『短歌21世紀』を発行するアララギ歌人・大河原惇行の歌集『春影』の作品評(歌評)です。 : Keywords = 春影,短歌21世紀,短歌,大河原,惇行,歌集
   このホームページのトップへ
 
 
『短歌21世紀』歌評メール討論会での拙発言
大河原惇行 第七歌集『春影』 〜曖昧と魂〜
 
 
神山卓也
 
 
○ 濁り深き雲の流れを見たりけり一人の思ひ覚悟も決めむ
 
 
 『春影』中の大河原詠には、「二人の夜を」、「一人歩みかへしたり」、「孤影のかたち」など、「一人」や「孤独」の心境の歌が多い。この一首も同様であり、「一人の思ひ」の歌である。この歌が詠まれた一九九七年はアララギ終刊の年であり、既にこの時点ではアララギをやめることが議題になっていた時であるから、「覚悟」がいかなるものであるかを窺うことができると思う(注1)。もしも、いま『短歌21世紀』で試みられているようなことがアララギでも実現可能であったとしたら、「一人の思ひ」というような歌を作者は詠まなかったのではないだろうか。このように考えればこの歌は、「一人の思ひ」を詠んだ歌というよりはむしろ、「一人の思ひ」を詠まざるを得なかった歌だと評した方が適切であるような気がする。
 
 
○ 出でて歩みて何を見む風は頬うてり流れに鷺は一羽安けく
 
 この一首中にも他の歌同様にアララギ終刊を巡る作者の苦悩を読み取ることができる。風景を歌材に使いながらも主眼は作者の内面にあり、だからこそ第二句「何を見む」が活きていると思う。どこまでもどこまでも内面を追求していく詠風、これも大河原節の特徴であろう。第一句が字余りであるが、これはアララギでは文明(注2)の城東区(注3)以来字余り辞さずの気風になっていることの反映であろうし、我々アララギ門では違和感を覚えないが他流派からは違和感を持って見られる点であろう。上の句と下の句とで一見無関係なことをつなげているのは、茂吉(注4)辺りの歌にもよく見られるものだと思う。
 
(注1) アララギが終刊となる一九九七年当時、大河原惇行氏はアララギ選者であった。
(注2) 文明:アララギ歌人・土屋文明のこと
(注3) 城東区:土屋文明の歌集『山谷集』所収の連作の小題である。
(注4) 茂吉:アララギ歌人・斎藤茂吉のこと
 
 
 
 
 
短歌の部屋へ
 
このホームページのトップへ
 
HMV
タワーレコード
indiesmusic.com

このHP作者に関係のある別HPです。

STATISTICS

  

炭鉱マニア

  

鉄道艦船航空陸自マニア

  

ネットDE討論@Marine

 
Keywords = 春影,短歌21世紀,短歌,大河原,惇行,歌集