『短歌21世紀』所属の熊本のアララギ歌人・松本東亜氏の歌集『海のひかり』の歌評です。;Keywords = 歌人,歌集,アララギ,短歌,熊本,松本東亜
   このホームページのトップへ
 
松本東亜歌集『海のひかり』を読んで
 
 
神山卓也
 
 
 
 歌集『海のひかり』は松本東亜氏の第一歌集で、昭和五十五年から平成元年までの十年間の作品三百四十五首が収められている。氏の年齢で言えば二十七歳から三十七歳までのものである。松本氏は、アララギ会員である父東邦氏の指導下に短歌を始め、昭和四十五年、十七歳でアララギに入会した。宮崎大学農学部進学し、昭和五十三年の大学院修了と同時に帰郷して熊本市近郊の菊陽町役場に就職した。氏がくれた私信によれば、氏は土屋文明、中村憲吉(『林泉集』、『磯の光』)、小暮政次、吉田正俊、柴生田稔、大河原惇行(『流速』、『鯉の卵』)に学んで作歌に励んできた。このことは、二十代から三十代の我々にとっては、すぐ上の世代の先輩である氏の歌道鍛錬の道筋として参考になる話である。
 
 氏の人生の上では、本歌集の期間は職場で新人期間を脱した直後から中堅にかけての期間になる。題材としては職場詠や婚約以降の家族詠が中心であり、また、氏の特徴として星を詠んだ歌が多い。歌人の老齢化が進む中、現役の職場詠を詠める立場にある歌人は貴重なので、本稿では特に職場詠を中心にして紹介したい。
 
  交渉を切り上げて帰る午前零時霜置く車の窓を拭きたり
  反対者ら一人又一人崩れゆきて残る三人に同意促す
  その場凌ぎの行政なりと批判して農夫は工事同意書に印を押す
 
 これらの歌は、耕地係で水田基盤整備を行っていた頃の歌である。利害調整が絡む仕事での苦労がしのばれるものである。
 
  進展せぬ用地交渉と並行して第二候補地の選定を急ぐ
  テクノポリス第一次指定の内示有りと君は口早にメモを読みはじむ
  諦めの心に一夜の明けたれば人の心は動きをりにき
  代替地捜しに一年君と苦しみき今日農業委員会の許可は下りたり
 
 これらの歌は、氏が企画係にいた頃に、テクノポリスによる企業誘致に尽力していた頃の歌である。テクノポリスは、第三次全国総合開発計画(三全総)の一環として昭和五十八年に定められたテクノポリス法に基づくものである。三全総における地域工業開発は、全総での新産業都市による重化学工業開発とは異なり、先端技術産業に重点を移したものであった。このため、従来の船舶輸送よりも航空機による軽量高速輸送の比重が増した。臨空工業地域としての基盤と、半導体産業に必要な良質の水資源とに恵まれたため、熊本はテクノポリスに制定されたのである。工場誘致に目的を変えたとは申せ、ここでも氏は、用地買収や移転農家への代替地探しという泥臭い苦労をしていた様子が分かる。なお、歌人は社会と無縁ではないので社会詠を詠むべきとの安易な議論を見かける機会があるが、私はこれに反対である。なぜならば、社会情勢はイデオロギッシュな社会詠としてではなく、氏の作品のように誠実な日常の中にこそ現れると思うからである。
 
  人と話す余裕もわれになき日なり交付税基礎数値の算定に追はれて
  執拗な予算要求を止めてゐる隣室の君の声が聞え来る
  十億円の予算超過を如何にせむ基金取り崩しに望みをつなぐ
 
 これらの歌は氏が財政係にいた頃のものである。予算策定業務に忙殺された実務体験を持つ者であれば、これらの歌はよく実感が湧くものである。
 
  マルチプランの操作に追はるる日は過ぎてDOSを学べるゆとり出でたり
  有田川越えて南下す電車の窓に西日大きく光差し来る
  機器操作に長けたると法律に明るきと吾がスタッフに加へられたり
  オンラインは本支所連結の要にて端末機操作の説明日を組む
  システムを組まむ住民基本台帳は複雑なり転入転出世帯主変更の数々
 
 これらの歌は氏が情報管理係にいた頃のものである。三十五歳になってからコンピューター導入業務を担当し、苦労したようである。時代背景としては地方自治体の電算処理が普及した頃であり、また、DOSが普及し、パソコンが業務に使用され始めた頃になる。先行他町村に見学に行ったり、要件分析のために法律のプロを開発チームに加えたり、要件定義の際に事務処理パターンの複雑さで苦労している様子が窺える。電算化の要諦は、或る部署で入力ロードが増えても、別の部署で出力ロードが減れば総合的にロード削減が図れ、このロード削減効果が開発費用を吸収できるならば費用対効果を享受できる、という点にある。ここで氏は、パンチ原票によるバッチ入力を避けて、オンラインによるリアルタイム入力方式をオフコンを用いて実現した。
 
  生まれ来る子をあづけ妻の働くに二台目の車を買ふは仕方なし
  園に預けミルクに馴染みてみどり児は母乳をすぐに飲まなくなりぬ
  勤め持つ妻は夜中に起きてをり時違へ泣くみどり児抱きて
  妻に子をわれは任せて期限迫る用地交渉に今宵も出でぬ
  わが母の逝きし齢を超えし妻に願いはひとつ共に老ゆること
 
 氏の歌の背景の特徴の一つは、核家族化と共稼ぎ世代の光景である。この辺りの様々な思いはむしろ当歌集以降に多く詠まれているが、ここでもこれらの歌のようにその情景がよく詠まれている。氏もご夫人も共に忙しい中で、子育ての苦労がしのばれる歌である。これらの歌も今日的な情景である。また、早く実母を亡くした氏の思いが、ご夫人への愛情としてよく現れている。
 
 氏の歌には、その特徴である星を詠んだ歌など他にも共感できるものが多いので、歌集を是非ともご一読されたい。こうしてみると、氏の歌には極めて現代的な時代背景の上にあることがよく分かると思う。
 
 
 
 
 
 
 
短歌の部屋へ  
 
このホームページのトップへ
 
 
HMV
タワーレコード
indiesmusic.com

このHP作者に関係のある別HPです。

STATISTICS

  

炭鉱マニア

  

鉄道艦船航空陸自マニア

  

ネットDE討論@Marine

Keywords = 歌人,歌集,アララギ,短歌,熊本,松本東亜