Keywords = 短歌,和歌,アララギ,短歌21世紀,神山卓也,三十一文字
   このホームページのトップへ
 
短歌:神山卓也オンライン歌集(平成六年)
 
−アララギ、ポポオ(注)掲載歌 及び アララギ歌会詠草など−
(注)ポポオとはアララギ内の若手のグループである。なほ、非掲載歌と、各種短歌賞受賞歌も一部含む。
 
神山 卓也
 
 
平成六(一九九四)年   三十−三十一歳
  
  
    社会詠
  
   以下の歌五首は、社会詠を詠んで立場を明らかにせよといふ旨の某短歌総合誌の論説に対して、そんな必要は無いといふ反感を詠んだ歌である。誤解を避けるべく補足するが、私が社会詠を避けるのは藤原定家のごとき理由ではなく、浅薄な見解を得意気にひけらかすやうな滑稽な愚挙を犯したくないためである。社会詠などを詠んでしまへば、自分よりも頭の良い者には力量を自ら暴露する過ちとなり、一方、より頭の悪い者からは自説を誤解されたまま馬鹿な奴だと逆に蔑まれるだけなので、いずれにせよ自殺行為なのである。なほ、私自身は時折我慢できずに社会詠を詠んでしまふことがあるが、これは私が馬鹿だから詠むのであつて決して褒められたことではない。
  
 民主主義が解つてゐるのかこの短歌誌は立場を明らかにせよとは何事
  
 無記名の投票が許さるるこの国でなぜ社会詠を詠まねばならぬ
  
 学園の紛争の写真をわが見ればレミングの集団自殺のごとし
  
 手の内を自ら人にさらけ出す社会詠など詠みたくはなし
  
 社会詠をこの我さへも詠むときはよほど怒りてゐるときならむ
  
  
  
    桜
  
 細胞の分裂速度が思はるるまでに桜は急に咲きたり
  
 花見客のたのしく笑ふ声聴きてねたみにも似るおもひに過ぎぬ
  
 誰か一人をつかまへて思ひきり殴りつけてみたしと思ふときをりがあり
  
  
  
    カットオーバー
 
 やうやくに仕事に慣れて来(キ)たる頃作り来(コ)しシステムが完成したり
 
 作り来しこのシステムが全国の現場で今日から使はれ始む
  
 一つ一つ初期トラブルを潰しつつ新規業務は稼働し始む
  
 苦しかりし仕事なれども喜びも苦しみも分かつ友ができたり
  
 初めての夜間コールを受けし後緊張しながらタクシーに乗る
  
 修復の期限は十時か明るさを増しゆく空のいら立たしきかな
  
 振り込みのデータをやうやく銀行に渡せば初めて頬の緩むも
 
 今月の作業で出(ダ)したる帳票の最後のチェックを無事に終へたり
  
  
  
    折に触れて
  
 駅からの通りを歩めばその先に富士の白くして透くごとく見ゆ
  
 白色の敷石の上風吹けばひからびし葉が回りて止まず
  
 十数年憧れ続けし嵯峨の野の竹群(タカムラ)の中に今我はをり
 
 他社ならばわが齢(ヨハヒ)では独身寮を追はるる規則と友が言ひたり
  
 語尾上がりアクセントをこの人も使ふのかしばらく顔を見つめてゐたり
  
 もうこれで課長代理に一選でわがなることはなくなりにけり
  
 一ステップ毎に異常終了を繰り返しシステムテストは今日も終はらず
  
 事務机に手をつきて思ふ我慢せず倒れてしまへば楽になるかと
  
 志果たさねばゐる場所はなし帰る国なく育ち来(コ)し我は
  
 カットオーバーして半年が過ぐれどもシステム・トラブル電話を減らし得ず
  
 夜間電話無く安心して出社すれど端末機見ればアベンドしてをり
  
 かつてわが入り得ざりし大蔵の官僚が細々(コマゴマ)検査に来てをり
  
 気持ち良く早朝残業せむとして空気の冷たき舗道を歩む
 
 ディープ・パープル(注)さへも軟弱に思ほゆるまでにこの頃いら立ちてをり
      (注)ブリティッシュ・ハードロックの嚆矢となつたバンドの一つ
 
 メタリカ(注)を聴きたくならざるを得ぬ程のいら立ち抱へて会社を出(イ)でたり
      (注)スラッシュ・メタルを始めたヘヴィ・メタル界の帝王バンド
  
  
  
