本稿は,カール・ポパー流実証科学的方法論についての解説と私見です。反証可能性のある仮説モデルの重要性を述べます。
   このホームページのトップへ
 
 
科学的方法論について
 
神山卓也
 
 本稿では、私がよって立つ実証科学の方法論について説明した上で、それに関しての私の所見を述べる。これは、一般的な説明であると同時に、或る先輩が、ジョージ・ソロス『グローバル資本主義の危機』(日本経済新聞社)中の「社会科学では思考することが主題となる事項の一部をなすのに対し、自然科学はだれがなにを考えているかには関係なく発生する現象を取り扱う」という考えから自然科学と社会科学とは異なるものであると述べていたのに対して、社会科学でも自然科学と同様に実証科学の方法論が通用する旨を述べるものでもあり、また、私が思想や哲学やイデオロギーを忌み嫌う理由に対する説明でもあり、さらにまた、科学は決して万能では無い旨を述べるものでもある。なぜ社会科学が自然科学と同様であるのか、という点についてはじっくりと内容をお読みいただければお分かりいただけると思う。
 
 まず手始めに、幽霊やUFOがあると思うか訊かれたら何と答えるであろうか。ある人は「自分は信じる」と言うかも知れないし、別の人は「そんなの非科学的だ」と言うかも知れない。実は両方の答え共、科学的方法論としては間違いなのである。それは何故か。その答えを述べる前に、科学的方法論とは何かについて説明したい。
 
 ガリレオがピサの斜塔の実験で哲学から科学を独立させて以来、近代科学においては、実験観察事実を元にした方法論を採る、言い換えれば頭の中でどんな立派な理論を考えても実験で否定されたら終わりである、というのが科学の世界での共通の約束事となった。この方法論を簡潔にまとめたカール・ポパー流の科学的方法論によれば、科学的方法論とは、「実験・観察事実を矛盾無く説明し得る反証可能な仮説モデルを作ること」である。カール・ポパー流の方法論の出発点は、人間は世の中の真理などというものを知覚することはできず、人間が見ることができるのは実験・観察事実のみである、というところから始まる。真理というものが存在するか否かは本当は私にも分からないが、この出発点においては実験・観察事実さえ認識可能であれば、極論を言ってしまえば真理だの真実などというものは無くてさえ差し支えない。その上で、或る特定時点現在で実験・観察で否定されていない仮説モデルを、「現時点では間違っていないモデル」として採用するのが科学的方法論である。それ故、俗によく「正しい」という語を用いる場合でも、科学者ならばそれは「今のところ実験・観察で否定されていないだけの話であって、絶対的真理として正しい訳ではない」という留保条件を念頭において話しているのであり、哲学や思想の次元で「正しい」というのとは異なることである。なぜならば、現在見つかっていない実験・観察事実が将来見つかって、その結果、現在採用されている仮説モデルがひっくり返る、という可能性がある旨を科学的方法論は前提としているからである。この意味において、科学の世界においては「正しい」ということは絶対にあり得ないことになる。現在採用されている仮説モデルも、ただ単に、今のところ間違っているとは言えない、というだけの話なのである。この、実験・観察事実でもって否定することができる、という技術的可能性のことを反証可能性と言う。反証可能性は、科学的命題が持つべき性質の上では、命とも言うべきものであって、反証可能性の無い命題は科学の領域から離れて哲学や思想や宗教の領域に回っていく。これについては後程詳述する。
 
 一方、この科学的方法論を視点を変えて見てみれば、世の中には自然法則があり、その自然法則を説明するモデルを実験・観察事実を元にして構築しよう、というものである(ただし、ここで自然法則というのは社会科学における法則も含む)。そして、モデルの採用不採用は実験・観察事実にのみ基づいて決まるのであって、人間が何を考えようとそんなことにおかまいはなく、実験・観察事実を矛盾無く説明できるのならば、「今のところ間違ってはいないモデル」として採用するものである。言い方を変えれば、自然法則は我々の思惑とは無関係に存在するものであり、我々は自然法則を応用することはできても、自然法則に抗ったり、人間の思惑で自然法則をねじまげたりすることはできない、というのが科学的世界観である。
 
 このことは、自然科学でも社会科学でも同様である。物理学において我々がブラウン運動を観察する時、個々の個体粒子はブラウン運動にしたがって運動しようなどと目論んでいる訳ではない。ただ単に、ブラウン運動という仮説モデルを設定すると実験・観察事実を矛盾無く説明できるというだけの話であるに過ぎない。同様に例えば理論経済学でも、消費者が効用を極大化するというミクロ経済学の消費者行動理論の仮説モデルを考える際、個々の消費者が実際に効用を極大化しようなどと目論んでいる必要性など全く無い。ただ単に、効用極大化という仮説モデルを作業仮説として想定することで実験・観察事実が矛盾無く説明できさえすればそれで構わないのである。科学というものは観察対象がどのような思惑を持っているかということにはおかまいなく、観察対象の運動法則を説明し得る仮説モデルを実験・観察事実を元に構築できさえすればそれで構わないのである。それ故、先述のソロスの発言は、科学者の立場から見た場合に全く間違っており、カール・ポパー流の実証科学の方法論に関してソロスが全く無知である旨を示しているに過ぎないことになる。
 
