■ 第57回全国大会予稿集(日本情報経営学会
日本情報経営学会第57回全国大会での学会報告(研究発表)です(2008年秋)。
   このホームページのトップへ
 
 
鹿児島県における地域ブログ・ネットワークと地域SNS
 
 
 
Regional blog network and region SNS in Kagoshima Prefecture
 
 
 
神山卓也
Takuya Kamiyama
 
 
 
1.はじめに
 筆者は1999年から3年間,経済産業省所管の特殊法人(当時,現・独立行政法人)である新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)に出向して国の石炭政策に従事し,最後の国内大手坑道掘り炭鉱閉山に伴う「行き場の無い大量失業」に立ち会った.この経験を研究動機として地域産業振興を,事例地域としては前任地・鹿児島に定めて研究してきた(神山, 20072008a等).
 
 2007神山(2008a)で前回筆者は,鹿児島県の観光食料産業クラスター振興のための方策として,鹿児島観光の知名度向上を目指した地域のマーケティングのための「SEMによる訪問型営業プロモーション・モデル」のテスト・マーケティングの結果を報告した.本稿では,国土交通省選定観光カリスマの山田桂一郎の講演での発言「地域住民自身が楽しんでいない場所に来る観光客はいない」(神山,2008b)に基づき,鹿児島県における地域ブログのポータルサイト「さつまブロ」(http://npokkq.org/blog/)と,鹿児島テレビ(KTS)が運営する地域SNS「NikiNiki」(http://www.ktstv.net/_t38)とを事例にして,鹿児島県内の地域CGM(Consumer Generated Media)の動向を概観する.地域SNSや地域情報交流基盤については,例えば庄司(2007)や河井(2007)のようにガバナンス(eデモクラシーのような政治も含む)や行政の視点からの分析もあるが,本稿では同様に地域振興を目的としながらも,地域のマーケティングにおけるコンシューマーの視点からの事例紹介を行う.
 
 多忙な中で資料をいただいた鹿児島テレビ放送株式会社(KTS)の池田耕毅氏(以降敬称略)にこの場を借りてお礼申し上げる.また,本研究は筆者の余暇時間を利用しての私見であり,筆者所属会社,KTS等の組織は本稿に関して免責である.
 
2.先行研究
 地域SNSの先行研究は国内では国際大学グローバル・コミュニケーション・センター地域SNS研究会(http://www.glocom.ac.jp/project/chiiki-sns/)の研究が知られている.庄司(2007),庄司(2008a)では,有用な知が弱い紐帯(ties)からもたらされる旨の「弱い紐帯の強さ」のパラドックスで知られるGranovetter(1973)以来の社会ネットワーク論を,ソーシャルキャピタル(社会関係資本)論と情報プラットフォーム論とを組み合わせて,SNSサイト内では強い紐帯の「ネットワーク閉鎖論」が成立するとした上で,よそ者たる新メンバーを入れることで同質性の弊害を免れながら地域活性化を図れるとする「地域SNSによる地域活性化」モデルを構築して分析している.紐帯については地域SNSではないが涌田(2008)でも同様に,mixiから始まった映画公開運動が成功した事例を通じて,異質な人々への架け橋が様々な情報を強い紐帯の場に持ち込んで来ることで紐帯の強弱各々のメリットが活かせた事例を分析している.
 
 「局所的な相互作用が,質的にその総和以上の効果をもたらす」旨の創発(emergence)の見地からの先行研究もあり,土屋,浜屋,吉田(2006)では,ブログやSNSが他のコミュニケーション・ツールに比べて創発的な現象を促し易いため,「創発的マーケティング」のためのツールになり得る旨が判明した.河井(2007)では,「創発型地域経営」という概念を示した上で,各地域の様々な情報交流基盤を「創発型地域経営を支援し得るか否か」の基準から分析し,その結果を踏まえた実証実験の事例研究が行われた.
 
