keyword = 短歌,短歌21世紀,アララギ,模倣,土屋文明,上達
   このホームページのトップへ
 
 
模倣のすすめ
 
神山卓也
 
 
 六年程前私がアララギに入ったばかりの頃、歌の上達法について大河原先生に尋ねたことがあった。今はどうしているのかと逆に訊かれたため、土屋文明『新作歌入門』(筑摩書房、一九八九)のアララギ選歌後記を読み、どのような作り方をしてはいけないのかを学んでいると答えた。すると先生は、私の方法では駄目であり、土屋文明ならば歌集自体を読まなければいけないと諭された。先生が言うには、良い作品に触れ、その作品に近づくべく見習っていくことで歌が上達するのであり、下手な作品の悪い箇所を学んでも、「何をしたらいけないか」は分かっても「何をすれば良いのか」は見えてこないという。そして、初心者の内は、模倣でも構わない(ただし、もちろん盗作のことではない。念のため)という。自分なりのスタイルはやがて自ずから身につくものであり、最初から狙うものではない。初心者の内は憧れる作品を模倣することから始めるべきである、という。
 
 それではお手本は何を選べば良いかについて問うたところ、アララギの先人ならば誰でも失敗は無いが、強いて言うならば茂吉と文明であり、特にお薦めするのは文明であるという。それだからこそ、同じ土屋文明でも選歌後記よりも先に歌集自体を読むべきだというのである。
 
 正直なところ、その時には先生のおっしゃっていることが私には理解できなかった。もちろん、理解できなかったのは言葉の意味ではない。その真意が理解できなかったのである。当時の私には何をどう詠めば良いかが分からなかった(今でもそうだが今以上に)ので、禁則やタブーを覚えることから始めても良いのではないかと思ったのである。
 
 先生の真意が分かったのは一、二年後であった。私は短歌の他に普通の詩と音楽も作るが、丁度この頃、自分の音楽のスタイルがなかなか掴めずに苦しんでいた。クラシックから出発した私は、クラシック同様に静かなフォークに当初は親しんだもののクラシックとの音楽性での共通性が無いために親しみきれず、ハードロック/ヘヴィ・メタルやプログレッシブ・ロック(プログレ)の方がクラシックの直系の子孫であることに気づいたため、ヘヴィ・メタルやプログレに転向していた。ところがヘヴィ・メタルのノウハウが無かったため、曲作り、特に編曲法がまるで分からず、行き詰まってしまっていたのである。
 
 この問題の解決のため、私はブリティッシュ・ハードロックの古典であるディープ・パープル、スピード・メタルの手本としてドイツのハロウィーンや日本のXなどのバンドの楽譜を読み、格好いいと思った曲がどのように作られているか研究したのである。また、ベートーベンのピアノソナタの楽譜からソナタ形式の曲展開を学び直した。これらの楽譜を手本にしため大いに勉強になり、壁を乗り越えることができたのである。
 
 この体験から、短歌における、大河原先生の言う模倣の意味も体得できた。芸術の一分野での経験が他分野でも役立ったのである。ビスマルクだって、「賢者は歴史に学び、愚者は経験のみに学ぶ」と言っている。今後は、先人の作品にもっと親しんでいこうと思う。模倣こそ上達への近道なのであるから。
 
 
 
 
 
短歌の部屋へ  
 
このホームページのトップへ
 
 
HMV
タワーレコード
indiesmusic.com

このHP作者に関係のある別HPです。

STATISTICS

  

炭鉱マニア

  

鉄道艦船航空陸自マニア

  

ネットDE討論@Marine

keyword = 短歌,短歌21世紀,アララギ,模倣,土屋文明,上達