昭和後半のアララギを代表する歌人の1人・吉田正俊先生の短歌の歌評です。;Keywords = 短歌,昭和,アララギ,歌評,吉田,正俊
   このホームページのトップへ
 
アララギの人々−吉田正俊・企業の人として
 
 
神山卓也
 
 
 
 吉田正俊は、昭和三年に東京帝大法学部を卒業後東京石川島造船所自動車部(現いすゞ自動車)に入社し、以来、業務の傍ら作歌を続けて来た。本稿では企業の人としての作者にスポットを当ててみたい。
 
 今回吉田作品を読み直して気づいたことは、
 
  春尽くるあはれも吾の感ぜねば仕事のうへに今日も争ふ  『朱歌片』
  おのずから時に仕事に争へどすでにまとまりし組織の中にゐぬ
  憤りやがてしづまりゆく夜ふけ長き鋪道を歩みて帰る
  やりどなき怒りは昨日も今日もつづきただ安らかに眠りたく思ふ
  この人を讃ふる詞に(ことば)涙出で来り何かもやもやと纒りなき感情が鬱積す
  今日の日も怒りをからうじて堪へ来り涼しき夜半に嘆かふものか
  むしばまるる命に寄せて憤りしも幾年か経し今は嘆かふのみ
  罵りて一人慰む余裕すらなくなりしわれを何とかもせむ
 
のように怒りの歌が多いことである。企業の中にいれば、社内外の業務関係者の仕事に苛立ちを覚えたり、会社がおかれている外部環境や社内での自分の位置や業務・プロジェクトの有り様がどうしようもない状況に陥ったりして、怒りを覚えることが多い。このような怒りの感情はビジネスマンにとってはよく分かり、シンクロし易いものだ。特に、作者にとって最も油の乗り切った三十〜四十歳代は不幸にも、日本が戦争に巻き込まれていき、やがて敗戦後の混乱期となった、最も外部環境の厳しい時期に重なってしまった。これは平成大不況により、経営危機(=失業の恐怖)や業容縮小(=昇進の機会減少)にさらされている現代の企業人にとっては、身近に感じられる時代背景である。半世紀以上前の歌であるが、現代でも決して古くはなっていない。
 
 このような怒りの感情は、
 
  たまりたる仕事終日(ひねもす)に急ぎゐて修善寺に遊びしを一人して思ふ  『天沼』
  相会ふは十数年ぶりの友ながら仕事をもちて別れゆくべし
  狭くなりし吾が眼界か人に会ひ仕事の外を話せなくなりぬ
  また忙しくなるのか漸く長くなりし夕べの光の中にゐて思ふ  『霜ふる土』
 
というような多忙さによるものであろう。また、自分の忙しさのほか、
 
  すぐれたる人の幾人(いくたり)か目のあたり仕事なしつつ老いづくを見つ  『天沼』
  よき人の世に容れられぬ実例を今日この会ひに君は言ふかも
  はげしき気力は人々に誤られつつ組織の中に働きて死にぬ
  君が死を早めし中に吾れ在りてみ棺の(ひつぎ)まへに頭垂れたり
  とどろける機械の止(や)みしひとときの吾が感傷は知らざりき君は
 
など周囲の状況からも怒りや悲しみは生じるだろう。特に後半三首は同僚の死という、やりきれないような悲しみを詠んだ悲痛な歌だ。
 
 このような日常で作者の心を支えたのは、
 
  八年まへ吾に仕事を与ふる時さとし給ひぬとりとめなき日々が続くものぞと  『天沼』
 
 という郷里の先輩の言葉や、
 
  事務室よりさわだつ海が見ゆることをひそかごとの如く楽しむ  『天沼』
  日のあたる敷石に来て背伸びする猫あり今日のわが心の友  『霜ふる土』
 
などのエア・ポケットのような瞬間であろう。
 
  鋳型つくる人休みなく働けばわが思ひたり賃金計算の方法  『天沼』
  単調より来る不平のなきを希(ねが)ふ砂丘を越えてしきる白波
 
などのように管理する立場にあった作者は、やがて出世街道を駈け昇っていく。
 
 日本の自動車工業は戦後、設備老朽化と過剰労働力と当時の狭い市場に苦しみ、作者のいたいすゞでもドッジ・デフレ時に大量首切り実施に至ったが、朝鮮特需で息を吹き返した。しかし当時、外国車が国内乗用車総供給の六十四%に達するなど生産力が弱く、しかも性能、価格、スタイルの全てに渡って見劣りがしていた。このような時代背景下の昭和三十一年、作者は日本生産性本部のマーケティング専門視察団の一員として渡米した。
 
  はや判らぬ単語いくつかに気おくれして入国許可のサインを待てり  『霜ふる土』
  ダイレクトメールいまだ衰へぬ機構見たり幾廻りしてゆく資本主義
  いくど問ひてもはぐらかさるる如き答の中流通経路にデスカウントハウスあり
  この理論を反芻して故国を思ふとき何がなし心さびしくなりぬ
  おづおづとわれは質(ただ)せり御身の国に勿体なしという語彙ありや
  高きビルヂングの落せる影は交錯してわれを追ひ越す一人また一人
  見えざる手が少しづつ自由を統制ししづかに変貌する資本主義
 
 産業政策成功後の今日から見れば卑屈なまでの感覚がこの数首にあるのは、時代背景上やむを得ない。また、主義や思想を廃した物理学同様の実証科学としての経済学の専門教育を受けた私の視点から見れば、資本主義の「主義」なる語には、「自然法則は人間にとって応用することはできても抗うことはできないにも関わらず、主義だの思想だのという語は、人間の意志で自然法則を変えられるかのごとき世界観を前提として使われるものである」点において、拒絶感を覚える。物理学では主義や思想などという代物は無用だ。同様に、実証科学としての経済学にとっても主義や思想などという代物は、その内容の如何に関わらず邪魔な足枷でしかない。しかし、未だ貧しかった時代背景と、現代の実証理論経済学の導入が一橋や慶應よりも遅れていた東大の出身である作者の経歴とを思えば、この経済観の限界はやむを得まい。企業経営と経済学は全く別物であるので免責であり、また、これは歌の優劣の問題でもない。
 
 作者はいすゞで役員に上りつめたという。現在自動車産業は、いずれ五大連合に集約されると噂される程厳しい国際的大再編成の最中にあり、五大連合の一つトヨタと独立維持可能なホンダ以外の日本の自動車メーカーは、例えばマツダの経営権をフォードが握ったように、吸収される側に回るだろうというのが業界分析の定説である。作者が存命で未だ現役の企業人だったならば、この現状をどう詠んだであろうか。気になるところである。
 
 
 
 
 
 
 
短歌の部屋へ
 
このホームページのトップへ
 
 
HMV
タワーレコード
indiesmusic.com

このHP作者に関係のある別HPです。

STATISTICS

  

炭鉱マニア

  

鉄道艦船航空陸自マニア

  

ネットDE討論@Marine

Keywords = 短歌,昭和,アララギ,歌評,吉田,正俊