ハンセン氏病で九州療養所(後の菊池恵風園)に隔離収容され,偏見や病気と闘ったアララギ歌人・伊藤 保氏の短歌の歌評です。;Keywords = 短歌,アララギ,ハンセン氏病,伊藤保,隔離,療養所
   このホームページのトップへ
 
伊藤 保の短歌
 
神山卓也
 
 
 伊藤保は大正二年大分県下毛郡山國町に生まれたアララギ歌人で、ハンセン氏病を患ったため九州療養所(後の菊池恵風園)に隔離収容され、病気とハンセン氏病への偏見に苦しみながら作歌を続け、昭和三十八年、パンチ氏病で亡くなった。ここでは、伊藤保の歌の中から心を打つものを挙げてみたい。なお、現在ハンセン氏病を癩病(らいびょう)と呼ぶのは差別用語であるが、作者本人の歌にこの語が出てくるので引用中では芸術上のやむなき要請として用いる旨、悪しからずご了承願いたい。
 
 短歌という芸術は三十一文字の中に作者の思いや人生が詰まるので、他の芸術よりも歌集一冊を読み通すのが重くて辛いものになるが、伊藤保の場合、作者の状況や時代背景上特に重い歌が続き、読後の感想は疲れたというのが本音であった。全作が感動を伴うが載せきれないので、解説を極小化してできる限り多くの歌を紹介したい。
 
  麦飯(むぎいひ)か白飯かあぢは分かぬまで病は舌に及び来りしか       昭和十四年
  みづからも堕ち入りゆかむ癩盲の互恵(ごけい)金増す議につらなりぬ    昭和十六年
  十幾年おもひを籠めし公民権復帰願(ねがひ)に小さく名を書く      昭和二十一年
  恥ぢつつも生きをのばしきて遂につひに今日われは公民権を得ぬ   昭和二十三年
 
 これらの歌からは社会・精神的にも肉体的にも重いハンセン氏病の苦しさがよく分かる。
 
  椰子の芽も食ひて戦(いくさ)に堪へにつつナバリバの濱にいたりて死にき(昭和二十一年)
  秋暑く桃の残りの葉の散れり汝(な)が霊(たま)むかふ藁火焚きをれば    昭和二十一年
 
 弟の戦死の報を聞いて読んだ歌。先次大戦の悲しみと教訓とを忘れてはいけないと思う。
 
  吊し上げの如く吾廻り芸術派造形派と呼ぶ声鼻腔に血を噴き起上りたり   昭和二十四年
  義足鳴らし来てソシアリスト彼腰を屈(かが)め「貴方の歌を尊敬してゐました」     昭和二十四年
 
 イデオロギーに凝り固まった人間の排他的偏狭さの醜さがよく写生されていると思う。
 
  秘かに裏日本に集結する韓国人義足穿き発つ汝を見送る     昭和二十五年
  秘密入国しきてこのライ園にをりなほ虐げらるる異民族きみら  昭和二十五年
 
 昭和二十五年は朝鮮戦争勃発の年。在日韓国・朝鮮人は戦前の日本の強制連行による被害者も多いが、実は韓国から戦後亡命して来た社会主義者も多かった。今日の北朝鮮の異常さを思えば、北に帰国した人達のその後の不幸を予想して悲しみを誘う。朝鮮戦争の詳細については、我が師匠・神谷不二教授の主要業績『朝鮮戦争』(中公文庫)に詳しい。
 
  辛うじてこころ抑へをり死刑をば告げられし君の飯を食ふ音    昭和三十年
  ライ患者なら仮法廷のみにて死刑にしてよきや最高裁よ訴へを聞け 昭和三十年
  無断外出罪ありて留置場に入れられて減食されし妹は亡し     昭和三十年
  ライをうとむ叔父の証言にて死刑受くる君の無罪をいよいよ信ず 昭和三十二年
  吾ら癩患者国会に行進をするを待ち防毒面備へゐる予防衣の警官 昭和三十二年
 
