『短歌21世紀』を率いたアララギ歌人・小暮政次の短歌に対する歌評(一首評)です。 : Keywords = アララギ,短歌21世紀,短歌,小暮,政次,歌評
   このホームページのトップへ
 
 
小暮政次一首評
 
 
神山卓也
 
 
狭き狭き山野を雪のおほひ居きやぶれて吾のかへり来しかば
 
 
 歌集『新しき丘』中の、終戦で中国戦線から帰国した時の一首。山岳国家日本は、現代でさえ国土の過半が森林だという、先進国かつ高人口密度国としては奇跡的な森林残存国だ。広大で、かつ紀元前に既に森林が破壊されてしまった中国から帰った作者は、自然が豊かさな日本の山野を見て帰国を実感したであろう。作者の身近にも相沢正ら戦地で没した人もおり、生きて戻って来られた安堵感、国が破れた悔しさ、死んでいった人達への申し訳なさが混ざった複雑な感情があったのだろうと察する。雪に覆われた日本の山野は綺麗だ。生きて再び祖国を見た瞬間の作者の思いがこの一首には込められていると思う。
 
 このような歌を読むと、先人達の多くの苦難の上に現在の日本があるのだと思い、涙が止まらなくなる。先人達は、開国時には植民地化を免れ、未曾有の敗戦からは国を再建した。その歴史を思うと涙が止まらないのだ。
 
 
 
 
 
短歌の部屋へ
 
このホームページのトップへ
 
 
HMV
タワーレコード
indiesmusic.com

このHP作者に関係のある別HPです。

STATISTICS

  

炭鉱マニア

  

鉄道艦船航空陸自マニア

  

ネットDE討論@Marine

Keywords = アララギ,短歌21世紀,短歌,小暮,政次,歌評