3.さつまブロ」のケース・スタディ
 「さつまブロ」は鹿児島県の地域ブログのポータルサイトの一つで,鹿児島の文化,教育,経済の発展を目指して2004年に設立されたNPO法人KKQ(Kagoshima Knowledge Quality, http://npokkq.org/)により運営されている.「さつまブロ」の名称の由来は県別源泉数日本2位の温泉県・鹿児島の象徴「風呂」と「ブログ」をひっかけて「ブロ」と称したものであり,リンク登録されることを「入浴する」と称している.筆者の個人公式ブログ「カミタク・ブログ」(http://kamitaku.cocolog-nifty.com/rock/)も2006年以来「入浴」している.「入浴」ブログには鹿児島の地域情報発信の古参ブログが多い.
 
 「さつまブロ」では「入浴者」に「さつまブロ」へのリンクを要請しているが,リンクを張った場合,上述の古参で定番の地域情報発信ブログへの来訪客は,リンクを通じて他の定番地域情報発信ブログに辿って行き得る状況と化す.地域の古参定番地域情報発信ブログが間接的にリンクでつながっている状況は,「入浴」済みブログも含めての「さつまブロ」のCGMコンテンツの質量両面での強みである.また,SEO(検索エンジン最適化)の見地からは定番ブログからの逆リンクで「さつまブロ」の検索順位が向上すれば共連れで自ブログの検索順位も向上する効果を相互に期待可能である等,リンクによる相互連携効果もあり得ると筆者は考える.
 
 「入浴者」同士のオフ会等の強い紐帯における,知の共有化も重要であろう.「入浴者」は古参地域情報発信ブログの管理人が多いため,eスペース上で互いのブログを知り合っていた地域内定番ブログ管理人同士が,リアルスペースでも実際に会うことは,情報発信者間の「紐帯の強化」の点からも「知の共有化」の点からも意義があろう.
 
 後述するNikiNikiは2006年当時は招待制SNSだけであったが,筆者も含めて「さつまブロ」オフ会参加を機会に招待されてNikiNikiに入会したブロガーも多い.この結果,「地域活性化に志のある草奔のブロガー」が高確率でNikiNikiに入会することになった.これはNikiNikiの側から見れば,庄司(2008a)による「地域SNSによる地域活性化」モデルの用語で申せば,「(地域情報発信に志のある)よそ者の新規参入」が実現したことになる.
 
4.NikiNikiのケース・スタディ
 鹿児島県ではNikiNikiの他にも,かごとも(http://kagosima.info/)鹿児島みんなの広場(http://atpne.jp/soho/)カゴシマライフネット(http://kagoshima-life.sytes.net/)SNS薩摩おごじょカフェ(http://sns.ogojo.net/)南薩SNS(南薩,http://nansatu.mysns.tv/)あびしゃ〜ネット(枕崎,http://makurazaki.so-netsns.jp/)IslandsSaloon(種子島,http://islandssaloon.com/)ま〜じんま(奄美,http://sns-amami.jp/)など地域SNSが乱立している.かつてはrafel(ラーフル),奄美大島 友だちネットワーク/アマミーゴ!,GOWAS(ごわす)など他の地域SNSもあったが,撤退したり,撤退を未確認ながらURLが見つからなかったりする等,供給超過状況の厳しい競争環境下で既に淘汰が始まっている.
 
 鹿児島テレビ(KTS)コンテンツ推進部(2008)p.6によれば,NikiNikiは2006年4月に,(1) 報道制作現場による情報収集ツールとして利用,(2) 地域SNSの可能性の検証,(3) 広告媒体としての可能性の検証,を目的にしてKTSにより設置された地域SNSである.放送局運営という点が他の地域SNS事例と異なる特徴であるが,同書p.2によれば,この背景には「地上デジタル放送時代のローカル局の戦略」として,「超地域密着共感メディア! 放送連動型ネットサービスの展開」という事業コンセプト案がある.「地上デジタル放送開始や,旧来の情報受動型のAIDMAモデルが情報検索型のAISASモデル(電通登録商標)に代替されることによるテレビ局広告収入減等の逆風下での,生き残り策におけるNikiNiki」については,詳しくは別の機会に研究発表する予定であり本稿では詳しくは触れない.
 
