アララギ後継誌『短歌21世紀』2005年2月号に載せたウィング時評です。 : Keywords = ウィング,時評,社会詠,短歌,神山,卓也
   このホームページのトップへ
 
 
ウィング時評・社会詠について
(アララギ後継誌『短歌21世紀』2005年2月号ウィング時評。なお、ウィング21とは、同誌の若手歌人特集コーナーのことである。)
 
 
神山卓也
 
 私は常日頃社会詠を可能な限り詠まないようにしている。その理由について結論から先に申せば、自分の頭脳の限界を、自分よりも頭の良い者に読まれるリスクを避けるためだ。
 
 引越を繰り返している内に原本がどこかに行ってしまい正確な引用ができないが、私が短歌の世界に入った一九九〇年代初頭頃の短歌総合誌では、安保闘争の時代を懐かしげに特集する号が散見された。しかし、スターリンによるウクライナ農民大量餓死が起きたのは戦前のことであり、スターリンによる大粛清は戦前も戦後も続き、毛沢東大躍進政策の失政による中国農民大量餓死、第二〇回ソ連共産党大会でのフルシチョフによるスターリン批判ハンガリー動乱(注1)、共産党を嫌ってのベルリン暴動、などは全て一九五〇年代に起きた。一方、経済学の純粋理論の上ではケネス・アロージェラール・ドブリューにより一般均衡解の存在証明が行われたことによって、共産主義ではダメであることが証明された(注2)のも一九五〇年代のことである。
     (注1)   なお、チェコスロバキア動乱は、安保闘争よりも後の1968年に起きている。チェコスロバキア動乱について詳しくは、拙稿「チェコスロバキア動乱のケース・スタディ」ご参照。また、共産主義諸国がどのような国だったかという実体を示すレポートとしては、拙稿「ソ連およびロシアの国境紛争のケース・スタディ」拙稿「北朝鮮の政治経済学」などご参照。さらに、日本がどのような外交・安全保障政策を採用すべきかについては、拙稿「海洋の自由維持のための日米安保再々定義の提唱」(防衛大学校防衛学研究会『防衛学研究』第22号,1999(平成11年)11月)pp.122-136ご参照。
     (注2)   一般均衡とは、「需要曲線と供給曲線のモデル」のような単なる1財だけの需要・供給のモデル(これを部分均衡モデルと言う)にとどまらず、複数財(ひいては全財)での需要・供給に関する市場の均衡(=需給の一致)のことである。一般均衡解の存在証明が行われたということは、単に需要曲線の供給曲線の交点で需給が一致することによって資源の最適分配が行われる(=需要超過[=供給不足]も供給過剰[=需要不足]も起きない)という1財だけの部分均衡にとどまらず、全ての財において市場全体で需供が一致して需要超過(=供給不足)や供給過剰(=需要不足)が無く資源の最適分配が行われる状態が、市場メカニズムによって実現可能である旨が証明されたということを意味する(なお、1財だけの部分均衡ならばアダム・スミスの昔から既に証明済み)。ちなみに同時期、「計算可能性」という課題は無理である旨が別途別研究で証明されたが、これはつまり、需要曲線と供給曲線の交点を全ての財について人間が事前に頭で予想して計画することなど不可能である旨が証明されたことを意味する。したがって、社会主義計画経済による財の最適分配(=全ての財での需給の一致)などは不可能である旨がこの時期の理論経済学研究によって明らかになった傍らで、一般均衡解の存在証明によって市場メカニズムならば全ての財での資源の最適分配が可能である旨が明らかになったため、経済学の純粋理論の上では共産主義がお陀仏になった訳である。
 なお、全財以前に1財だけの需要曲線と供給曲線の部分均衡モデルだけでも、人為的に価格・数量を決めた点がたまたま偶然に需要曲線と供給曲線の交点に一致しない限り、需要超過[=供給不足]や供給過剰[=需要不足]が生じて資源の最適分配が実現できない現象は容易にシミュレーション可能である。具体的には例えば、需要曲線と供給曲線を使えば、旧・ソ連のモスクワや共産主義政権時代のポーランドのワルシャワでスーパーに行列ができていた理由や、日本のかつての食糧管理制度で赤字が蓄積した理由が容易に説明可能であり、これは個別財市場でも市場メカニズムを無視すれば需給が一致しない例となる。したがって、市場メカニズムが○であるか否か以前に単に共産主義が×である旨を指摘するだけならば、一般均衡以前に1財だけの部分均衡モデルだけでも、素朴な分析の上では実は十分である。計算可能性の不可能性の証明は、「共産主義による資源最適分配は、単に『現実的に偶然以外には考えにくい』というに止まらず、『(机上の)理論の上でもあり得ない』旨を証明した」より厳密な議論であり、さらに加えて、一般均衡解の存在証明によって「市場メカニズムならば資源の最適分配が可能だよ」と断言可能になったことによってノックアウト・パンチになったものである。

