keyword = 短歌,短歌21世紀,アララギ,結社,団体,個人
   このホームページのトップへ
 
 
団体芸と個人芸
 
神山卓也
 
 
 結社のあり方を、アララギと明星との違いを出発点にして考えてみた。明星は一時は歌壇を席巻したがすぐつぶれてしまい、大正期以降飛躍したのはアララギだった。明星には、好き嫌いはともかく、鉄幹、晶子、白秋、啄木など多くの歌人がそろっていたが、その才能は結社で育てられたものではなく天性のものだと思う。白秋や啄木は明星に入らなくてもあのような歌人になったと思う。言い換えれば、歌人達にとって明星は作品発表の場ではあっても、自己の成長の場ではなかったのだろう。
 
 一方、アララギにおいて斎藤茂吉以外の歌人達は、左千夫や赤彦や文明のような超ビッグ・ネームでさえ天性の才能というよりは、歌道鍛錬の末におのおのの世界を築いていったような気がする。つまり、彼らの歌はアララギで鍛えられて育ったものであり、写生というアララギの方法論はその歌道鍛錬に適していたのではないかと思う。
 
 私の見解では明星は個人芸の集団であり、アララギは団体芸の集団なのである。結社の運営上は団体芸のアララギのほうが新人を育てる点において優れており、長続きした。そして、アララギが文学運動としてのエネルギーを失い、新人が後に続かなくなった時、終刊に至ったのだと思う。
 
 大野道夫『短歌の社会学』(はる書房,1999)pp.107-150では、結社は「人」と「理念」が継承される場だという考え方が紹介されている。「人」とは結社によっては血縁関係であるが、アララギでは師弟関係である。アララギは非主流派が飛び出し続けた歴史のためもあって、末期には文明の弟子が中心であり、五味保義や芝生田稔のように赤彦門や茂吉門であった人たちも最後には文明の影響を受けていた。この観点からは、ただ一人の中核となる指導者が育たなかったために、宮地伸一、小市巳世司、小暮政次の三系列に分裂したと見ることができるのではないか。
 
 しかし、アララギのその強烈な特色は、「人」によるつながりというよりはむしろ写生という「理念」によるつながりであろうし、この理念の継承は他結社よりも強烈であったように思う。これに対して明星の理念は「新派和歌」(大野『前掲書』p.115 )という曖昧なものであった。この理念の強烈さの相違が、アララギと明星との寿命の大きな差や、新人育成メカニズムの差になったと思う。アララギでは歌会や面会指導による鍛錬でこの理念が継承され、新人が育っていったのである。
 
 しかしながら、最大の長所は同時に最大の短所でもある。先述したアララギが文学運動としてのエネルギーを失った理由の一つは、団体芸に優れたばかりに冒険を許さなくなり、会員の歌を小さくまとまらせてしまうようになったためではなかったか。独りよがりな部分を直して鍛える結社の効用と個性の維持との両立は簡単ではない。このジレンマは古くて新しい問題であり、左千夫晩年に茂吉達は師匠左千夫との歌境の違いに苦しんでいたことは有名な史実である。
 
 それでは、このジレンマはどうすれば克服できるのだろうか。それは、自己の作歌や仲間への歌評の場において、新しい表現や発想に対して、新しい発想によるものと独りよがりなものとを峻別した上で、伸ばすべき部分と直すべき部分とを切り分けることが必要なのだと思う。
 
 個性としての新しさと独りよがりによる新しさとの相違については、実例を示せば分かり易い。他流派の例であるが、俵万智『よつ葉のエッセイ』(河出文庫版,1992)の「林あまりと私」(pp.44-47)によれば、俵の有名な歌
 
  「嫁さんになれよ」だなんてカンチューハイ二本で言ってしまっていいの
 
はカンチューハイという言葉のために歌を作ったのではないが、林あまりの
 
  生理中のFUCKは熱し血の海をふたりつくづく眺めてしまう
 
では、「生理中のFUCK」という言葉を使いたくて歌が作られている、だからこそ、「熱し」や「つくづく眺め」などという安易な表現を使ったのではないかと批判している。そして、「林作品は、言葉の起爆力に頼りすぎているのではないだろうか。言葉だけではない ! ? "○○"といった記号の類、それから『Christmas kiss』といった横文字など、一種のこけおどし的用法が非常に多い。もちろん十分に意識してのことだろうが、!と書かずに驚きを、?と書かずに疑惑を、"○○"と書かずに強調を、伝えることが詩なのではないか」と述べている。この一文からは俵が、『心の花』で身につけた基礎にきちんと立脚した上で、新しい表現を積極的に取り入れていることがわかる。だからこそ、新奇な表現が手段としてではなく目的化してしまっている林の歌に危うさを見い出しているのであろう。
 
 この俵の例のように、私たちもまた『短歌21世紀』で身につけていく基礎を踏まえた上で、各々の個性に応じた表現方法、作風、歌境を育てていけないものだろうか。結社に呑まれてしまえば小さくまとまってしまう。一方、結社で学んだことを無視すれば独りよがりになってしまいがちだ。このような、結社の型にはまってしまうことと、個性の維持との両立に私たちは少なからず苦しんでいる。しかし、私は新しい表現方法と写実の両立は可能であると信じて疑わない。この両立を是非とも実現させて、茂吉や文明や赤彦のようなビッグ・ネームさえもさらに乗り越えていきたい、と思っている。
 
 
 
 
 
短歌の部屋へ  
 
このホームページのトップへ
 
 
HMV
タワーレコード
indiesmusic.com

このHP作者に関係のある別HPです。

STATISTICS

  

炭鉱マニア

  

鉄道艦船航空陸自マニア

  

ネットDE討論@Marine

keyword = 短歌,短歌21世紀,アララギ,結社,団体,個人