『短歌21世紀』に載せた作品評で、青春の文学を目指して恋愛の歌を中心に選んだ歌評です。 : Keywords = 短歌,青春,文学,歌評,作品評,恋愛
   このホームページのトップへ
 
 
短歌21世紀ウィング21作品評二
「恋愛の歌を中心にして」
 
 
神山卓也
 
 
 私は、茂吉や白秋がデビューした頃のように短歌を青春の文学に戻したいと思っている。マーケティング的には他芸術との競争上、若い女性の共感を得られないようでは芸術としての市場価値が無いと思うので、若い世代に共通のテーマである恋愛を中心にして鑑賞したい。九月号で品質上良いと思ったが、木戸や小川や玲は常連組なので外して、できるだけ多くの人の歌を鑑賞してみたい。
 
 明日の朝目覚めたときは手遅れで君はいないね賭けてもいいし
大塚奈緒美
 
 恋の歌は幸福な歌よりも失恋の歌の方が良いというのはよく言われることであるが、大塚のこの一首は、文語詠だけではなく、センスの異なる現代感覚の口語詠でも同様だという実例である点が、興味深い。
 
  腕と腕かすかに触れたぬくもりが切なく今になお残りいる
澁谷かえで
 別れとは悲しみこらえもう二度と相手の背中呼び止めぬこと
山本滋子
 あの人が私にくれたあたたかい言葉が今はこの胸をえぐる
市橋直美
  忙しさに紛れているだけまだ少し寂しさの余韻が胸に残りぬ
小杉絵美
 
 これらは皆失恋の情景の模様で、時系列的には先程の大塚詠よりもせつなさ度がさらに高まる歌材で、古い例えで恐縮だが、九月号誌面はさながらオフコースの歌詞のような様相だと思った。若さのせいか大塚詠に比べてやや観念的な気配も感じられる点が気になるが、リアルタイムに恋に苦しむ年代にしか詠めない現実感がある。澁谷詠や市橋詠は喪失感を直接詠んでいるのに対して、山本詠は立ち直りへの意志を詠むことで喪失感を浮かび上がらせている。同様の立ち直る過程でも小杉詠は、忙しさに紛らわせることで対処している。四者四様だが、いずれも歌に詠むことで心理学上は昇華という防衛機制で対処している訳であり、これは、作者にとっては歌を詠む効用であろう。失恋の歌の方が幸福な歌よりも読者の共感を誘うのは、心の痛みは共有し易いからだろう。痛みを経て初めて表現や鑑賞ができる何かが芸術にはあると思う。
 
 ひっそりと咲くあじさいのきらめけり雨上がりの午後光りを浴びて
小杉絵美
 
小杉はこのような抒景歌も詠んでいて、これも失恋の投影であるように思えるが、もしかしたら深読みのし過ぎかも知れない。
 
 クラシック聞きてうっとりする夜は言葉のいらぬ愛欲しくなりき
吉永玲子
 
 吉永詠は現実の恋ではなかろう。新規というよりはむしろ、継続的なせつなさが歌材だ。
 
  みずからの足に立てるを楽しむや小さき巨人はいまだゆらゆら
井上佳香
 いやいやと首振る子供のかく汗は男の匂いをわずかに宿す
小松桂子
 
 同じ愛でも家庭を持つようになると、恋愛の歌ばかりではなく家族愛が要因として加わって来る。井上詠も小松詠も子供を持つ母親の視点が感じられる歌だ。
 
 何人の人が此処にて死んだのか手術ライトの下目をつぶる
山内理香子
 パンドラの箱の隅に残りたる希望と云ふ名の薔薇の花見る
加藤和成
 立たむとしバランス崩せば床の上にでき損ないのおきあがりこぼし
桜井敏幸
 
 最後の三首は愛の歌ではないが、心に残ったので挙げておきたい。
 
 
 
 
 
短歌の部屋へ
 
このホームページのトップへ
 
 
HMV
タワーレコード
indiesmusic.com

このHP作者に関係のある別HPです。

STATISTICS

  

炭鉱マニア

  

鉄道艦船航空陸自マニア

  

ネットDE討論@Marine

Keywords = 短歌,青春,文学,歌評,作品評,恋愛