神山卓也「現代の一首・村木道彦 歌評」(『短歌21世紀』2008年10月号,pp.41) : Keywords = 短歌21世紀,歌評,短歌,現代,一首,村木道彦
   このホームページのトップへ
 
 
現代の一首・村木道彦 歌評
(『短歌21世紀』2008年10月号,p.41)
 
 
神山卓也
 
ゆふやみは渓(たに)の底より湧き出でていま山稜をあふるるばかり
(村木道彦)
 
 
 本年、ながらみ書房から出た歌集『存在の夏』の中の一首である。歌集を通した全般的な印象としては、「はじめに観念ありき」という歌が並んでいるように思えたため、個人的にはお手本にしたい歌人とは思えなかった。これは、写生か浪漫か前衛かという方法論の相違以前に、頭でこしらえているか感動しているかという相違点であるため、賛成できないということである。
 
 もちろん歌集掲載歌全てが観念論に凝り固まっている訳ではなく、選んだ一首は、歌集の中では素直に感動が詠まれている歌を選んだつもりである。また、評者たる私自身が歌道鍛錬の修行の過程で表現力を身につけるためには、良き抒景歌に学ぶ必要があるという見地から、抒景歌を選んだ。
 
 作者の視点は、その山稜から離れた所にあるのであろう。ゆうやみが谷を埋めていく様が、実によく表現されていると思う。実に素直に、谷間の夕景に感動した作者の思いが詠み込まれていると思う。歌力の地力は抒景歌に現れるという観点からはこの一首は素晴らしく、同一歌集中の他の歌も同様だったら良かったのにと思った。
 
 
 
 
 
短歌の部屋へ
 
このホームページのトップへ

HMV
タワーレコード
indiesmusic.com

このHP作者に関係のある別HPです。

温泉天国・鹿児島温泉紹介!

  

カミタク・ブログ

  

STATISTICS
炭鉱マニア

  

鉄道艦船航空陸自マニア

  

ネットDE討論@Marine

 
 
神山卓也「現代の一首・村木道彦 歌評」(『短歌21世紀』2008年10月号,pp.41) : Keywords = 短歌21世紀,歌評,短歌,現代,一首,村木道彦