Keywords = 短歌,和歌,アララギ,歌人,神山,卓也
   このホームページのトップへ
 
短歌:神山卓也オンライン歌集(平成三年)
 
−アララギ、ポポオ(注)掲載歌 及び アララギ歌会詠草など−
(注)ポポオとはアララギ内の若手のグループである。なほ、非掲載歌と、各種短歌賞受賞歌も一部含む。
 
神山 卓也
 
 
平成二(一九九〇)年   二十七歳
 
   我が遠祖なる根子(ネコ)氏の戦国時代の館(タテ)跡を岩手県花巻市に見て
 
大根の畑を濡らし雨が降るかつての武士の館跡の丘
 
 
 
 
平成三(一九九一)年(一部、平成四年のものも含む)   二十七−二十八歳
 
   叶(カナ)はぬひと
  
 一言を一言を彼女と話したく友に紹介を頼みてをりぬ
  
 朝早く目覚めてそのまま眠られぬ今日は彼女と食事の予定
 
 あまりにも君の笑顔が遠くあり春の陽(ヒ)さへも我のみに寒し
  
 「お電話をもうかけないで」と消ゆるごとく小さき声で君は言ひたり
 
 その病見舞ふ術さへ今はなし君に電話を拒まれし我
 
 慕ひても慕ひても遠き君ゆゑに笠郎女(カサノイツラメ)(注)の歌に親しむ
      (注)笠郎女は万葉女流歌人の一人で、巻四に載せられてゐる大伴
       家持への片思ひの歌二四首(五八七〜六一〇)で有名である。
  
 今日もまた残るはずなき伝言を期待して帰る留守番電話
  
 あのひとの誕生日すぐせまり来て急ぎて作るプレゼント曲
  
 わが友と彼女の噂を聞きし夜酔ひを忘れて耳そばだてぬ
  
 共に行くことを避けたる君を見て我が重荷であるを知りたり
  
 わが恋の噂に好奇の視線受けし君の重荷とならぬやう去る
  
 余暇あらば残さず予定を入れてゆく叶はぬひとを忘れむとして
  
 今もなほ消せぬ登録ダイヤルは叶はぬ君の部屋まで続く
  
 こんなにもぎこちなくなるものならば恋などせねば良かつたと思ふ
  
 傷心の我を心配する先輩今宵は酒に誘ひてくれぬ
  
 多忙さもありがたきかな会社では叶はぬ恋をしばし忘れて
  
 お別れの賀状を叶はぬ君に書き住所録より名前消したり
 
 君に出す最後の賀状に書く文字の一画一画(ヒトカクヒトカク)に心をこめぬ
  
 「さよなら」を告ぐる賀状が投函の箱に落ちゆく音を確かむ
  
 あのひとをしのびて作りしこの曲を聴きつつ独りハンドルを握る
 
 去年(コゾ)君とフランス料理を食ひし時着てゐしコートしまふ春が来(ク)
  
  
  
    湾岸戦争
  
 湾岸の反戦ビラを配る人はイラクを責むるビラ配らざりき
  
 安保不要論説くキャスターに日英の同盟廃止の過ちし思ほゆ
  
  
  
    折に触れて
  
 叙景歌に徹して学べと父は言ふ我若ければ恋しか見えず
  
 友たちが開きてくれし誕生会我を見捨てぬ人あるを知る
 
 イブの夜(ヨ)の礼拝(レイハイ)終はりて教会を出(イ)づれば空に月赤く見ゆ
  
  
  
    車をトヨタ・セリカに買ひ換へて
 
 あと数年過ぐればフォードア車の齢(ヨハヒ)ゆゑスポーツカーを若き今買ふ
  
 手離すと決めし途端に惜しくなる思ひ出多き白きシビック
  
  
  
    会社同期の友人の結婚退職を見送りて
  
 結婚で退社する友を見送りて独りの我は幸せを祈る
  
  
 
    二十六歳で逝(ユ)きたる僚友を悼みて
  
 友倒れ意識不明で我々になしうるせめての千羽鶴折り
 
 朝光(アサカゲ)が薄く伸びたる友の席を片付けてをとめら花かごを置く
  
  
 
    大学時代の友人 涌田(ワクタ)君、多田君と湘南から三浦にかけて
   ドライブをして
  
 薄日差す湾が右手に拡がれば冬の葉山は道透きてをり
 
 わが友とドライブしてゐるこの道をかつて叶(カナ)はぬひとと来にけり
  
  
 
 
  
  
短歌の部屋へ  
 
このホームページのトップへ
 
 
HMV
タワーレコード
indiesmusic.com

このHP作者に関係のある別HPです。

STATISTICS

  

炭鉱マニア

  

鉄道艦船航空陸自マニア

  

ネットDE討論@Marine

Keywords = 短歌,和歌,アララギ,歌人,神山,卓也