神山卓也「現代の一首・篠 弘 歌評」(『短歌21世紀』2004年05月号,p.63) : Keywords = 短歌21世紀,歌評,短歌,現代,一首,篠弘
   このホームページのトップへ
 
 
現代の一首・篠 弘 歌評
(『短歌21世紀』2004年05月号,p.63)
 
 
神山卓也
 
コンコルドいま炎上すともに乗りしローランからの通話は哭けり
(篠 弘)
 
 
 二〇〇三年発行の最新歌集『軟着陸』の一首。ローラン氏は、小学館の編集者だった作者がかつて、南米の美術館撮影交渉のため共にコンコルドに乗った仕事仲間だ。コンコルドは英仏共同開発の世界唯一の超音速旅客機で、二〇〇〇年七月二六日に墜落した。この一首はその際のものである。一首の抒情の中心は作者よりはむしろ、フランス人としてのローラン氏の国威のプライドの喪失感であろう。
 
 第二次世界大戦後のフランスは、揶揄や失笑と共に語られることが多い「ドゴール主義」に象徴されるように、国力対比で身分不相応なプライドを振り回す、露骨に本音を申せば夜郎自大国家である。そのフランスが威信をかけたコンコルドの墜落・炎上はフランス人にとっては、アイデンティティの喪失にもつながりかねない悔しさと屈辱である。この一首には、そのようなフランスの友人の気持ちがよく詠まれていると思い、極めて涙ぐましい歌材だと思う。
 
 フランスはイラク反戦にドイツを誘いながら、自らは対米協力に備えて地中海に空母を派遣していた。夜郎自大ではあるが、ドイツのように純情可憐(外交上は失笑語)ではない二枚舌はさすがだ。
 
 
 
 
 
短歌の部屋へ
 
このホームページのトップへ

HMV
タワーレコード
indiesmusic.com

このHP作者に関係のある別HPです。

STATISTICS

  

炭鉱マニア

  

鉄道艦船航空陸自マニア

  

ネットDE討論@Marine

 
 
神山卓也「現代の一首・篠 弘 歌評」(『短歌21世紀』2004年05月号,p.63),Keywords = 短歌21世紀,歌評,短歌,現代,一首,篠弘