■ 第48回全国大会予稿集(OA学会誌『オフィス・オートメーション』)
OA学会全国大会で発表した、e-politicsに関するアクション・リサーチの研究報告です。 : keywords = eポリティクス,衆議院,議員,選挙,神奈川18区,e-politics
   このホームページのトップへ 
 
 
2003年衆議院議員選挙神奈川18区における
e-politicsのアクション・リサーチ
 
 
 
An Action Research of E-politics in Kanagawa 18th Constituency
In the Election of The Member of The House of Representatives in 2003
 
 
 
神山卓也
Takuya Kamiyama
 
 
1.はじめに
 筆者は,旧自由党政治家候補生としての立場とネット版民主党(旧自由党)勝手連「ネットDE討論@渋谷」事務局渉外担当(兼)神奈川支部長として自ら参加した政治活動を題材にしての,経営情報論の視点からの一連のe-politicsのアクション・リサーチを行ってきた.その結果,拙稿[2001]では,本稿で再紹介する「選挙における営業スタイルと場のモデル」を提唱した.
 本稿では,2003年衆議院議員選挙において,筆者が居住する神奈川18区(川崎市高津区,宮前区)の民主党公認候補者・樋高剛(ひだか剛)候補をケース・スタディーの題材として,自らボランティア・スタッフとして係わり,同候補ならびに他の民主党候補のeスペースにおけるHPへの誘導実験を行ったアクション・リサーチの結果報告を行う.本研究は,筆者がこれまで提唱してきた「選挙における営業スタイルと場のモデル」では「選挙活動の基本はリアルスペースにおけるクリーンなドブ板であり,eスペースでの新規顧客開拓効果はほとんど期待できない」旨を前提とした上で,それでも「何もしないよりもあらゆるチャネルで最善を尽くす」観点から,e-politicsによる新規顧客開拓がどこまで可能であるかについて検証したものである.
 なお,本研究は余暇の時間を用いての筆者の個人的研究であり,全ての所属組織(筆者勤務会社,旧自由党,現民主党等)や個人(ひだか候補等)は本研究に関しては免責である.また,本稿ではホームページをHPと省略する.
 
2.2003年衆議院議員選挙の神奈川18区の概況
 神奈川18区(川崎市高津区,宮前区)は一票の格差是正のために旧神奈川8区(横浜市青葉区,緑区,川崎市宮前区)と旧神奈川9区(川崎市高津区,多摩区,麻生区)が分割再編成されてできた新設選挙区で,ここでの衆議院議員選挙は今回の2003年が初めてである.旧8区,旧9区はそれぞれ衆議院議員時代の中田宏横浜市長と松沢成文神奈川県知事の選挙区であり,自民党が議席を確保できない典型的な都市型選挙区で,東急田園都市線沿線の郊外高級住宅地域である.
 筆者がボランティア・スタッフを務めた民主党樋高剛候補は元々は神奈川7区(横浜市港北区,都筑区)を地盤とする旧自由党現職代議士であったが,2003年衆議院選挙では民主・自由両党合併に伴い,旧民主党首藤信彦代議士との候補者調整の結果,新設の神奈川18区に転出した.選挙区が決まったのが投票の約1ヶ月前と地盤を固めるには期間が短いのが弱みであるが,旧8区の中田市長と旧9区の松沢知事から後継者として認知されて応援を得たことが強みである.
 最強力対立候補は自民党の山際大志郎候補であり,都市型選挙区とはいえ自民党支持基盤は強く,「お国替え」での出遅れもあり追い上げる立場になった.樋高候補にとって幸運なことに,前回は旧9区の自民党公認候補だった小川栄一候補が公認漏れ後も無所属で出馬して自民党票が割れる状況になった.野党候補も一本化できなかったため,与党系も野党系も多数の候補者が乱立する,全国で最も候補者が多い最混戦激戦区と化した.
 
