keyword = 短歌,短歌21世紀,アララギ,青春,文学,短歌新聞
   このホームページのトップへ
 
 
新人立論・短歌を青春の文学に(『短歌新聞』
 
神山卓也
 
 
 昔、茂吉や文明がデビューした頃、短歌は青春の文学であった。しかし、今では老後の盆栽趣味であるように若者から見なされるようになってしまった。また、かつて私がアララギに入会した際、そんなものは教科書でしか見たことがないがまだあったのかと友達から言われてしまった。私が今やりたいことは、このような現状を撃破し、短歌を再び青春の文学に戻すことである。すなわち、詠み手と読者が同一であるという現状を改革して、良い作品をもっと広く、歌を詠まない普通の若者にも親しんで貰うようにすることである。
 
 それでは、どうしたら短歌は広まるのであろうか。その答えは、分かり易さの一言に尽きると思う。ここで分かり易さとは単に難解歌を避けることのみを指すのではなく、ライトバースのような独りよがりを避けることも指している。ライトバースが近年もてはやされたのは歌壇における若者層育成への焦りのためであろうが、このような歌が歌壇の外の若者にも分かり易いとは思えない。実際、歌壇の外ではこれらの訳の分からない歌は広まらず、普及したのは俵万智のように本当に分かり易い歌であった。したがって、難解な現代詩や現代音楽や抽象絵画の轍を踏むことを避けるためには、歌壇の若手よりはむしろ、歌壇の外の普通の若者が感動できるようなものを目指すことが大切なのだと思う。
 
 ただし、分かり易さイコール通俗であってはいけないから、読むのが優しいということは詠むのは難しいということだと思う。今の私は力量不足であるから、もっと歌道鍛錬に励まなければならない。今にして思えば、アララギが終刊になってしまった理由の一つは、後継者育成に失敗して文学運動としてのエネルギーを喪失したからである。このため、育ち得なかった若手として責任を感じ、私などが生まれる前からアララギを居場所としてきた方々に対して申し訳なく思っている。私が短歌21世紀に行った理由は、師匠大河原惇行が居場所を用意してくれたからでもあるが、何よりもここが最も改革志向が強かったからである。ここには加藤和成、加藤敏子、小川優子、鞍良ひな子、鈴木直子ほか若手の仲間がいるので、友達と共に短歌革新に全力を尽くしたい。
 
 
 
 
 
短歌の部屋へ
 
このホームページのトップへ
 
 
HMV
タワーレコード
indiesmusic.com

このHP作者に関係のある別HPです。

STATISTICS

  

炭鉱マニア

  

鉄道艦船航空陸自マニア

  

ネットDE討論@Marine

keyword = 短歌,短歌21世紀,アララギ,青春,文学,短歌新聞