神山卓也「短歌21世紀 四月号作品評」(『高知アララギ』2008年6月号,pp.40-41) : Keywords = 短歌21世紀,歌評,短歌,現代,作品評,高知アララギ
   このホームページのトップへ
 
 
短歌21世紀 四月号作品評
(『高知アララギ』2008年6月号,pp.40-41)
 
 
神山卓也
 
 
 本稿では、短歌21世紀四月号に掲載された高知アララギの歌人の歌を数首紹介する。
 
     二人暮らすもあといく年か温水器の故障からうじて夫はなほせり  小松もとみ

 
 私事で恐縮だが、晩年の両親を思い出して涙ぐんでしまった。仲の良い夫婦が老後の体の衰えを実感しているのであろう。長生きをしていただきたい、と切実に思った。
 
     亡き夫がバイクを駆りし山ふかきこの道ひとり巡りて今日は  沢村多美

 
 やはり私事で恐縮だが、近年相次いで両親を亡くした私は最近、老境や家族の歌材に遭遇すると涙が出てしまう。歌自体としては結句の語尾を助詞「は」で止めたことで、深い感慨の余韻をうまく出せていると思う。
 
     打ちしぶく波間を友と越えし日よ今日沙弥島の海は藍色  岡村和栄

 
 同一作者による別の掲載歌
 
     気を抜けのやはらかき声耳元に上らぬ腕のリハビリ始る

 
も併せて鑑みればこの歌は、極めて思いが深いと思う。漁師などの職業によるものか否か、詳しい事情は存じ上げないが、自由にならない体で過去を思い出す心境が伝わって来る。思わず辛くなる程、思いが伝わって来る。
 
     五勺の酒一日置きにかみてのむありがたきかな命なりけり  野本幸男

 
  この歌は、老境の歌の中では「暗くはない歌」である。一般論では作歌の際に第四句の「ありがたし」等の形容詞は用いるべきではないが、この歌の場合にはこれが効いているので外せないと思う。形容詞を使っても良い場合もある旨の例になる歌だと思う。
 
     けぶる海を鴉たゆたひウミネコはひくくただよふ声あぐるなく  藤田信宏

 
 私のような歌道鍛錬中の身は抒景歌に学ぶことにより表現力を身に付けるべき、という見地から鑑賞した。冬の海の情景がよく詠まれていると思う。
 
     車なくて暮らしは立たず撥ねしものはねられしものともに老い人  佐竹玲子

 
 地方の高齢化や公共交通機関の衰退等、地方が抱える問題が、下手な解説文よりもよく凝縮されている歌だと思う。私事で恐縮だが研究者としては地域振興を研究している私には、思わずため息が出てしまう歌である。唯一気になる点は上の句がやや説明的な点であるが、それ抜きには作者の思いも伝わらなくなってしまうので、やむを得ないと思う。
 
     潮風にゆだね育ちて年を積むこの浜松の低き屈曲  坂上のぶ子

 
 この歌の作者の思いは、第二・三句にあるのであろう。、この思いの集中とリズム感故に、上の句は説明的になりそうな弊害を免れて、共感可能な抒景歌になっていると思う。
 
     我が腕の弱り待つかにどの畑も隅より笹が迫りて居りぬ  中平朝子

 
 畑の描写に、作者の老境の思いがよく込められていると思う。どうか、長生きしていただきたい。亡き両親を思い出してしまった。
 
     病室に「いらぬ」と夫の声荒し旅のみやげを差し出す娘にも  林 敏子

 
 病人が、自分の辛さ故に周囲に当たり散らす情景であろう。家族にとっては理不尽だが、その中にも娘さんや作者の家族愛が窺える。家族を亡くした私には理不尽な会話さえ羨ましい。ご家族のためにも治って欲しい。
 
     目標は九十歳と励ましてくれし君が先に逝きたり  松村芳喜

 
 文字どおり、胸が締め付けられるような歌だ。詠み方以前に内容自体で心が打たれるが、歌材の選び方自体が歌力の一つだと思う。リズム的には第四句が字足らずな点が気になるが、ここは過去・回想の助動詞「き」の連体形「し」でなければ回想の心情が伝わらないため、やむを得ないであろう。
 