 KTSコンテンツ推進部(2008)pp.1-20によれば,発足当初の会員数は114人で,社員からの招待に期待したがほとんど無く会員数獲得に苦労した模様であるが,登録ユーザーの協力により盛り上げにつとめたり池田が行った講演で会員が25人増えたりした結果,2006年10月に会員が600人を超え,同月17日に会員実数が県内SNSで1位になり,同年12月27日には1,000人登録を達成した.2007年4月には日記活性化のためにポイント制を導入した結果,日記数が3割増加した.当初は招待制SNSだけであったが,2007年9月18日に入門用という位置づけでオープン制SNS「NikiNiki-G」(http://nikiniki2.tv/)も開設した.オープン制SNS会員は,オープン制SNSで知り合った招待制SNS会員の紹介があれば招待制SNSの会員になれる.2008年5月時点で招待制SNSが会員数1,800人,オープン制SNSは会員数800人である.2008年8月24日現在,内訳不明ながら両SNS併せて3,390人と3,000人超えを果たしている.
 
 KTSではクロスメディア検証用の鹿児島ポータルサイト「WHAT'S NEW かごしま」(http://www.ktstv.net/)とEC検証サイト「にきもの」(http://ktstv-sh.sv1.allin1.jp/)も開設している.前者はテレビ放送した動画ともNikiNikiともコンテンツ連動させながら将来はバナー広告を売れるサイトを目指しているものであり,NikiNiki会員の内,公開を了承した会員のNikiNikiの日記や会員設置ブログ情報を転載して,代わりに会員にはポイントを付与している.KTSニュース番組への情報供給も含めてKTSの「放送と通信の融合」は,SNSや協力ブログを利用したクロスメディアによるCGM型コンテンツ供給が特徴であり,同社では「協働型」ビジネスモデルと称している.「WHAT'S NEW かごしま」は鹿児島案内HPとも化しており,庄司(2007b)によれば人気の高いグルメと温泉情報を充実させると池田は語っている.実はこのHPの温泉情報は2008年8月現在,8〜9割を筆者運営HP「温泉天国・鹿児島温泉紹介!」(http://homepage2.nifty.com/kamitaku/kagoonin.htm)から提供している.
 
 物販サイト「にきもの」では,NikiNikiリストバンド等のKTSオリジナル商品の他,NikiNiki会員による商品や店入店券の通販を行っている.同HP「商品販売応援代行について」(http://ktstv-sh.sv1.allin1.jp/notice/1195528361305/,2008年8月26日)によれば出品はNikiNiki会員に限られ,現時点では試行中のこともあり,原則として出品費用は不要である.NikiNiki会員は貯めたポイントを購入代金に充てることができる.招待制SNS会員は招待制SNSの商品宣伝コーナーも利用可能であり,地域の会員の小売りビジネスが可能なこともNikiNikiの特徴であり,飲食店があることもあり,互いに楽しんで消費飲食しながら商売で協力し合う文化ができている.
 
 地域との関わりの点では,2006年7月には,同月の鹿児島県北部豪雨災害の際には,会員からの情報掲載が募金・現地ボランティアに発展した.2007年7月にはNikiNiki会員達の手作りの店「SNSカフェ めいさん」(http://meisancafe.blog101.fc2.com/)がオープンし,入居建物の2Fには会員運営のネットラジオ「ゆくさ」(http://yukusa.blog57.fc2.com/)が入居し,各々NikiNikiと連動している.「SNSカフェ めいさん」の立地は,市の中心街重心移動のためにレトロな昭和の建物が残った飲食店街「名山堀(めいざんぼり)」を,昭和のレトロな雰囲気を利用して活性化させようという現地の地域活性化運動の一環にもなるものである.NikiNiki,名山堀というそれぞれの強い紐帯が,「SNSカフェ めいさん」やネットラジオ「ゆくさ」を介してつながっているとも言えよう.
 