    後ろめたさ
  
 君のゐる左の席が気になりて映画に視線を集中できず
  
 少しづつ恋に変はりゆくわが思ひが重荷だと君は電話で言ひたり
  
 大学院受験の前の日励ましの電話を君はかけてくれたり
  
 結婚をする気がないと言ふ君は俺を何だと思つてゐたのか
  
 一年間つき合ひ続けてこの俺は君の一体何だつたのか
  
 結婚はせねどつき合ひてゐたしといふ君の考へが我には分からず
 
 つき合ひをしたまま他人(タニン)と結婚をするなど僕にはとてもできない
  
 結婚の意思無き君と知りしより急に気持ちは冷めてゆきたり
  
 このまま君とのデートを続くるかこの頃迷ひ始めてをりぬ
  
 気遅れがなぜかしてゐるこの夜ふけ君に電話をかけ得ずにをり
  
 そんな馬鹿なあきらめて思ひを断つた僕に今さら君が会ひたいと言ふとは
  
 泣かないで今泣くならばあの時になぜプロポーズを断つたんだ
  
 気がつけばふられしはずのこの我が君を傷つけてしまひてをりぬ
  
 誠実さが取り柄のはずのこの我が別れを告ぐると思はざりけり
  
 傷つくることはふらるることよりも苦しきものと初めて知りたり
 
 もう少し待つべきなりきと気がつけど自分の心に嘘はつき得(エ)ず
 
 後ろめたき思ひに社員食堂で君と出(デ)くはす機会を恐る
  
 今思へばなんて冷たい奴なんだと自分を責めて落ち込みてをり
  
  
 
    軋轢(アツレキ)
  
 握りたるこぶし開きぬあんな奴のために人生を捨ててたまるか
  
 生理的不快感さへ覚ゆれば嫌ひてをれども殴りたくなし
 
 ロシア軍のタンネンベルクの過ち(注)を繰り返したくなし堪(コラ)へに堪(コラ)へむ
 
 馬鹿野郎会社では言ひ得(エ)ぬこの言葉を寮室にこもりて繰り返したり
  
 この俺がいつ手を抜いた先輩とはいへども無礼な言葉をつつしめ
  
 武家のわが八百年の血の誇りゆゑ手抜き呼ばはりを許しておくまじ
  
 わが案を聞かむともせず「分からない」と決めつけ先輩は横を向きたり
  
 社交術は俺に学べと言ふ先輩あなたは鏡を見たことがないのか
 
 奴自身の尻拭(シリヌグ)ひしてゐるこの我にまいた種は刈れと奴は言ひたり
 
 悪意無き先輩なりとは分かれども許し得(ウ)る範囲を逸脱してをり
  
 入社して九年初めて年長者に「冗談ぢやねえ」と言ひてしまひぬ
 
 堪(コラ)へきれず言ひてしまひし「馬鹿野郎」開き直れば再び言はむ
  
 喧嘩売る趣味は無けれど売らるれば買ふことためらふ理由など無し
 
 つはものの道(注)を武士道よりも良しとせむ君君(クンクン)たらざれば我(ワレ)臣(シン)たるまじ
  
  
 
 
  
短歌の部屋へ  
 
このホームページのトップへ
 
 
HMV
タワーレコード
indiesmusic.com

このHP作者に関係のある別HPです。

STATISTICS

  

炭鉱マニア

  

鉄道艦船航空陸自マニア

  

ネットDE討論@Marine

Keywords = 短歌,和歌,アララギ,短歌21世紀,神山卓也,三十一文字