     帰り来し親鳥にゆだね静かなり吾もまどろむ雛になりたし  前川竜女

 
 前後の歌からは、事情は不明ながら天井裏に鳥の雛がいる旨と、作者は母を亡くしている旨が詠まれている。一首の独立性という問題は無視して前後の歌から得られる情報を踏まえてこの一首を読めば、雛鳥になぞらえての亡母への作者の思いが詠み込まれている旨が分かる。親を亡くすことなど、夢にだに思いもせずに甘えていられた子供の頃を懐かしむ歌であろう。両親を亡くした直後の私には、切実に共感可能な歌境である。
 
     僅かだけ積りし雪に安堵する深夜こえ行く星越峠  岩谷眞真子

 
 南国土佐のことであるから、スタッドレス・タイヤやチェーンを持っている訳ではない状況下で、峠道の雪が少ない旨に安堵する心境がよく詠まれていると思う。
 
     一段をのぼる時より思ひをりあの山茶花は咲いてゐるかと  森本節子

 
 前後の歌からは、子供からの初めての自立の言葉にショックを受けて、かつて子供と共に来た金刀比羅宮を訪れ、その際の思い出の山茶花に思いを巡らしている旨が窺える。子供の自立は母親にとっては寂しいことであり、その気持ちが痛いほどよく伝わって来る歌だと思う。
 
     思ひ出はだれにも言はず胸に抱く紅葉の山を言ふ中にゐて  小原和子

 
 作者の思いがよく伝わる歌だ。思い出自体を詠まないことで説明的にならずに済み、言わない心境を主題にした点が良いと思う。
 
     過疎すすむ終着駅はわれ一人最終電車に酔ひのさめつつ  仙頭夘市

 
 ローカル線の夜の終着駅の抒情的な情景がよく詠まれていると思う。第三句と第五句に作者の思いが感じられる。私は高知工科大大学院OBで高知県には少しだけ土地勘があるが、どの駅なのだろうか、と思った。
 
     朝霧がうすく途切るる浅瀬には青鷺立てり片脚のまま  小松桂子

 
 無駄なく情景が伝わって来る抒景歌だ。表現力を身に付けるためには抒景歌をキチンと詠めるようにならなければならないのに、最近作歌をさぼっている私には、私が怠けている間に同世代が成長する姿が眩しく思える。
 
     弓なりの橋に一瞬臨む海とんびは背を見せひるがえりおり  井上佳香

 
 瞬間的な情景をよく捉えていると思う。第四句でとんびがひるがえる様が具体的になっている点に写生が感じられる。抒景歌に学びたいので、この作者からはこの歌を選んだ。
 
     磯の上のホテルの池の底澄めり亀の餌台朽ちて残りて  楠瀬兵五郎

 
 高知県の海は綺麗なので、これは内のホテルの情景であろう。磯の上のホテルや、底が澄んだ池という心地良い情景と、朽ちた餌台の対比が新鮮である。恐らく昔は亀がいて今はおらず、昔日を思い出しているのだと推測する。その作者の喪失感が窺えると思う。
 
 分かった限り高知アララギの方を挙げたつもりだが、万一気付かない方がいたら申し訳ありません。総じて老境の歌が多いと思った。若い頃の私は老境の歌が苦手だったが、最近両親を亡くしてからは老境の歌に共感するようになり、思わず涙が止まらなかった。
 
 
 
 
 
 
短歌の部屋へ
 
このホームページのトップへ

HMV
タワーレコード
indiesmusic.com

このHP作者に関係のある別HPです。

温泉天国・鹿児島温泉紹介!

  

カミタク・ブログ

  

STATISTICS
炭鉱マニア

  

鉄道艦船航空陸自マニア

  

ネットDE討論@Marine

 
 
神山卓也「短歌21世紀 四月号作品評」(『高知アララギ』2008年6月号,pp.40-41) : Keywords = 短歌21世紀,歌評,短歌,現代,作品評,高知アララギ