 ここまでは科学の世界の約束事であって、私の意見ではない。言い換えれば、ここまでの話を否定するということはそもそも科学的方法論を採用しないということでなり、私に同意するしないという次元の問題ではないということである。さて、ここから先が私の所見である。
 
 今までの科学的方法論の話から分かるように、科学的方法論とは反証可能性がある場合にのみ通用するものである。反証可能性が無い命題に対してには科学的研究の対象とはなり得ないものなのである。また、科学が決して万能ではないという点を別の観点から考えれば、科学は世の中のもの全てを明らかにするものではなく、「観察対象の思惑」などというものは関知していないのだ。本当は個々の固体粒子はブラウン運動なんか大嫌いかも知れないし、個々の消費者は効用極大化という概念など全く持っていないで、別の腹づもりで買う者を選んでいるのであろう。消費者が何を思っているか否かに係わらず、或るモデルが実験・観察事実を矛盾無く説明できさえすればそれで構わないのである(ただし厳密には、例えば心理学や思想史のように「何を思っているか」や「何を考えているか」ということ自体が観察対象となる科学もあるが、これはこの例の文脈では別儀である)。また、さらに分かり易い例で言えば、「人はどのような仕組みで生まれて来るのか」というのは科学の守備範囲になる(もちろん、実験・観察事実から導かれた答えは、精子と卵子が結合して受精卵となって母体中で胎児になるのである)が、「人はなぜ生きるのか、なんのために生きるのか、人生とは何か」などといった類の命題に関しては、このような命題には反証可能性が無いので、科学は何の答えを与える能力もない。その意味では科学は決して万能ではないし、科学に過剰期待する科学観もソロスとは逆の意味で科学的方法論への理解を欠いた誤った科学観であり、世の中には科学の手の届かない命題は掃いて捨てる程山程存在するのである。ある意味では、科学では答えを出せない命題があるという意味においてはソロスの批判が正しいということも言える。それでは、ソロスはどこが間違っているのであろうか?。ソロスが誤っているのは社会科学の命題全てがカール・ポパー流の科学的方法論の守備範囲外だと思ったことと、逆に、自然現象に関する命題全てが科学的方法論の守備範囲内だと思ったこととにあるのである。自然科学であるか社会科学であるかに係わらず、「命題によっては科学の守備範囲だし命題によっては守備範囲外であり、その分水嶺は反証可能性の有無にある」としていれば正しかったのである。言い換えれば、ソロスは自然現象においては科学に過剰期待して盲信し、社会現象においては科学を過小評価してしまっていた、という点において間違っているのである。繰り返して言う。科学は決して万能ではない。世の中には、自然現象であれ社会現象であれ、科学的方法論の守備範囲のものと守備範囲外のものとがあり、その境界線は反証可能性の有無、すなわち実験・観察事実によって命題(=仮説モデル)を否定し得ることができるか否かによるのであり、観察対象に”意志”や”思惑”があるか否かが境界線となる訳ではない。
 
 ここで話が少々脇道にそれるが、私の友人達は、私が思想や哲学やイデオロギーというものを、その内容がいかなるものであれ忌み嫌っていることをよく知ってくれている。一例を挙げれば、私は社会主義が嫌いだが、さはさりながら”右翼的”思想が好きな訳でもなく、真ん中の中道が好きな訳でもなく、思想というもの自体を忌み嫌っている。それでは、それは何故なのであろうか?。私が思想や哲学やイデオロギーを嫌うのは、事実と実績の問題として、思想や哲学やイデオロギーはこの「科学的方法論に基づいて”今のところ間違っていない”仮説モデルを作る」という方法論をねじまげる方向に介入してきたからである。本来、観察対象だけではなく、当然観察者が何を思おうとそのような思惑とは無関係に、実験・観察事実を矛盾無く説明し得る仮説モデルならば”今のところ間違っていない”ものとして採用するのが科学的方法論であるのに、なまじ思想などがあると”はじめに思想ありき”と化してしまい、観察する目が曇ってしまうから忌み嫌っているのである。しつこく繰り返して述べるが、科学の仮説モデルとしてどのモデルを採用するべきかという問題は実験・観察事実によってのみ決まるのであって意見や思惑や議論で決まるのではないにも関わらず、思想や哲学やイデオロギーは自然法則に介入して来るから”科学の敵”なのである。さすがに自然科学では対象が”物”なのでこのような弊害は少なくて済んでいるが、それでも生物学における進化論論争のように、宗教の見地から「実験・観察事実を矛盾無く説明する仮説モデル−−この場合、進化論のことです」を不愉快なモデルだと思ってこれを排するべく介入したり、また、天動説のような例があったりしたことが思想の弊害の実例である。社会科学ではこのような弊害はより著しく、「需要曲線と供給曲線の交点で決まる価格・数量では、資源が最適分配となる」という自然法則をマルクス経済学は頭ごなしに否定していた。そのようなこと(=思想や哲学やイデオロギーで予め目が曇ってしまうこと)が厭だという文脈において、私は思想を否定するのである。ただし、仮説モデル構築に必要な哲学(=カール・ポパー流の科学的方法論と、モデル構築のツールとして有用な数学のことである。ちなみに、数学は哲学であって実証科学ではない)だけは、哲学の類の中でも例外的に忌み嫌っておらずに好きな物であり、哲学でありながらやむを得ず利用するものである。なぜならば、カール・ポパー流の科学的方法論と数学との2哲学だけは、哲学の中では例外的にカール・ポパー流科学的方法論の敵ではなく、むしろそのために必要なものだからである。
 