3.eスペースにおける新規顧客開拓実験
 今回の選挙は初めてのマニフェスト選挙となり,樋高候補の活動はリアルスペースでもeスペースでも見るべき点が多いが,本稿では誌面制約と本研究の趣旨から,筆者が試みた同候補者ならびに他の民主党候補者のHPへの誘導実験に的を絞って分析を行う.
 筆者は,eスペースの場で筆者なりにできる支援としていくつかの作戦を試みた.その作戦の内容は,(1) 候補者紹介ページ設置作戦と、(2) 高津区・宮前区地域リンク集での「e看板」設置作戦、の2点である.(1) の候補者紹介ページ設置は樋高候補に対してだけ行った訳ではないが,拙個人HPならびに筆者運営の民主党勝手連神奈川支部HP内において,各都道府県単位,東京都神奈川県については各選挙区単位に民主党候補者を紹介してそのHPへのリンクを貼ったページを設けることにより,例えば樋高候補の場合,googleYAHOO!で「神奈川18区」だの「選挙 高津区」だの「衆議院 宮前区」だのといったキーワードで検索するとその紹介ページが検索結果1ページ目に表示されることにより,選挙区や住所など地域から候補者を検索する有権者を民主党候補者本人のHPに誘導する作戦である.一方,(2) の高津区・宮前区(=神奈川18区)リンク集での「e看板」設置作戦は,上述の両サイト内の「高津区・宮前区リンク集」のページの画面最上段に顔写真付きで樋高候補へのリンクを貼ることにより,このリンク集ページ来訪者に樋高候補の名前を情宣し,興味を持っていただけたら候補者本人のHPに誘導する作戦である.両作戦共,筆者個人HPと筆者運営の勝手連サイトがgoogleYAHOO!の検索順位で上位のページに表示され易い状況を応用した作戦である.実際,上述の「高津区・宮前区リンク集」には自サイト・トップ画面を介さず直接的に検索ポータルサイト経由で50〜100アクセス/日の訪問客があり,この地域情報紹介ガイド的リンク集への訪問客はこの地域の住人である可能性が高いものである.このような高アクセス状況を実現できている理由は競争優位性維持のために公開できないが,ネチケットや法に触れることはしていない(つもりである).
実験計画としては,CGIレンタル・サービスのACR WEBhttp://www.ziyu.net/ ,2003年7月6日参照)のアクセス解析Ver. 4.0を用いて,両サイト内の他のページを除いて,(1) の候補者紹介ページ設置作戦用ページと(2) の高津区・宮前区リンク集での「e看板」設置作戦用ページそれぞれだけのアクセス数を計測可能にして,日々のアクセス数を計測した.さらに,上述だけでは自サイトへの来訪者しか計測できないため,自HPから樋高候補のHPには直接リンクを貼らずに「自動的に樋高候補HPに飛んでいく」画面ページを間に挟み,この中間画面ページにも上述アクセス解析ツールを組み込むことにより,自HPから樋高候補HPへの誘導アクセス数実績も計測可能にした.その上で、樋高候補HPのアクセス数を候補HP内カウンターを毎日目測することで計測した他,「衆議院 神奈川」,「衆議院 東京」のキーワードでのgoogleでの検索結果が何ページ目に表示されるかを目測した.
 
図表1:当方HPから樋高候補HPへの誘導実績
 
 図表1は,この計測の結果得られた当方HPから樋高候補HPへの誘導実績グラフである.観測期間は公示日前の10月14日から投票日の11月9日までの間の27日間である.観測期間中の樋高候補HPへのアクセス数は筆者によるものを除けば合計4,816アクセスであり,特に投票日当日には,公示日以降の100〜200アクセス/日が600アクセス/日に跳ね上がり突出している.ただしこれには,投票終了時刻以降,結果発表後の人物確認ニーズも含まれる.一方,同観測期間の当方HPからの樋高候補HPへの誘導件数は936件であり,これも投票日当日はそれまでの2桁台の誘導件数から一転して180件の大量誘導件数となった.観測期間平均での誘導率は19.44%(=936/4,816)であり,樋高候補HP来訪客の約2割を当方HP経由でご案内したことになる.
 
