keyword = 短歌,短歌21世紀,アララギ,日本語,外来語,新しい表現
   このホームページのトップへ
 
 
リレーエーッセイ「イイトコドリ」No.2 日本語の寛容性の素晴らしさ
 
神山卓也
 
 
 私は、前月の鈴木のエッセイでの日本語の変化を肯定的に受けとめて、これが経済の発展に与えた影響を考えたい。杉田玄白らの『解体新書』以来の近代自然科学の日本への導入は、福澤諭吉『福翁自伝』によれば黒船来航時には既に西洋の科学技術を見せられても驚かない水準になっていた。近代社会科学の導入は自然科学よりもやや遅れて幕末から明治にかけて行われた。例えば、福澤が訳した日本初の簿記教科書『帳合之法』で試みた借方や貸方などの訳語は現代でも使われ続けている。さらに、昭和になると情報工学などの学問が外来語を用いて導入された。開国以降の奇跡的な日本の経済成長を支えた要因の一つは、日本語が新しい言葉に寛容だったために、新しい考え方を受け入れ易かったことであろう。
 
 それでは、日本語のどこが新しい言葉を使い易くしているのであろうか。その理由は表音文字・カタカナと表意文字・漢字の両方を併せ持つために、自由な表現が可能だからであるというのが通説である。私は、その他の理由として、印欧系言語のような性・数・格が名詞に無いために外来語や新熟語を採り入れ易かったからではないかと考えている。新しい言葉を見つける度にいちいち性・数・格を決めていたのでは煩わしいことであろう。さらに私は、サ変動詞の存在も日本語の長所だと思う。なぜならば、サ変動詞のために我々は名詞を簡単に動詞に変えることができるからである。これにより、例えば「シミュレートする」などの表現のように、新しい言葉を名詞としてだけではなく動詞としても使えるようになるのである。サ変動詞の重要性に気がついているのは私だけらしいので、もしかしたらこれはオリジナルな発見かも知れない。
 
 あまり知られていない話であるが、非欧米の国で高等教育を母国語で行える国は少ない。このような国々で高等教育が欧米語で行われる理由は、その国の言語が日本語程には外国語に寛容ではないためであろう。逆に言えば、格変化や活用の無い中国語や日本語と文法が似ている韓国語など、新しい言葉を採り入れ易い言葉を持つ国では、日本と同じように高等教育が母国語で行われている。だから、韓国の経済発展は、言語のしくみの上では不思議なことではないと思う。
 
 私たちは、このように自由で使い勝手の良い日本語を手にしたために、豊かに成長し続ける表現が行えるようになった。だから、頭ごなしに「言葉の乱れ」を拒否するよりも、より良く豊かな方向に日本語を変化させながら、素晴らしい表現を短歌にも積極的に採り入れていきたい。
 
 
 
 
 
短歌の部屋へ
 
このホームページのトップへ
 
 
HMV
タワーレコード
indiesmusic.com

このHP作者に関係のある別HPです。

STATISTICS

  

炭鉱マニア

  

鉄道艦船航空陸自マニア

  

ネットDE討論@Marine

keyword = 短歌,短歌21世紀,アララギ,日本語,外来語,新しい表現