 
 何が言いたいかというと一九五〇年代には事実と理論の両面で共産主義は既にお陀仏と化して社会科学版「天動説」状態と化していたのであり、安保闘争の学生運動家はそれより後の安保闘争の時点でその「天動説」たる共産主義を奉じていたのであるから、ハッキリ言ってしまえばバカな奴らである。誤解を避けるべく補足すれば、これは「生き方が下手だ」という意味ではなく、純粋に「頭が悪い」という意味でのバカである。また、ついでに補足すればこれは世代の相違でもない。先述のとおり一九五〇年代には既に判断材料が出そろっていたのだから、世代だの時代だのというのは単なる言い訳であるに過ぎない。
 
 それ故、学生運動へのノスタルジーを表明するということは、自分の頭の悪さを白状する行為なのだ。上述のような歴史的事実と、アロードブリュー研究成果とを知る者にとっては、安保闘争の背景にある共産主義など笑止の極みの噴飯物でしかない。
 
 私は普段、社会詠を避けるよう努めているが、その理由は上述の例のように、短歌以前の問題として社会詠を詠むと、自分の頭脳の限界が、自分よりもさらに頭の良い人間にばれてしまうリスクが生じるためだ。自分よりも頭の悪い人間の頭脳の限界が私に分かるように、私よりもさらに頭の良い者は、私の頭脳の限界をいとも簡単に見抜くであろう。
 
 また、純粋な短歌論議としては、歌材として「政治の場」が出てきても構わないが、私が子供の頃の朝日歌壇のように選歌基準に思想があるかのような、「歌の方が手段」状態と化すのは本末転倒だと思う。余談ながら物理学にイデオロギーが無いのと同様に、物理学同様の実証科学としての経済学にとっては「右」も含めて思想は無用、それどころか科学の基本である「はじめに事実ありき」をねじ曲げるので有害だ。市場メカニズムというものは自然法則として成立するという意味において、資本主義などというものは本当は存在しない。共産主義は共産主義である以前に、そもそも主義だからいけないのだ。「科学的」という言葉を冠すれば科学になるのではない。思想と化した瞬間に理論は実証科学の世界から脱落し、哲学の世界に墜ちてしまうだろう。
 
 私自身が「政治の場」や「石炭政策の最前線」にいたため、避けている筈の社会詠をついつい詠みがちではある。だが、やむを得ず社会詠を詠む際にも、これらは歌材であっても目的ではなく、目的は心の動きだということを忘れぬよう心がけている。私が社会詠を避ける理由は藤原定家とは異なる。頭の悪さを露呈させてしまった先輩歌人達を反面教師とするから、社会詠を避けているのである。
 
 
 
 
 
短歌の部屋へ
 
このホームページのトップへ
 
 
HMV
タワーレコード
indiesmusic.com

このHP作者に関係のある別HPです。

STATISTICS

  

炭鉱マニア

  

鉄道艦船航空陸自マニア

  

ネットDE討論@Marine

アララギ後継誌『短歌21世紀』2003年12月号に載せたウィング時評です。 : Keywords = ウィング,時評,分かり易さ,短歌,神山,卓也