 
図表2:「高津区・宮前区リンク集」へのアクセス数の推移
 
 図表2は,「高津区・宮前区リンク集」へのアクセス数の推移である.2003年10月14日〜11月9日までの観測期間中の同ページ平均アクセス数は84.8アクセス/日であり,累計2,289アクセスに達した.このページへは樋高候補目当てで来る訳ではないため,これは2,289枚の「ネット版看板効果」に相当する実績である.
 
 
図表3:当方HP内の全国の民主党候補者紹介用ページへのアクセス数の推移
 
 
 図表3は,当方HP内の全国の民主党候補者紹介用ページへのアクセス数である.観測機関は10月5日から投票日11月9日までの間の36日間である.このアクセス数は、公示日の10月28日以降は1,000アクセス/日のアクセス数を連日記録していたが,特に投票日当日は1日だけで17,698アクセスに到達した(ただし,投票時間終了後のアクセスも含む).
 
4.選挙結果
 上述のようなリアルスペースの活動とeスペースでの仕掛けの結果,樋高候補は64,879票を獲得して,小選挙区を制して当選した.次点の自民党・山際候補の58,001票と自民出身無所属で出馬した小川候補の15,136票を足せば 73,177票で「敵が分裂した」状況に救われた側面も否定できない.しかし,投票日約1ヶ月前に急に「お国替え」となった情勢下で「小選挙区を制した」実績は特筆すべきものがある他,民主党系候補者の方も無所属で平田候補が出て分裂しておりこの票を足せば78,016票であることに鑑みれば,民主党陣営も自民党陣営も共に分裂していない場合であれば,やはり民主党樋高候補が自民党に競り勝った可能性が高いと考える.この6万票強という数字に比べれば,先述の筆者系HPからの樋高候補情宣実績である4桁台のアクセス数は微々たるものであり,「選挙活動の基本はリアルスペースにおけるクリーンなドブ板であり,eスペースでの新規顧客開拓効果はほとんど期待できない」という「選挙における営業スタイルと場のモデル」を再確認したことになるが,獲得票数より1桁しか低くない実績であったことは,正直なところ事前予想よりもeスペースでの誘導実験効果が大きいものであった.
 
5.まとめと今後の課題
 今回の実験の結果,新規顧客開拓効果はHPよりも地道なドブ板に期待した方が良いとする筆者提唱モデルが実証されたが,事前予想以上にeスペースでの誘導実績も得られ,一定の比率での新規顧客開拓効果も否定できない結果になった.したがって,チャネルアンドメディアミックス型であらゆるチャネルでのマーケティングが必要である,という結果が得られた.
今後の課題としては,時期参議院選挙など他の選挙の機会に,さらなる検証を繰り返していきたいと考えている.
 
参考文献,参考サイトならびに参考情報
1.拙稿「情報のデザインとホームページ − e-politicsをケースとしての機能要件定義 −」(OA学会『オフィス・オートメーション 第43回全国大会予稿集』,2001年9月)pp.149−152
2.拙稿「埼玉県戸田市議補選におけるe-politicsのアクション・リサーチ」(OA学会『オフィス・オートメーション 第44回全国大会予稿集』,2002年5月)pp.91−94
3.ひだか剛トップページ
http://www.the-hidaka.net/(2003年11月08日)
4.Noblesse Oblige カミタクの部屋(筆者個人公式WEBサイト)
http://www.kamitaku.com/(2003年11月08日)
5.ネットDE討論@Marine(eポリティクス版民主党[旧自由党]勝手連「ネットDE討論@渋谷」神奈川支部公式WEBサイト)
http://atmarine.at.infoseek.co.jp/(2003年11月08日)
 
 
 
 
 
学術研究の部屋へ  
 
政策提言の部屋へ  
 
このホームページのトップへ
 
 
HMV
タワーレコード
indiesmusic.com

このHP作者に関係のある別HPです。

STATISTICS

  

炭鉱マニア

  

鉄道艦船航空陸自マニア

  

ネットDE討論@Marine

OA学会全国大会で発表した、e-politicsに関するアクション・リサーチの研究報告です。 : keywords = eポリティクス,衆議院,議員,選挙,神奈川18区,e-politics