5.とめと今後の課題
 これまで見てきたとおり,ブログ・ポータルサイト「さつまブロ」からは,地域の情報発信の定番ブログを辿って行ける旨を観察した.また,NikiNikiでは,NikiNiki内や物販サイト「にきもの」での会員の商品や店利用券通販を通じて地域の経済活性化を促そうとしている旨を観察した.この状況はまだ試行錯誤の段階であるが,コンシューマーの立場で楽しみながら参加することが自らのビジネスにもつながるシステムである.KTSにとってもコンテンツ供給をコンシューマーが楽しみながらしてくれることになり,同社の用語で申せば「協働型」ビジネスモデルというCGM型のビジネスモデルが試みられている.NikiNikiからは,「SNSカフェ めいさん」という,eスペースとリアルスペースと連動させて地域活性化の一翼の担うプロジェクトが実現する旨を確認した.
 
 今後の課題は,地上デジタル放送のための投資負担で財務状況が苦しくなっているであろう状況下で,従来の情報受動型のAIDMAモデルが崩れて放送広告収入に頼るビジネスモデルが崩れつつあるローカル局の生存戦略と,地域SNSとの関係である.これは今後のテーマとする所存である.
 
 
 
 
 
参考文献
 
鹿児島テレビ放送(株)(KTS)コンテンツ推進部(2008)「ネットビジネスへの取組み報告書」.
 
神山(2007)「地方都市の地域産業振興 − 産業構造の変化に対応していかに地域が生き残るか:鹿児島の観光食料産業クラスターと創業支援を例にして −」高知工科大学大学院工学研究科基盤工学専攻(起業家コース)博士学位論文
http://hdl.handle.net/10173/279(2008年3月19日)

 
 
神山(2008a)「「営業のスタイルと場のモデル」に基づく,WEB2.0における「SEMによる訪問型営業プロモーション・モデル」の概要」『日本情報経営学会 第56回全国大会予稿集』pp.85-88
 
神山(2008b)「地域・環境サミットin高山2008」(カミタク・ブログ2008年3月23日 (日)号)
http://kamitaku.cocolog-nifty.com/rock/2008/03/in2008_c3d5.html(2008年8月24日)

 
 
河井孝仁(2007)「創発型地域経営を導くための情報技術の活用に関する研究」名古屋大学大学院情報科学研究科博士学位論文.
http://homepage3.nifty.com/tacoh/document/gakuironbun.pdf(2008年8月25日)

 
 
庄司昌彦(2007)「日本の地域社会におけるコミュニティガバナンス −実践・課題・展望−」社会情報学会第108回定例研究会,2007年11月26日.
http://www.glocom.ac.jp/project/chiiki-sns/071126shakaijouhougakkai.pdf(2008年8月25日)

 
 
庄司(2008a)「地域SNSサイトの実態把握、地域活性化の可能性」情報通信政策研究プログラム研究成果論文,2008年3月.
http://www.officepolaris.co.jp/icp/2007paper/2007014.pdf(2008年8月25日)

 
 
庄司(2008b)「「人をつなぐ」地域SNS 〜各地の地域SNS活用術 第7回 鹿児島県「NikiNiki」―クロスメディアとSNSカフェ」月刊『広報』,2008年7月号.
 
土屋大洋浜屋 敏吉田 倫子(2006)「ブログ・SNSの創発的特性と組織へのインパクト」富士通総研経済研究所研究レポートNo.269.
http://jp.fujitsu.com/group/fri/downloads/report/research/2006/269-2.pdf(2008年8月25日)

 
 
涌田幸宏(2008)「第5賞 ソーシャル・ネットワーキングにおける学習のダイナミズム」吉田孟史編『コミュニティ・ラーニング 組織学習論の新展開』ナカニシヤ出版,pp.143-179.
 
Granovetter, Mark(1973), "The Strength of Weak Ties"; American Journal of Sociology, Vol. 78, No. 6., May 1973, pp 1360-1380.
 
 
 
 
 
学術研究の部屋へ  
 
このホームページのトップへ
 
 
 
 
楽天トラベル

  


  

インターネットができるルーム検索

  



  


  


  



  



このHP作者に関係のある別HPです。

温泉天国・鹿児島温泉紹介!

  

カミタク・ブログ

  

STATISTICS
炭鉱マニア

  

鉄道艦船航空陸自マニア

  

ネットDE討論@Marine