「短歌21世紀2003年12月号ウィング21欄作品評」(『短歌21世紀』2004年01月号,p.96) : Keywords = 短歌21世紀,作品評,短歌,ウィング21
   このホームページのトップへ
 
 
短歌21世紀2003年12月号ウィング21欄作品評
(『短歌21世紀』2004年01月号,p.96)
 
 
神山卓也
 
責任の所在を言いてやまぬ人あきらかにあれは楽しんでいる
井上佳香
 歌の品質としてどうかという観点ではないが妙に心に残った。仕事で共感する局面は多いと思う。現役世代ならではの歌材だ。
 
 
視界開け間に臨む海の色同じところと違ふ部分と
うな垂るる君を追ひ越す瞬間の白き項に足を止めたり
桜井敏幸
 前者は、十二月号のウィングでは心に残った抒景歌なので挙げた。下の句に作者自身の目で見た写生があると思う。後者は官能的なな歌と言うべきか。評者は官能という語は好きではないが、この一首は良いと思う。
 
 
週に一度保育園の帰りにスキップしてパン屋へ寄れり吾子と共に
山崎まり子
 ただごと歌に過ぎぬかも知れない歌だが、私事で恐縮ながら国民のささやかな日常を守りたくて政治の世界に足を踏み入れた評者にとっては、非常に心惹かれる歌材だ。最近評者は、鑑賞する側の思いと共鳴するか否か、という鑑賞法があっても良いと思っている。
 
 
みずの上にみずは重なりみずうみの世界が歪むまでを眺める
魅弥華韻
 この作者の傾向は、良くも悪くも青年にありがちな観念的な点にあると思う。この一首は、この作者の十二月号の作品の中では観念性が最も抒情的にもなり得るものである。
 
 
九年住めばいたしかたなし壁紙はいたく汚れるスイッチのめぐり
木戸京子
 長い間住んだ部屋の汚れが目に浮かぶような歌だと思う。若手独身者ならば他人事とは思えない情景であろう。
 
 
喉渇き苦しき故と断れず母の作りしヨーグルト飲む
河村 浩
 母の気持ちを思って喉が渇いているが故の自分の思いを抑える心のゆらぎが現れていると思う。評者以外にも、このような細やかな情感に心を動かされる者は多いだろう。
 
 
彼岸花咲きをり赤き波のごと怒りは静かに悲しみとなる
小松桂子
 この歌は、この作者の他の歌に比べて詠む対象を多く拡げずに絞り込んだ上で素直に詠まれている点が良いと思う。怒りや悲しみのトリガーになった事象は不明だが、歌は説明ではないのでそのような詮索は不要であり、赤い彼岸花を見ている内に生じた作者の内面の変化こそがこの一首では重要であろう。
 
 
この味に浮かぶ畑に実りたる遠き田舎の香り届きて
根津志保子
 田舎というのが一般的な意味での農村地帯と作者自身の故郷とのいずれを指すのか不明であるが、一首の中の感動の深みという観点からは作者の故郷と解釈したい。実家から送られてきた食べ物を前にして故郷の情景が浮かんだ、という歌ではないだろうか。
 
 
髪切ったことに今さら気付くのか何も言わないで私の前では
佐々木和圭子
 この作者は他の歌も見れば子供もいる様子なので、この一首の相手は恋人というよりはむしろ夫かも知れないが、一般的にも恋愛歌として鑑賞可能な歌だと思う。歌材としては情景が類型的であるという欠点はあるが、だからこそ普遍的で共感し易いであろう。
 最近、ウィングの出詠が少ない。もっと若い人達に出詠して欲しい。
 
 
 
 
 
 
短歌の部屋へ
 
このホームページのトップへ
 
HMV
タワーレコード
indiesmusic.com

このHP作者に関係のある別HPです。

STATISTICS

  

炭鉱マニア

  

鉄道艦船航空陸自マニア

  

ネットDE討論@Marine

 
 
Keywords = 短歌21世紀,作品評,短歌,ウィング21