■ 第41回全国大会 予稿集 ■
本稿はe-politics(eポリティクス,e政治)における勝手連eデモクラシー(e民主主義)活動の研究です。
(keyword = e-politics,e政治,eポリティクス,e民主主義,eデモクラシー,勝手連)

   このホームページのトップへ  
 
 
e-politicsにおけるサポーターの政治参加
 
 
The Political Participation of the Supporters as an E-politics Movement
 
 
 
神山卓也
Takuya Kamiyama
 
 
 
1.はじめに
 近年,IT革命はe-businessだけではなくe-politicsにまで及ぶと言われ始めているが,e-politicsについてはまだ実態自体が黎明期の混沌状態にあり,不確かな状況にある.筆者は,2000年6月25日の衆議院総選挙において,自由党を応援するe-politics版勝手連「ネットDE討論@渋谷」運動を間近に観察する機会に恵まれた.リアルな世界での勝手連は従来からもあったがインターネットでの勝手連は日本初の試みであり,オリジナルなものである.本稿では,自らの目を一次資料にできるというこの立場を利用して,このe-politics版勝手連をケーススタディとして実証的に観察し,さらに,e-politicsに関する今後の展望についても考察してみたい.ただし所属会社も筆者の職場での業務姿勢も政治的に中立であり,また,本研究は余暇の時間を利用しての筆者の個人研究であり,所属会社,自由党,「ネットDE討論@渋谷」ほか筆者が関係する組織は全て本稿に関しては免責である旨,予め断っておく.
 
2.勝手連設立の経緯及び目的
 自由党(1)は1999年1月に自民党と連立政権を組んだが,同年8月に公明党が連立に加わるようになって以来,かねてからの公明党との政策理念の相違のために自自連立時の政策合意の実現が困難になったことから,何回か連立離脱の話が生じた.最終的に2000年4月1日の3党党首会談で小渕前首相が連立解消を申し渡し,4月3日に所属国会議員51名中26名が離党して保守党を結成して自民・公明・保守の3党で新連立政権が組まれたことに伴い,自動的に自由党は連立政権から離脱することになった(2).所属議員数が半減したことから自由党の危機が報道されるようになり,自由党サポーターの中で危機感が高まっていた.
 自由党には自由総合政策研究所(3)というインターネット版シンクタンクがあり,ここでは研究員外の一般サポーター向けにも「徹底討論」という会議室を設けていた.先述の危機感のため来訪するサポーターの間で,何か新時代や新技術を示唆するようなイベントを起こして風を吹かそうという声が湧くようになり,これがやがて、渋谷に小沢党首を呼んでイベントをやりたいという形に具体化して盛り上がっていった.この段階では未だ夢や希望の段階であるに過ぎなかったが、東京3区の坪谷郁子候補が、サポーター達のこの希望を支援したい旨の提案を都連で行ったところ了承され、サポーター主催で都連の後援という形で夢は現実のプロジェクトに発展することになった。また党本部でも,達増(たっそ)拓也代議士(4)がe政治を標榜したWEB サイト「デジタル自由民権運動 自由燈(じゆうのともしび)」(5)を設けるなどIT革命を標榜していたため,党本部の理解も得られることになった.この企画の目的は自由党を勝手に応援して風を吹かすことであり、都連が後援に回ることで実現への道が開けたとはいえ、サポーターのサポーターによる国民のための、自主的な草の根ボランティア活動である。
 
3.企画の立ち上げから実行に至るまで
 都連が後援することになった旨を自由総研HP内「徹底討論」で坪谷が報告するとサポーターの熱は急速に盛り上がり,4月21日(金)に都連会議室にて第1回目の打ち合わせが行われ,この企画の名称を「ネットDE討論@渋谷」としてイベントを行うことに決まった.イベントのコンセプトは「ネットでの討論が街に出た」というものにし,ビットバレーがある渋谷が日本のIT革命の顔的なイメージがあることから,場所は渋谷で行うことが決まった.
 この運動を盛り上げるためと、サポーターは平日は生業を抱えていてフルタイムでのボランティア奉仕が行えない状況下でディリーの情報交換や業務照会依頼を可能にするため、「ネットDE討論@渋谷」公式HP(6)を作ったほか,サポーターの一員が掲示板会議室「<自由の獅子>日本をただす力・忠犬ハチ公フォーラム」(7)と「小沢一郎&自由党 私設応援団」HP(8)とを開設し,これらHPと自由総研HPの計4サイトを情報連絡の場としてSOHO的に企画の準備が進められることになった.後述するイベント実施日までの間には4/29(土&祝),5/12(金),5/19(金),5/25(木)と,第1回目も併せると計5回の打ち合わせが設けられたが,この打ち合わせは方針決定の場とし,その間の意志決定は事務局を設けてここで行うことで迅速な意志決定を可能にし,また,各分野毎に分科会を設けて打ち合わせやメールで細部を決めるというマネジメント・スタイルを採用した.この方式は,日中の本来業務外のボランティア活動として行うNPO一般に水平展開可能なものであろう.
 企画のための資金調達は,党の企画ではなく勝手連の自立した企画であるため全額サポーター達の募金で賄い,党には頼らなかった.党本部の理解と都連の後援とが得られたため,イベントには小沢一郎党首と田村参議院議員(都連会長)のほか,東祥三代議士,鈴木淑夫代議士はじめ都連各公認候補予定者が出席することになった.小沢党首のスケジュールと「お祭り騒ぎ」は公職選挙法上公示日前に行う必要があったことから,イベント日程は5月28日(日)に決定した.会場については期日直前で確保に苦労したが,ボランティアの一人の活躍で,渋谷宮下公園脇の神宮前公園ならびに神宮前スタジオを確保することができた.
 
