『短歌21世紀』所属で短歌現代新人賞受賞の実力派歌人・岡山の木戸京子氏の歌集『みどりの色に』の歌評です。;Keywords = 短歌,みどりの色に,歌集,歌人,岡山,木戸京子
   このホームページのトップへ
 
木戸京子『みどりの色に』の一首
 
神山卓也
 
 
小指斬りて不実に詰りし激しさの悔いもあるいは激しかりきか
 
 
 木戸京子の歌が内省的であるという定評は恋の歌に関しても同様であり、もどかしく思えるまでに内なる思いを追求した歌が多い。この一首は珍しく激しい思いを詠んだものだ。作者には残酷だが、意外な一面をかいま見られてうれしくなる。恋は激しい方がいい。少なくとも私にはその方が共鳴し易い。
 
 恋人の不実に対して自らの小指を切るまでに作者は激昂した。自分を押さえている人が怒りを露わにしたときは恐ろしい。そのなじり方は極めて激しかったのではないだろうか。作者はその激しさを後で悔いており、さらに、「詰りし」、「激しかりき」と、なじった時にも後悔した時にも過去・回想の助動詞「き」が使われていることから、全てを後になってから追想していることが分かる。これは客観的に距離を置いて自分を見つめ直している訳で、激しい感情さえも一種独特の内省的な姿勢で写生しているところに作者らしさを感じる。内省派・木戸京子は、どんな歌材でもその特徴を失っていないのだ。
 
 
 
 
 
短歌の部屋へ  
 
このホームページのトップへ
 
 
HMV
タワーレコード
indiesmusic.com

このHP作者に関係のある別HPです。

STATISTICS

  

炭鉱マニア

  

鉄道艦船航空陸自マニア

  

ネットDE討論@Marine

Keywords = 短歌,みどりの色に,歌集,歌人,岡山,木戸京子