keyword = 短歌,短歌21世紀,アララギ,外来語,写生派,歌論
   このホームページのトップへ
 
 
短歌における外来語の使用について()
 
神山卓也
 
 
 『短歌21世紀』では木戸が方言について述べていた。私は座標軸を空間から時間に代えて、言葉の変化、カタカナ語について熱く語ってみたい。最初に先人の説を復習すれば、子規は、作歌の際に「用語は雅語、俗語、漢語、洋語必要次第用うるつもりに候」(『歌よみに与ふる書』(岩波文庫、一九五五)二七頁)と言い、赤彦は、自己の感動を格調において適切に緊密に表現するための腐心の前には「現代語古代語口語という如き区別をおいて考える余裕はないのであります」(『歌道小見』(岩波文庫、一九五四)、六三頁)と述べている。私も同意見だ。作歌時の用語の選択は、具体的な一首一首の中でどの語が作者の心の動きを写生できるのかという観点で決めるべきであり、外来語の適否については一首毎の結果論として決まるのであって、事前に禁じ手にするような類のものではないだろう。
 
 外来語は、たとえ語源が外国にあっても既に日本語なので、この使用をためらう理由など全く無い。外来語に眉をひそめる人々は、外来語と外国語とを混同しているという点において、何かをはき違えているのだ。逆に言えば、カタカナ語使用可否の切り分け基準は既に外来語として日本語化しているか否かによるのであり、この境界線は時間と共に日々変化していくのが自然の姿だと思う。
 
 私がアララギで感じていたストレスは、現役のビジネスパーソンが少ない母集団の中で、ビジネスの現場では既に常識化している用語が許されなかった点にある。例えば或る歌でタスク(仕事の一単位の意)なる語を用いたところ、この語の使用は時期尚早だと言われたことがあった。しかし、「タスク」は今日既に外国語でも経営学専門用語でもなく、営業など現場まで含めて日常用語と化している。外国語や専門用語の濫用は避けるべきだが、既に日本語化した外来語を避ける必要はない。むしろ今や農業用語の方が身近ではない。結社の母集団が社会の現役世代とかけ離れている今日、実社会での定着語は何かという継続的再確認が必要なのではないのだろうか。
 
 日本語の乱れは正すべきだが、変化自体が悪い訳ではない。日々新たに日本語化していく言葉に対しては拒絶するよりはむしろ、作歌用語版デジタル・デバイド解消策で臨むべきだと思う。実社会でビジネスモデルが変化している今日、それに応じて歌材も変わるからだ。
 
 
(注) 本稿は当初、『短歌21世紀』のウィング21の頁の連載エッセイ「イイトコドリ」の私の順番の原稿として書いたもの少し修正したものであるが、内容が難しいとして掲載が見送られたものである。この内容が難しいとは、「デジタルデバイド」だの「ビジネスモデル」だのという用語が出てくることを指すのであろうが、このような語は現役世代にとっては常識的な日常用語であって知らない方が不勉強のそしりを免れないものであり、これが難しいと言うことは、
(1) 短歌の世界に多い老人方が多く、
(2) かつ、その人達は世の中の変化に感心が薄い
ということを示唆することだと思う。言い換えれば結社誌に載せるには先述用語を用いると難しいという状況自体が既にデジタルデバイドの出現の実例と化している訳である。
 現役時代には活躍していた人達も含めて、人間は棺桶に片足を突っ込むようになるとどうして世の中のことに無関心になるのであろうか。歳をとるということ自体が悪いことではないが、世の中への無関心性を伴う老化の場合には老害というべきであり、それに対して現役世代の側から気を使う必要があると私は思わない。
 このような無関心こそが正にデジタルデバイドを産み、老齢層を一層不利にしていることに対して老齢層の人達は何の危機感も抱かないのであろうか?。厳しい国際競争の中で日本が生き残り、その中でさらに老齢層が生き残っていくためには、老人だからといって社会のことに対して不勉強でも構わないなどというような甘えが許されてはならないと思う。しょせん自分を守れるのは自分しかいない中で、そのような甘えは自殺行為であるに過ぎないのではないだろうか。このようなことを思うとき、この文章が難解だということは、そのような用語に対して難解だと思うことは自己防衛ができないことだという意味において、非常に問題のあることであると思う。
 
 
 
 
 
短歌の部屋へ
 
このホームページのトップへ
 
 
HMV
タワーレコード
indiesmusic.com

このHP作者に関係のある別HPです。

STATISTICS

  

炭鉱マニア

  

鉄道艦船航空陸自マニア

  

ネットDE討論@Marine

keyword = 短歌,短歌21世紀,アララギ,外来語,写生派,歌論