現代の代表的歌人の一人・加藤克巳氏の短歌の内、一首の歌評です。;Keywords = 現代,一首,歌評,短歌,加藤,克巳
   このホームページのトップへ
 

「現代の一首・加藤克巳」

 
神山卓也
 
 
  逆光に稜線の力天と地を画然と分ち端然とある (加藤克巳)
 
 作者の第十三歌集『矩形の森』の中の一首である。前立腺の手術の歌から始まる重い歌集である。一集全体を通して観念的な歌が多いと感じた。歌は感動を詠むものであって観念を詠むものではないと思うので、正直なところ作者の詠風は私の目指す方向線上にはない。とは言え、当欄の趣旨としてアララギ派には無い他派の特徴から学べるところを探すべく、感動を詠んでいて、かつアララギ派では見かけない表現技法の一首を選んでみた。 一首は、逆光に映える山の稜線の様子がよく写生されていると思う。素晴らしい情景だ。「天と地を分かち」は一見通俗であるように思えるが、厳然とした風景を前にしての作者の実感であろう。その実感は第四句「画然と分ち」にも現れている。アララギ派には無い表現だと思ったのは結句中の「ある」である。「ある」という表現は、他結社では塔でよく見かけるように思う。ただし、塔での「ある」は好きだが、ここでは「ある」のために一首が観念的になってしまっているように思うので、「ある」の使い方としては残念だと思う。
 
 
 
 
 
短歌の部屋へ  
 
このホームページのトップへ
 
 
HMV
タワーレコード
indiesmusic.com

このHP作者に関係のある別HPです。

STATISTICS

  

炭鉱マニア

  

鉄道艦船航空陸自マニア

  

ネットDE討論@Marine

Keywords = 現代,一首,歌評,短歌,加藤,克巳