4.イベントの実施と効果
 イベント当日は,公園会場,スタジオ会場と2会場に分けてイベントを行った.現職も含めた都連全候補でマスコミへの説明と写真撮影を行った後,現職2代議士と田村参議院議員がスタジオ会場で全国から事前にメールおよびHP掲示板で寄せられた質問に答え,残る候補が公園会場で集まったお客様達に照会応答を行った.途中で小沢党首が合流し,全国からの質問に答えたほか,会場からの質問にも答えた.このスタジオの模様は掲示板を利用してインターネットにリアルタイムで流した.米国在住日本人で見ていてくれた人もいたので,世界中にネット配信したことになる.イベント当日は、機材搬入がぎりぎりになるという危機も生じたが実行委員各位の機転で開始時刻までにセッティングが間に合い、危機をイベントのトラブルにまで発展させずに未然に潰せたことも,ボランティアの協力と熱意の現れである.
 このイベントの効果は,風を吹かすという趣旨からみればマスコミで報道されたか否かであるが,読売新聞に写真付きで報道された(9)ほか,党として食い込む必要がある無党派若年層を対象とする『週刊プレイボーイ』にも写真付きで報じられる(10)など所期の目的を達することができた.募金総額は 1,478,千円で出費は総計で 1,193千円となり,残額 285千円については執筆時現在、今後実行委員会各位に今後の処分についてお諮りする予定である.この金額は,このイベントの効果をマスコミ露出効果であると捉えた場合,公示日前日に民主党が党の企画として新宿スタジオアルタ前から全国同時放送で行ったイベントと比較すれば,効果は同等で費用的には1桁ないし2桁少ない金額であると推測する.民主党に比して,党組織という大組織よりも,勝手連というベンチャーのような方が小回りが利き,費用対効果では勝った結果を残すことができたことになる.
 この他,当イベントの副次的効果としては,ここで連帯感を抱いたサポーターが近場の候補の選挙戦のボランティアスタッフになったり,候補がいない地域で党のポスター張りをしたりして,貴重なボランティア戦力に転じた点も挙げられる.単に買収などの選挙違反をしないという意味だけではなく「金がかからない」という意味でも綺麗な選挙を行うためには,ボランティアの力を結集することは重要である.政治は公共財であって収入が得にくいため,金権政治打破だけでは金のかからない選挙は実現できず,借金が残るだけである.逆に言えば,選挙事務所運営は,NPOの経営管理問題として捉えるべき課題でもあるのだと考える.
 
5.選挙運動状況〜勝手連以外の動きも含めて
 イベント終了後,先述のごとく各サポーターはボランティア・スタッフとして公示後の選挙運動の支援を行った.HPを使ったキャンペーンは文書の配布に当たるとして公選法に抵触するリスクがあったため,「ネットDE討論@渋谷」公式HPは公示日以降の更新を一切行わないことにした.これに関して各党の個別候補者も公示日以降は,(1) HPを更新しない,(2) HPを閉鎖する,(3) HPの画面を閉じて音だけにする,のいずれかの対応を行っている.文書の配布数量を規制する公選法の法制度上の趣旨は候補者間の財力の差を無くして公平な選挙を行うことにあるが,インターネットという新メディアによる情報発信は極めて安価なものであって本来は法制度上の趣旨にむしろFITする筈のものであるため,「文書の配布」をHPに類推適用することには大きな疑問があり,今後は見直しを要するであろう.
 今回の選挙では現職閣僚など大物自民党現職議員が落選したが,特に,ITを有効活用した候補の活躍が目立った.例えば岩手1区の自由党現職の先述の達増候補は,10人単位のミニ集会と、メールマガジンやFAXによる直接情報伝達とを組み合わせて戦い,自民党現職大臣の玉澤農水相(前回は比例復活当選)を打ち破って小選挙区の議席を守ることに成功した(11).達増代議士へのヒアリングによればミニ集会は,歩いて集まれる程度の場所、規模で集まっていただいてそこに出向くことを基本とし,数百人規模の集会は2回だけに止めてこれに代えてミニ集会はほぼ10分刻みで移動と演説とを繰り返し、2時間で10カ所回ることもあった.ネット上は達増議員HPへの選挙期間中6月のアクセス数は10万9千回にも及んだ.また、直接情報伝達によるニュース発行の規模は約 300件である.これらは新メディアと既存ドブ板との有機的連携であり,筆者の用語を用いればチャネルアンドメディアミックス型の選挙手法である.
 
