アララギ後継誌『短歌21世紀』の若手グループ「ウィング21」所属歌人・澁谷かえで氏の短歌一首評(歌評)です。;Keywords = 短歌,評,歌評,短歌21世紀,澁谷,かえで
   このホームページのトップへ
 
『短歌21世紀』ウィング21・一首評
 
神山卓也
 
 
できなくて涙を見せしあの子だが今日は来りてピアノひきいる  澁谷かえで
 
 
 澁谷さんは佐渡の高校教師である。この一首の情景は説明を要さないであろう。教え子を見守る作者の視点が窺える心温まる歌で、その暖かさに素直な好感を抱ける歌だとぼくは思う。
 
 第二句末尾の「し」は過去・回想の助動詞「き」の連体形なので、うまく弾けなかったのは以前のことである旨が分かる。全体的に文語基調の中で、第一句「できなくて」、第三句「だが」の口語発想用語が混じるなど口語と文語が不思議な均衡で混在し、文語詠でも古さを感じさせない。その均衡具合には他の歌にも見られるように作者独特の詠風があり、続けてみて欲しい感性だと思う。ただし、第三句「だが」という用語には理屈臭さが感じられるような気がして残念に思う。二月号澁谷詠は、一首目「暖色の海の景色を見ていたり仕事の疲れ今は忘れて」も、共感できる。
 
 
 
 
 
短歌の部屋へ
 
このホームページのトップへ
 
 
HMV
タワーレコード
indiesmusic.com

このHP作者に関係のある別HPです。

STATISTICS

  

炭鉱マニア

  

鉄道艦船航空陸自マニア

  

ネットDE討論@Marine

Keywords = 短歌,評,歌評,短歌21世紀,澁谷,かえで