アララギ後継誌『短歌21世紀』2003年12月号に載せたウィング時評です。 : Keywords = ウィング,時評,分かり易さ,短歌,神山,卓也
   このホームページのトップへ
 
 
ウィング時評「分かり易さ」ということ
(アララギ後継誌『短歌21世紀』2003年12月号ウィング時評。なお、ウィング21とは、同誌の若手歌人特集コーナーのことである。)
 
 
神山卓也
 
 最近、選挙のボランティアをしていて、普段から私が力説している「分かり易さ」ということを改めて考える機会が多い。ビラを配っていると政党の政策について訊かれることが多いが、例えば理論経済学の基礎の無さそうな方に経済政策のメリ・デメについて、安全保障論の基礎が無さそうな方に対して安全保障政策について、どう説明しようかと困ってしまうことが多いのだ。学術学会などでプロ相手に語るのは楽だが、誰にでも分かる説明というのは難しい。
 
 短歌をはじめとする芸術についても、「分かり易さ」というのは重要だと思う。ここで誤解を避けるべく予め定義すれば、「作るのは難しいが、鑑賞する立場では素人でも感動可能だ」というのが私が理想とする分かり易さであり、ここでの「分かり易さ」は素人臭い独りよがりの通俗さのことではない。
 
 他の芸術分野を例にすれば、例えば私がいま一つの専門とする音楽に関して言えば、古典派が例えばソナタ形式などの楽式を完成させ、ベートーベンの月光の曲の第一楽章などで崩しが始まりロマン派で楽式の崩しがさらに深化し、ドビュッシーが和声学まで崩すに至った。どの作曲家の曲でも心地よいという意味でここまでは良かったが、ドビュッシーを含めずドビュッシー以降の現代クラシック作曲家の曲に至ると、露骨に本音を言えば「専門家と称するナルシストのマスターベーション」と化してつまらなく、素人は聴かないであろう。クラシックの長所の現代の直系の子孫は、むしろディープ・パープルやEL&Pなどクラシックの影響を受けたハードロックやプログレッシブ・ロックだと思う。
 
 絵画も同様であり、遠近法などの技法が開発された後で農家などの新しいテーマに挑むバルビゾン派が生じ、光を表現する技法を開発した印象派に至って非常に感動的な絵ができた。光の三原色は混ぜると白くなるが絵の具の三原色は混ぜると黒くなるため、印象派は「色を混ぜない」という技法により明るさを表現したのだ。ところが印象派を代表するモネの絵を見たカンディンスキーが形よりも色を重視したことから抽象画が始まると、これも偏見を交えた意見を言えば「専門家と称するナルシストのマスターベーション」の世界が始まった。本音を申せば、抽象画が一般人に分かり易いとは私には思えない。
 
 芸術においては常に新しい方法論を模索する必要があるが、新しいことと奇をてらうこととは似て非なるものである。専門家としての芸術論や芸術技巧を深めて斬新なことに挑戦することは必要であるが、それによって一般人に分からない作品ができあがってしまってはいけないと私は思う。
 
 短歌も同様である。ライトバースが出現した頃、若い世代の技法としてこれにおもねる傾向が歌壇の一部にあったが、これらが「文学青年以外の一般人」に分かり易い作品であったとは私には思えない。高齢世代の歌人の中にはライトバースと俵万智を同一視する人もいたようであるが、俵の作品は一般人にも分かるものであり、私の視点で申せば「分かり易さ」という点においてライトバースと俵とは本質的に方向性が異なっていると私は思う。私は、新しい歌を模索しながらも、それが分かりにくい「専門家と称するナルシストのマスターベーション」にならないように心がけていきたいと、常々思っている。分かり易さが通俗になってしまってはいけないし、逆に斬新さが難解さになってもいけない。新しくて作るのが難しく、読むのは簡単で素人でも感動できる歌、道は狭くて厳しいが頑張っていきたいと思う。
 
 
 
 
短歌の部屋へ
 
このホームページのトップへ
 
 
HMV
タワーレコード
indiesmusic.com

このHP作者に関係のある別HPです。

STATISTICS

  

炭鉱マニア

  

鉄道艦船航空陸自マニア

  

ネットDE討論@Marine

アララギ後継誌『短歌21世紀』2003年12月号に載せたウィング時評です。 : Keywords = ウィング,時評,分かり易さ,短歌,神山,卓也