「小暮政次短歌合評(二十五)」(『短歌21世紀』2003年10月号,pp.12−20) : Keywords = 小暮,政次,短歌,合評,短歌21世紀
   このホームページのトップへ
 
 
小暮政次短歌合評(二十五) −昭和十八年−
(『短歌21世紀』2003年10月号,pp.12−20より拙評のみ抜粋)
 
 
神山卓也
 
 
  空たかく吹きゆく風のしづまりに吾が妻に甘えゐる猫の声
 
【神山卓也】 相澤正は、私の世代の歌人でも名前を聞いたことがあるであろう伝説的なアララギ歌人で、出征して早世したことが惜しまれる歌人だ。この一首の背景に関する府川評(注1)については、前二評者ご指摘の他の三首(注2)の直接的な出征の歌抜きには読み取ることが難しいため、選歌した趣旨まで含めて鑑みれば西村評に賛成したい。戦時下の不安な思いというのは敗戦を知る現代人の後講釈であり、マトモな普通の国なら社会主義国も含めてどこでも軍務は国民の崇高なる義務であり、小暮直接出征三首には不安感よりも応援の思いの方が強いのではないか。「不安な思い」評には現代の価値観に基づく予断があると思う。
 ただし兄の出征が本音でうれしいと思うこともなかろうから、兄の出征を思う妻に対するいたわりという前二評者説には賛成だ。また、激動の時代の中でこの一首のようなささやかな日常的光景に癒しを見いだすのは、現代だけではなく過去においても同様だろう。
(注1)この一首が木暮政次妻杉子の兄であり、アララギ会員相澤正応召の歌であることに伴う府川富造氏の指摘。
(注2)木暮政次の以下の三首を指す。
芝の上に春の夕べの光さしまのあたりにし直き兵君
春草に淡くやはらぐ光あり御楯を直く立つ君を見る
青雲にとどろき進むみ軍をたけきみ魂の率ゐたまへり
 
 
  海に向ふ歩道は暑く豆干せりそのくれなゐの掬ふばかりに
 
【神山卓也】 食糧事情悪化時点についてインターネットで検索調査してみても確認できなかったが、昭和十八年は連合国に制空・制海権を握られて日本の海洋通商路への攻撃が激化した年であるため、食糧事情は既に悪化し始めていたものと推測する。
 この時代背景を思えば豆を見た感動は現代とは大きく異なる可能性は高いと思うので、豆に拘る前二評に私は賛成したい。一首の情景は豊穣な今日でさえ心ときめく新鮮な光景であり、それを食糧事情が悪かった当時に見た感動は素晴らしいものであろう。結句はこの心ときめく感動をよく詠み上げたものであり、作者の歌力は素晴らしいものだと思う。後講釈として戦争の悲惨さと対比すれば、この穏やかな情景には悲しみさえ感じてしまう。
 余談だが豆を道端に出していたという点は、かつて治安が良かった頃の古き良き日本が窺えて懐かしい。現代の日本や当時でも外国ならば盗まれても自己責任だという情景だ。
 
 
  幼き貧の記憶にまつはれる機械操作も頼むべくもなりぬ
 
【神山卓也】 作者の境遇に関する前二評解説(注)に関しては私的思いで恐縮だが、経営体力を喪失した大企業の経営多角化による産業構造変化が期待できずに消去法的にベンチャー起業による新産業創出に頼らざるを得ない現下の「変われない日本」から見れば、作者の父はスピン・アウト組の嚆矢であり、その起業家精神は今の日本人にこそ真似して欲しい前向きなものだと思う。ただしベンチャー企業の多くは志半ばに潰れるものであり、それ故に作者も貧しさに苦しんだのであろう。
 私は、この一首を作者の決意表明の歌だと解釈した。機械操作が貧しい生い立ちを思い出させるというトラウマも厭わずに祖国の危機においては頑張らざるを得まい、という歌なのではないだろうか。この決意自体は良いものであろうが、このような決意をせざるを得ない情勢は悪いものであり、後に不快な記憶として作者がこの一首を歌集に載せなかった気持ちは察するに余りあるものだと思う。
(注)府川富造氏評によれば、作者・木暮政次が八歳の時に作者の父が沖電気を退職して電話機器関係の小工場を起こし、また、十五歳の時には関東大震災で工場全焼し、後に工場が復興した。
 
 
 
 
 
短歌の部屋へ
 
このホームページのトップへ
 
HMV
タワーレコード
indiesmusic.com

このHP作者に関係のある別HPです。

STATISTICS

  

炭鉱マニア

  

鉄道艦船航空陸自マニア

  

ネットDE討論@Marine

 
 
Keywords = 小暮,政次,短歌,合評,短歌21世紀