝リカバリー作業を始めむ
  
 トラブルを翌朝調ぶれば悔い始む後続作業はあまた遅れをり
 
 オンライン立ち上げ時刻のせまり来(ク)れど機械作業の異常終了直らず
  
 よりによつて決算ピーク時のオンラインダウンはわがせし判断ミスゆゑ
  
 この我をかばひてくるる友たちを見れば辛さはむしろ増したり
  
 
 してしまひしミスは消し得(エ)ず今はせめて再発防止対策で尽くさむ
  
  
  
    人事異動
 
 この課にて押印する機会はもう無しと思ひつつ去年(コゾ)の稟議書を見る
 
 かつてわが憧れし君と明日(アス)からは異なるフロアで働かねばならず
 
 今の課の課員でゐ得(ウ)る最後の今日友らに別れの電子メール出す
  
 呼び鈴の音無き休日のオフィスのしじまに異動の寂しさは増したり
  
  
  
    失恋
  
 これ以上誘はないでと君からのメールが端末に着信してをり
  
 断りが最初で最後の君からの我へのメールとなりてしまひぬ
  
 今度こそ最後の恋にしたかりきしばらく忘れられさうになし
  
 この同じ会社にゐること同窓であること他には君と縁なし
  
  
  
    いら立ち
  
 のんびりとホームを歩む学生らに費用対効果なる語を教へたし
  
 歩み遅き群衆を見ればわが国の経済成長は不思議なるかな
  
 終電に乗れば眠けれど機会費用を恐れて本を読み始めたり
  
 このところ切に願ひをり誰か来て時間を止めてくれないものか
 
 朝(アシタ)から夜ふけまで勤務してをればたちまち一月(ヒトツキ)が過ぎてゆきたり
  
 
 
  
短歌の部屋へ  
 
このホームページのトップへ
 
 
HMV
タワーレコード
indiesmusic.com

このHP作者に関係のある別HPです。

STATISTICS

  

炭鉱マニア

  

鉄道艦船航空陸自マニア

  

ネットDE討論@Marine

Keywords = 短歌,i短歌,i短歌,i,i,神山卓也