『短歌21世紀』若手歌人・小林央忠氏の歌に対する歌評です。 : Keywords = 短歌21世紀,ウィング21,歌評,小林,央忠
   このホームページのトップへ
 
短歌21世紀ウィング21 平成十一年九月作品評
小林 央忠 歌評
 
 
神山卓也
 
 
 こうもりがパタパタパタととんでいる夕やけ空をもうスピードで
 バトミントン弟とする草はらで四回れんぞくはねをうった
 
 
 一首目に関して私事で恐縮だが、私は父の転勤のため小学校後半を新潟市郊外に住んでいた。夕方になるといつもこうもりが飛んでいた。その飛び方は本当に「パタパタパタ」という感じであり、また、予想外に速い飛び方であった。不思議なことにこうもりを見かけるのはいつも夕方であり、昼間はもちろん夜も見かけないのだ。こうもりには暗いイメージがあるので夕方に見るのは意外だった。第四句「夕やけ空」からは「こうもりは夜の動物」という固定観念ではなく現実のこうもりを見ていることが分かるので、この歌はよく写生された歌だと思う。そして読み手として私は子供の頃の記憶を思い出し、この歌に郷愁の念が覚えた。作者の作意では無かろうが、私には郷愁のせつなさを感じさせる歌なのである。
 
 二首目については、前評者の解釈(注)には私は同意しない。バトミントンの打ち合いが長く続けて楽しめるように兄弟で頑張ったがなかなか長く続かず、ようやく羽が四往復したという喜びを詠んだ歌ではないだろうか。私自身子供の頃、友達とバトミントンをする際には長く続くことの方が楽しかったような気がするからだ。「れんぞく」という用語は文字通り「連続した」と解したいし、この微笑ましい情景に一首目同様の郷愁を覚える。ただし弁明するが、「運動会では順位差をつけない」旨の特定思想立脚教育に私は反対なので、競争を避ける思想の下にスマッシュの解釈をしなかった訳ではない旨、誤解を避けるべく付け加えておく。
 
(注) 『短歌21世紀』誌面では、この私による歌評は大塚奈緒美氏の歌評を受けたものとして執筆したものである。前評者・大塚氏の歌評では、小林詠二首目の下の句を、四回連続スマッシュを決めて勝ったという状況を詠んだものと解釈されている。
 
 
 
 
 
短歌の部屋へ
 
このホームページのトップへ
 
 
HMV
タワーレコード
indiesmusic.com

このHP作者に関係のある別HPです。

STATISTICS

  

炭鉱マニア

  

鉄道艦船航空陸自マニア

  

ネットDE討論@Marine

Keywords = 短歌21世紀,ウィング21,歌評,小林,央忠