Keywords = 短歌,現代,短歌現代,新人賞,佳作,入選
   このホームページのトップへ
 
平成九年(1997年)短歌現代新人賞佳作入選作品・「夜学」
 
 
神山卓也
 
 
 
 会社から夜(ヨ)ふけて帰れば眠けれどゼミのレジメを書き続けたり
 
 日中の職場の愚痴もいら立ちも授業に出(イ)づれば忘れ得(ウ)るかな
 
 仕事終へ走り来(ク)れども教室の明かりは既に消されてゐたり
 
 朝(アシタ)から授業に行き得る土曜日は階段昇れば足が軽しも
  
 日曜も持ち帰り残業してをれば土曜日今日は授業に行きたし
 
 職場では語り得(エ)ぬわが外交論このゼミにては語り得(ウ)るかな
  
 わが業務遅るればこの大学院在籍するだに肩身が狭し
 
 授業にも行き得(エ)ず夜毎(ヨゴト)働けどわが通学を責むる声鋭し
 
 七年間研究のために作り来(コ)し統計プログラムがやうやくできたり
 
 非線形回帰をし得(ウ)るプログラムができたりこれから計測を始めむ
  
 夜ふけてモデルの計測を始むれば眠しと思へどすぐには終はらず
  
 計測が終はれど修士論文締切は一ヶ月後の間近なるかな
  
 修士論文を書く唯一の時間なる勤続十年休暇待ち遠し
  
 休暇取り修士論文書けばいつしらに朝日がパソコンを照らし始むも
  
 修士論文を書き続くれば寝る前の早朝番組の曲心地よし
  
 修士論文の提出日今日は半休を取れよと上司が言ひてくれたり
  
 締切の近ければ修士論文をコピーする間に時計を幾度も眺む
  
 製本を終へたる修士論文を手にすれば二年の労苦の思ほゆるかな
  
 締切の一時間前修士論文を出したりつひに間に合はせたり
 
 最低限の研究テーマしかし得(エ)ぬまま在学期間は終はりてしまひぬ
  
 役に立つ研究と思へど会社から役立つと思ひて貰ふは難し
  
 経済の数理モデルの研究を説く方法の妙案分からず
 
 今年度も叶(カナ)はぬ志望と思へども研究所への異動願ひ書く
 
 夜ふけて最後の授業の教室を出(イ)づれば白き壁さへ愛ほし
 
 校門を出(イ)づれば東京タワーの上満月見ゆるを励みに通ひぬ
  
 満月も凍るごとくに見ゆる頃二年の学業が終はりつつあり
  
 このレポートを出せば全てが終はるのだと思ひつつ事務室のドアをノックす
 
 書きて来(コ)し一つ一つのレポートの間に合ひしことが誇りなるかな
  
 学位記を貰へばうれしといふよりも言葉の詰まる思ひなるかな
 
 様々なる職場から来(ク)る友たちが挫けず共に学位を得(エ)たり
  
  
  
 
 
  
短歌の部屋へ  
 
このホームページのトップへ
 
 
HMV
タワーレコード
indiesmusic.com

このHP作者に関係のある別HPです。

STATISTICS

  

炭鉱マニア

  

鉄道艦船航空陸自マニア

  

ネットDE討論@Marine

Keywords = 短歌,現代,短歌現代,新人賞,佳作,入選