『短歌21世紀』小暮政次追悼号に載せた木暮政次先生の折々の言葉に関する追悼評論エッセイです。 : Keywords = エッセイ,短歌21世紀,短歌,小暮,政次,評論
   このホームページのトップへ
 
 
『短歌21世紀』小暮政次追悼号掲載
追悼評論エッセイ「折々の言葉」
 
 
神山卓也
 
 
 歌の勉強の復習と兼ねて添削の思い出を紹介したい。一九九二年に皆で小暮先生をお邪魔し、歌を見ていただいたことがある。私は、
 
主無き机となりし僚友(とも)の席に同僚達が花備へたり  (改良前版)
 
を出したところ、一首全体をより具体的にすべきであり、例えば何で死んだか、花は何だったのかなどの内容が欠けている旨をご指摘いただいた。具体的に細部まで物事を観察することが、初心者にとっては写生の勉強の第一歩なのだと言う。この指摘は、私にとっては忘れ難い教えとなった。添削で得たノウハウを水平展開して暗黙知を形式知化するべく、添削前の拙歌を出す恥に耐えている。
 
 また、@「主無き」は平凡・陳腐でまずい、A「僚友」に無理矢理「とも」とルビをふる表記法は良くないため「友」の一字にせよ、B「同僚」は用語としてまずいなどのご指摘もいただいた。Bについてはさらに、より具体化するためには例えば「をとめ」の語があり、これは既に陳腐化しているが他の良い語は小暮先生も俄には思い浮かばない、とおっしゃった。結社の効用は自己流のひとりよがりな箇所が直る点にあるため人の話を聴くことが重要だが、聴いただけでは一人だけのものに留まり良くないので、教えをさらに水平展開して形式知化するのが本稿の趣旨である。
 
 余談だが拙歌を以下のとおり改良した。
 
朝光(あさかげ)が薄く伸びたる友の席を片付けてをとめら花かごを置く  (改良後版)
 
 
 
 
 
短歌の部屋へ
 
このホームページのトップへ
 
 
HMV
タワーレコード
indiesmusic.com

このHP作者に関係のある別HPです。

STATISTICS

  

炭鉱マニア

  

鉄道艦船航空陸自マニア

  

ネットDE討論@Marine

Keywords = エッセイ,短歌21世紀,短歌,小暮,政次,評論