6.e-politicsの今後の展望と勝手連の戦略
 ここで注意すべきことは,達増議員はなにも既存のドブ板活動を放棄している訳ではない点である.これは,候補者にとって有権者は来客店舗型営業のできる相手ではないためであり,保険外交員のような訪問型営業が必須なのである.また,HPは意識して見に来てくれる有権者のみが見るものであり,ニュース発行も登録者のみが対象であるため,全有権者に強制的に情報を伝達する術は,少なくとも合法的にはインターネットでさえ無いというのもドブ板が必要な理由である.街宣に対してはうるさいという批判もあるが,候補者の側からみれば訪問販売型営業としてのドブ板選挙活動は不可欠である.一方,既存の選挙手法だけでも駄目であり,達増議員のケースのとおりIT技術を駆使することによって既存型候補者を打ち破れることも事実である.つまり,IT武装もドブ板も両方必要なのである.したがって今後は,チャネルアンドメディアミックス型の新ビジネスモデルが選挙でも必要であろう.
 「ネットDE討論@渋谷」運動に関して言えば,選挙後の新たな活動について執筆時現在正式には決まっていないが,当面,各県の支部サイトの設置運動が進んでいる.これは,勝手連で全国ネットを張ろうという運動である.勝手連の全国組織化の試みは日本初であり,単にITを使っているというだけではなく,この意味でもこの運動はオリジナルな試みである.支部サイトは,この運動の立ち上げ時からあった「小沢一郎&自由党 私設応援団」が実質上の岐阜支部であったほか,HPが凍結となる公示日前に既に埼玉支部サイトができていた(12).選挙後これらサイトが再開すると同時に,静岡支部(13)を手始めに,執筆時現在北海道,山形,千葉,神奈川(14),愛知,京都,広島,米国の各支部サイトができ,相互にリンクを張ってネットワークを形成している.この勝手連全国ネット化は執筆時現在正式に決定された訳ではないが,イベント時の実行委員が異論なく進めているものであり,今後,IT革命時代のe-politicsの新たなビジネスモデルになる可能性があると思う.
 
 
参考文献ならびに参考サイト
1.自由党
  http://www.jiyuto.or.jp/
2.小沢一郎「独占手記 それでも私は保守再編に挑む」(『プレジデント』2000年6月12日号),pp.28−33.
3.自由総合政策研究所(自由総研)
  http://jan.sakura.ne.jp/~clp/
4.達増拓也代議士
  http://www.sphere.ad.jp/tasso/
5.デジタル自由民権運動 自由燈
  http://www.sphere.ad.jp/tasso/tomo.htm
6.「ネットDE討論@渋谷」本部公式HP
  http://www.at-shibuya.gn.to/
7.<自由の獅子>日本をただす力・忠犬ハチ公フォーラム
  http://www.kbnet.jp.org/forum/
8.小沢一郎&自由党 私設応援団(「ネットDE討論@渋谷」岐阜飛騨支部)
  http://ichiro.uside.net/
9.讀賣新聞記事「2000変わる衆院選(1) 「ネット選挙」新たな接点 知恵絞る各党(2000年5月30日)」
  http://www.yomiuri.co.jp/election2000/feature/kikaku08-01.htm
10.「大川興業総裁突撃体験報告政治の現場すっとこどっこい 選挙だよ、全員解散!!」(『週刊プレイボーイ』2000年6月20号),pp.212−215.
11.「戦いすんで日が暮れて」(『週刊新潮』,2000年7月6日号),pp.130−139.
12.「ネットDE討論@渋谷」埼玉支部
  http://f_fly.tripod.co.jp/
13.中年愚連隊倶楽部(「@渋谷」静岡支部)
  http://www5a.biglobe.ne.jp/~m0521/index.htm
14.「ネットDE討論@Marine」(神奈川支部)
  http://AtMarine.tripod.co.jp/
 
 
 
 
 
学術研究の部屋へ  
 
政策提言の部屋へ 
 
このホームページのトップへ
 
 
HMV
タワーレコード
indiesmusic.com

このHP作者に関係のある別HPです。

STATISTICS

  

炭鉱マニア

  

鉄道艦船航空陸自マニア

  

ネットDE討論@Marine

本稿はe-politics(eポリティクス,e政治)における勝手連eデモクラシー(e民主主義)活動の研究です。
(keyword = e-politics,e政治,eポリティクス,e民主主義,eデモクラシー,勝手連)