 これらの歌からはハンセン氏病への世間の偏見がいかに激しかったかがよく分かる。作者達は単に病状に対してだけではなく、世間の偏見や差別とも戦わなければならなかった。
 
  みぎりひだり雪の吹きつくる方に吾の移りて汝と副(たぐ)ひゆくなり   昭和十五年
  遅れがちにつきくる汝の幼くて暁(あかとき)霜(しも)に濡(ぬ)れし身寄せぬ  昭和十五年
  段梯(きざはし)を昇るつつしみにひそかにも呼吸(いき)を呑みつつ君をかばひぬ   昭和十六年
  浄くきよく処女(をとめ)を守りきてけふのともしびの下に羞(はにか)めるかも    昭和十六年
  此の部屋にひとり乱れて祷りにきけふ妻とある幸(さち)思ひ沁む     昭和十六年
  病める身を諾ひて神に縋(すが)るわが妻に身ごもる子をおろさせぬ    昭和十九年
  柔毛(にこげ)立ちて露のひかれる熟桃(うれもも)をもぎてあたへむ子のわれになし   昭和十九年
  山草をくぐる嘴赤き小鳥をりと吾を呼ぶ妻の稚(をさ)なさびし声    昭和二十三年
  崩れゆく身を看(みと)りあひつつ衰へぬ妻は吾胸を掻きむしる夜半に  昭和二十五年
  栗の花こぼれ散りくる羊歯のなか哀れなる胎盤を抱ききて埋む  昭和二十六年
  わが精子つひにいづべき管(くだ)閉ぢき麻酔さめ震ふ体ささへて帰る  昭和二十六年
  死にし後も柔らかく髪の伸びにけるわが嬰児を標本壜に置く   昭和二十九年
  妻に背負はれ水底の赤き睡蓮の芽をみぬ結婚記念日けふは     昭和三十年
  圓(まどか)清(きよし)と妻が堕ろしし子に名付けわが息の間は詫びて祷りぬ    昭和三十四年
  亡き子ふたり生きて身に副ふごとくにも葵の花の咲きてゆらぐも 昭和三十四年
  やすらかにいまは心寄る二十年われに副ひてからだ痩せし妻   昭和三十五年
  ひとりみしわがうつしみの愚かさも妻にゆるしを乞ひて眠りぬ  昭和三十五年
  よみがへり妻を犠牲(いけにへ)になほ生くるわが残年は日々に身を責む   昭和三十六年
 
 作者と妻との関係をよく表した歌を選んでみた。ハンセン氏病ゆえに子供を作ることを許されなかった悲しみがよく詠まれていると思う。暖かさと悲しさとが感想として浮かぶ。
 
  雲のなかにあかねの煙噴きて居つ阿蘇山(あそやま)の空けふもさだめなし   昭和十四年
  けふ一日雲の閉ぢゐし山並に月は照りつつ阿蘇の山見ゆ      昭和十四年
  月照りつつ明けゆく阿蘇の北傾斜つもれる雪の舞ひ騰(あが)りみゆ    昭和十五年
  円き峰鋭き峰の巌(いはほ)あらはに雪消えゆきて青みわたれり       昭和十五年
  嵐ふくむ雲は外輪を湧きのぼりあかとき虹の阿蘇山に立つ    昭和三十三年
  阿蘇山は夕暮れゆきてやまもとの狭間はざまに光る池見ゆ    昭和三十六年
 
 作者の抒景歌によく出る題材は阿蘇山である。熊本県人にとっては、精神的にも特別な存在の山なのであろうと推測する。
 
  伏すわれの頬に頭に寄りてねし雀も死にてしづかなる夜半       昭和三十五年
  流れくる霧に木の芽の匂ひしてわが吸ふ息の胸に入る音        昭和三十六年
  震ひつつ泣きつつ妻は血のつまるわが咽喉にに手を入れ吐かせくれをり  昭和三十七年
 
 晩年が近づいて来た頃の歌。やがて命数が尽きて、昭和三十八年に作者は亡くなった。
 
 
 
 
 
短歌の部屋へ  
 
このホームページのトップへ
 
 
HMV
タワーレコード
indiesmusic.com

このHP作者に関係のある別HPです。

STATISTICS

  

炭鉱マニア

  

鉄道艦船航空陸自マニア

  

ネットDE討論@Marine

Keywords = 短歌,アララギ,ハンセン氏病,伊藤保,隔離,療養所