『短歌21世紀』に載せた歌友・加藤和成氏の短歌の一首評です。 : Keywords = 短歌21世紀,ウィング21,歌評,加藤,和成
   このホームページのトップへ
 
 
短歌21世紀ウィング21一首評「加藤和成氏の短歌」
 
 
神山卓也
 
 
 澄む声に鳥は鳴きたり朝あけて空は藍色の光とどめて
 
 
 一読して、気持ちの良い晴れた夜明けの光景の歌であることが分かる。東の方から太陽が昇って来た時、西の空はまだ夜が完全に明けきらずに藍色だったのであろう。或いは、太陽が昇りきらずに東の空自体がまだ藍色を帯びていたのかも知れぬ。結句の「光とどめて」というのは良い表現であり、これにより、時間と共に空の色が変化する様や、現在の空がグラジュエーション状態と化している様子がよく描写されていると思う。
 
 不思議なのは第一句である。文法上は本来、第一句は「澄む声で」又は「澄む声の」になるところであろう。作者はなぜ助詞を「で」や「の」ではなく「に」にしたのだろうか。もしかしたら第一句は鳥に直接かかるものではなく、鳥の澄む声に気づいて作者が外を見たということなのかも知れない。しかしこんなことは、夜明けの清々しい情景に比べれば大した問題ではないだろう。
 
 
 
 
 
短歌の部屋へ
 
このホームページのトップへ
 
 
HMV
タワーレコード
indiesmusic.com

このHP作者に関係のある別HPです。

STATISTICS

  

炭鉱マニア

  

鉄道艦船航空陸自マニア

  

ネットDE討論@Marine

Keywords = 短歌21世紀,ウィング21,歌評,加藤,和成