アララギ派の源流・正岡子規の短歌を集めた『正岡子規歌集』の歌評です。;Keywords = 短歌,歌集,正岡子規,評,正岡,子規
   このホームページのトップへ
 
『正岡子規歌集』評
 
神山卓也
 
 
 『歌よみに与ふる書』をよく読めば、子規の写生は古今調の駄洒落や理屈っぽさを排して抒情性を獲得するための手段なのであり、唯一の方法論ではあっても目的ではないことが分かる。しかし、ともすれば手段と目的とをはき違えていないかという問題意識が私にはある。このため、はじめに写生ありきという姿勢ではなく、目的は抒情にあることを認識した上で、その上で唯一の手段として写生を採る姿勢が正しいと思う。そこで、原点に戻って子規の歌を読み直してみたい。子規の写生が手段である旨は『短歌』一一月号で玉城徹も述べているため先を越されたようで悔しいが、私はこのことを独力で発見して同タイミングの本誌一九九九年一一月号一一九頁で既に指摘しており、かつ、玉城とは観点も異なるので、オリジナル権は譲れない。同時発見というものであろう。
 
  松の葉の葉毎に結ぶ白露の置きてはこぼれこぼれては置く (明治三十三年)
 
 この歌は特に名歌という歌ではないかもしれないが、写生への問題意識からは、古今調へのアンチテーゼという観点から注目したい。なぜならば、白露などという古今調の歌で出てきそうな用語を用いても、写生歌では古今調と全く異なることが分かるからだ。
 
  後夜の鐘三笠の山に月出でゝ南大門前雄鹿群れて行く (明治三十一年)
  菜の花に日は傾きて夕雲雀しきりに落る市川の里  (明治三十一年)
  潮早き淡路の瀬戸の海峡み重なりあひて白帆行くなり (明治三十一年)
  寝静まる里のともし火皆消えて天の川白し竹藪の上に (明治三十一年)
 
 今読めば明治の頃の古風な詠風ではあるが、よく丁寧に写生された抒景歌であると思う。古風なだけに純朴な暖かみがあり、懐かしいような感動を覚える。かつて、ピカソでさえきちんとしたデッサンを残していてその上で絵を崩していた先例を思えば、写生の基本として先人の抒景歌に学びたい。ただし、結社外の人によくされる誤解に写生イコール抒景というものがあるがこれは誤りである。『歌詠みに与ふる書』岩波文庫版二八頁を読めば、抒景でなくても構わないばかりか、作者が実感動しさえすれば事実でなくても構わない旨が分かる。写生・非写生の切り分けポイントは事実か否かではなく、実際に作者が感動したか否かにあるのではないかと思う。逆に言えば私達初心者が、事実を詠んでいてさえ写生が足りない歌ばかりになるのは、事実を歌材にしていても作者自身の感動をよく描写できていないためであろう。事実であるだけでは不十分なのだ。繰り返して言うが写生は手段であって目的ではない。手段としての写生が未熟ならば、事実を歌材に選んでもうまくは詠めないのであり、これは現在の私が克服するべき課題だ。
 
  木のもとに臥せる仏をうちかこみ象蛇どもの泣き居るところ (明治三十二年)
 
 以前、仲間に加わったばかりの頃の大塚奈緒美が、絵を見て感動したような作者本人が実情景を見ていないものでも詠んで良いのか否かで悩んでいたことがあった。子規が絵を見て詠んだこの有名な歌が答えだろう。茂吉も『赤光』でこれに習っている。しかし、子規、茂吉いずれの場合も、同じ類の歌が並んでいるからこれは習作と見なすべきであろうし、実風景と歌人との間に画家を挟むと感動が弱まるであろうから、積極的にお薦めできるものではないと思う。風景ではなく画家の芸術自体の感動を詠むという場合もあろうが、このような思いの写生は、理由は不明だが極めて難しいような気がする。
 
  嘴と足と赤きといひし業平の昔おもほゆる都鳥かも (明治三十一年)
 
 この歌の本歌は古今・新古今時代の歌では例外的に好きな歌であり、個人的な思い入れがあるので選んだ。
 
  定めなき世は塞翁が馬なれや我病ひありて歌学び得つ (明治三十一年)
 
 結核で病床から歌を学んだ経緯が窺えるので挙げた。子規の傑作は、晩年に近い数年間に集中している。
 
  瓶にさす藤の花ぶさみじかければたゝみの上にとどかざりけり (明治三十四年)
 
 このような名歌を挙げるのは芸が無いが、奇をてらうよりも良い歌に学ぶ方が勉強になるので選んだ。結核で動けず物理的視野に制約があっても、心象上の視野は広いことが子規の写生力の凄みだ。床から見上げる視点に、病床の寂寥感がよく詠み込まれていると思う。
 
  新室に歌よみをれば棟近く雁がね啼きて茶は冷えにけり (明治三十二年)
  ガラス張りて雪待ち居ればあるあした雪ふりしきて木につもる見ゆ(明治三十三年)
  くれなゐの二尺伸びたる薔薇の芽の針やはらかに春雨のふる (明治三十三年)
  汽車の音の走り過ぎたる垣の外の萌ゆる梢に煙りうづまく (明治三十三年)
  いちはつの花咲きいでゝ我が目には今年ばかりの春行かんとす (明治三十四年)
  世の中は常なきものと我愛づる山吹の花散りにけるかも (明治三十四年)
  夕顔の棚つくらんと思へども秋待ちがてぬ我いのちかも (明治三十四年)
  枕べに友なき時は鉢植の梅に向ひてひとり伏し居り (明治三十五年)
 
 これらの歌も同様である。物理的なアングルはあくまでも部屋の中に留まる。しかしその中から子規は多くの歌材を発見して自らの心象を詠み込んでおり、心象上のスケールに限界は無い。このことは既に言い古されているのだろうが、子規の最大の凄みであるから省く訳にはいかない。限られた物理的位置にキャンバスを構えており、かつ、来年は死んでいる可能性を覚悟しているので、季節の移り変わりや一瞬の情景を歌材としてよく捉えて
いることが分かる。
 
  くれなゐの梅ちるなべに故郷につくしつみにし春し思ほゆ (明治三十五年)
 
 晩年の寂寥詠。「今年ばかりの春」は翌明治三十五年に再び巡って来たが、三度巡っては来なかった。
 
 
補足 : 子規の写生が手段である旨は既に斎藤茂吉が指摘していると、後に『短歌21世紀』の先輩・松本東亜氏に教えて貰った。この私が発見するのに数年間を要したことを既に発見されていたというのは、相手がいくら大先人・茂吉であるとは申せ、悔しいことである。
 
 
 
 
 
 
短歌の部屋へ  
 
このホームページのトップへ
 
 
HMV
タワーレコード
indiesmusic.com

このHP作者に関係のある別HPです。

STATISTICS

  

炭鉱マニア

  

鉄道艦船航空陸自マニア

  

ネットDE討論@Marine

Keywords = 短歌,歌集,正岡子規,評,正岡,子規