「小暮政次短歌合評(八十七)」(『短歌21世紀』2008年12月号,pp.20−28) : Keywords = 小暮,政次,短歌,合評,短歌21世紀
   このホームページのトップへ
 
 
小暮政次短歌合評(八十七) −昭和六十年−
(『短歌21世紀』2008年12月号,pp.20−28より拙評のみ抜粋)
 
 
神山卓也
 
 
  朝晴れて島を去るべき吾らの舟を送りうづまく蒼玉の波
 
【神山卓也】 楠瀬評により、高松歌会の際の歌だと知った。楠瀬評のとおり、楽しさの満足感と名残惜しさがよく表現されていると思う。波さえ送ってくれるように思えるという感覚は、例えば恋をしたときに世の中の事象全てが祝福してくれているように思えてしまうのと同種の高揚感であろう。蒼玉とはサファイアのことである。サファイア色の海が渦巻きながら送ってくれているというのは、べらぼうに爽やかな感想であると思う。
 堀米評により、作者が「べし」を多用している旨を知った。助動詞「べし」には様々な意味があるが、ここでは恐らく意志か、或いは当然の「べし」であろう。意志であれ当然であれ、歌会が終わって帰らなければならない、という心境が込められていると思う。
 どの航路かは存じ上げない。瀬戸大橋開通前の時点なので宇高連絡船かとも思うが、楠瀬評によれば島での歌会の後なので、その島への渡船の類なのかも知れない。
 
 
  ワアズワアスの湖も見るべき旅を待ちて窓に朝々日本の梅雨
 
【神山卓也】 この歌の詳しい背景は楠瀬評で初めて知った。湖水地方を「ワーズワースの湖」と、英文学を代表する詩人・ワーズワースで形容することで、説明的ではなく思いを表現することに成功していると思う。なぜ湖水地方に行きたいのか、ワーズワースへの思い、がこの表現に凝縮されていると思う。
 楠瀬評や堀米評にもあるとおり、日本の梅雨との対比も特徴であろう。出発前の日本の梅雨と対比させることによって、英国旅行への憧れが切実に伝わって来る。「行きたい」と言わずに「行きたい思い」を、「楽しみ」と言わずに「楽しみにしている思い」を表現するのが表現力というものだと思う。
 不思議なのは、通常はワーズワースと書かれることの多いWordsworthをワアズワアスと表現したことだ。Rの発音を強調するために、「ー」に代えて「ア」にしたのだろうか。慶應義塾塾員の私には、福澤諭吉先生の現代とは異なる英語固有名詞訳が想起され懐かしい。
 
 
  かの閃きをとらへむとしてとらへ得ぬ生と虚妄のあひだの試み
 
【神山卓也】 この一首の解釈も一首への感想も、楠瀬評や堀米評のとおりであろう。歌人ならば誰もが共感かつ実感するところだ。この点については、前二者が既に言及しているし、読者も歌人ならば同様であろうから、敢えてわざと言及しないことにする。
 ここで歌道鍛錬修行中の身として「先人の歌に学ぶ」という見地から注目したいのは、表現力である。誰もが感じる思いというのは、下手すれば常識的だったり、歌材の選び方という点で「月並み」に墜ちてしまったりして、失敗しがちな歌材であろう。また、歌に臨む姿勢という歌材は、一歩間違えれば観念論に堕ちてしまうリスクがある歌材であろう。
 ところが、この一首には、このような失敗が無い。歌壇の一部の歌人の作品の観念論臭さと、その背景に窺える「物のとらえ方、認識の仕方の限界」に最近べらぼうに辟易しているので、この一首に救われる思いがする。
 
 
 
 
 
短歌の部屋へ
 
このホームページのトップへ
 
HMV
タワーレコード
indiesmusic.com

このHP作者に関係のある別HPです。

温泉天国・鹿児島温泉紹介!

  

カミタク・ブログ

  

STATISTICS
炭鉱マニア

  

鉄道艦船航空陸自マニア

  

ネットDE討論@Marine

 
 
Keywords = 小暮,政次,短歌,合評,短歌21世紀