『短歌21世紀』ウィング21の小杉絵美氏の短歌作品の一首評です。 : Keywords = 短歌21世紀,ウィング21,歌評,小杉,絵美
   このホームページのトップへ
 
 
短歌21世紀ウィング21一首評「小杉絵美の一首」
 
 
神山卓也
 
 
  一人住む部屋に帰りて階段をのぼれば未来が近づいてくる
 
 
 未来への夢や希望と、都会生活の中の孤独感や寂寥感とがミックスされた歌だと思った。作者は東京の一人暮らしの中で、多分、孤独に耐えながら必死になって青春を頑張っている。だからこそ、寂寥感と希望とはこの一首の中では決して矛盾するものではなく、寂寥感という辛さの中にも前向きな姿勢を窺うことができる。というよりはむしろ、自分を勇気づけている歌であるようにも思え、そのけなげさに対しては、「頑張ってね」と思わずエールを送りたくなってしまう。
 
 第五句からは口語発想の歌であるが、第四句中の「のぼれば」は仮定条件ではなく、本来は口語には無い確定条件の「ば」なので、文語発想も混ざっていることになる。ここで「のぼれ」は口語活用の仮定形というよりはむしろ文語活用の已然形と解するべきであろう。口語文語いずれにも頑なに拘らずに自然に用いている感覚も若者ならではのものであり、好感が持てるものである。
 
 
 
 
 
短歌の部屋へ
 
このホームページのトップへ
 
 
HMV
タワーレコード
indiesmusic.com

このHP作者に関係のある別HPです。

STATISTICS

  

炭鉱マニア

  

鉄道艦船航空陸自マニア

  

ネットDE討論@Marine

Keywords = 短歌21世紀,ウィング21,歌評,小杉,絵美