『短歌21世紀』を代表するアララギ歌人・小暮政次先生の短歌一首の歌評です。;Keywords = 短歌,和歌,アララギ,短歌21世紀,小暮,政次
   このホームページのトップへ
 
小暮政次の一首(歌集『新しき丘』より)
 
 
神山卓也
 
 
   犠牲たたふる記事の形式もさだまりて従弟の写真今朝われはみつ
 
 『新しき丘』の中でも初期の昭和十二年の作である。国民党の圧迫から逃れるべく国共合作を進めようとして、中国共産党劉少奇部隊が工作した蘆溝橋事件が契機となり、前十一年から日本軍と国府軍が全面衝突に陥った(注)。この昭和十二年には上海事変や南京事変にまで戦火が拡大した。恐らく、作者の従弟は、この日中戦争の過程で戦死したのであろう。
 
 記事編集のワークロード上、一件一件の戦死記事が定型化することはやむを得ない。しかし、将兵一人一人にとってはかけがえのない人生が終わってしまうのであり、その戦死が定型的な扱いで片づけられてしまうことは、遺族にとってはせつなく辛いことであろう。
 
 この一首には、従弟が戦死した作者の持つこの悲しみが感じられる。作者の感情は憤りであるという解釈も成り立つが、それよりはむしろ悲しみであるように思える。事実のみを述べながらも、下手な思想詠などよりも遙かに戦争の持つ非人間性が現れていると思う。
 
 
(注) 蘆溝橋事件の発端は、教科書レベルでは誰が発砲したのか不明であるとされており、政府も中国政府への刺激を避けるべくこの見解を維持している。しかし、秦郁彦の研究(秦『蘆溝橋事件の研究』)では日本軍の発砲ではなく、中国軍の発砲であった旨が明らかになっている。ただし、この発砲が単純に国府軍によるもの(わざとではなく恐らくは事故)であるのか中国共産党の謀略によるものであるのかの二説に決着が着いていないことは現時点での学術研究の限界であり、この拙稿のごとく劉少奇部隊による工作である旨は未だ定説ではない。しかし、一時中国共産党軍に従軍していた葛西純一証言が研究者の間では有名であり、この証言による劉少奇部隊謀略説を私は採るので、このような表現にした。なお、劉少奇部隊謀略説を採っても中国共産党にとってはむしろ誇るべき特殊工作作戦上の成果だと思うので、劉少奇の名誉回復後の現在の中国政府がこの説を隠している理由は不明である。恐らく、日本軍謀略説の可能性を残しておかないと中国自身や日本の左派系インテリが日本を悪役にできないので、外交上のカードに利用するべく中国政府が過去の成果をあえて隠しているのではないかと推測する。
 
 
 
 
 
 
 
短歌の部屋へ  
 
このホームページのトップへ
 
 
HMV
タワーレコード
indiesmusic.com

このHP作者に関係のある別HPです。

STATISTICS

  

炭鉱マニア

  

鉄道艦船航空陸自マニア

  

ネットDE討論@Marine

Keywords = 短歌,一首,アララギ,短歌21世紀,小暮,政次