 さらに余談を述べれば、見方を変えてみれば、科学によって構築される仮説モデルで推測されている自然法則は、人類を進歩に導くものでも害悪をもたらすものでもいずれでもなく、そのような人間にとっての価値判断とは無関係に(=ニュートラルに)存在するものであると思う。だから、俗説で「人類を進歩に導くはずの科学でなんで...」などというような論説を目撃する機会がよくあるが、このような論説は、この自然法則のニュートラル性、およびその前提となるカール・ポパー流の科学的方法論に関する見識を欠いた、レベルの低い愚論であると思う。。
 
 ここで話を「さらなる余談」から脇道に戻そう。実務のことも念頭においた場合、我々が生きていく上では自然法則(ただし、社会科学における法則も含む)を利用する局面が生じる。これは自然科学分野では工学(ただし、現実の学問の上の分類のことではないので注意願されたい。誤解を避けるべく念のため)或いは実用の局面になろうかと思う。一方、社会科学においてこれは、政策や問題解決案の立案や、その実施という局面になろうかと思う。科学の局面(=自然法則を見つける局面,すなわち、仮説モデルを構築する局面)では人間の価値判断によるモデル構築への介入は前述のごとく全くのタブーなのであるが、工学や政策の局面では、自然法則を応用する際に、何らかの価値判断に基づいた”方向づけ”が必要になると思うのである。言い換えれば、「何をしたいか」という目的無しには、自然法則を応用することなどはできない。私が政策論を述べる際にはイデオロギー嫌いの私でさえ特定の思想に立脚することがあるが、このようなことが生じるのはこの政策以降の局面の話なのであってモデル構築の工程の局面の話では無い。「私だって思想があるではないか」と指摘される場合がたまにあるが、このような指摘は、この科学の局面と工学の局面とを混同しているから生じるのであり、科学と工学の局面を区別すればその相違はよくお分かりいただけると思う。科学の局面で思想を介入させることは決してあってはならないし、当然のことながらそのような愚挙をしたことは、ただの一度も私にはない。逆に、工学の局面で、政策目標を何も持たない、ということはあり得ない話であろう。言い換えれば、自然法則をねじまげようとしたことはないが、だから何もできないと悲観的になることは無く、自然法則を応用不可能だと思ったことは無いということになる。私が思想や哲学やイデオロギーを忌み嫌うのはこの科学の局面で不必要な介入をするからいけないと思うのであって、コテコテの実証科学方法論者の私でさえ工学の局面では政策目標があるのである。繰り返して言うが、人間は自然法則を応用することはできても、自然法則に抗うことはできない。私が拒否したいのは自然法則を応用することではなく、自然法則に抗うことなのである。だから、この科学の局面(自然法則を叙述する仮説モデルを、現時点では間違っていないレベルで構築すること)と工学の局面(自然法則を応用すること)とを混同すると、私が述べることを全く理解できなくなってしまう。この混同を避けて述べたものが、工学の局面まで踏まえての総合的な私の方法論である。だから、先述のごとく政策選択の局面で人間の思惑を受け入れる場合でも、自然法則を応用することは可能でも自然法則に抗うことは不可能である、と私は思っている。余談であるが、自然法則には抗えないという観点から、「なせばなる、なさねばならぬ、何事も」だの「心頭滅却すれば火自ずから涼し」などという言葉は、私が忌み嫌う言葉である。世の中努力せずに実現することもあるし、努力しなければ実現できないこともあるし、一方、いくら精神論を吐きながら努力しても駄目ということもあるのである。その分かれ道は、自然法則を応用することが可能か否かという点にある。
 
 ところで、実験・観察事実に基づくことを要件とするため、実証科学的方法論はともすれば過去の傾向線の延長線上の予測しかできないので良くないのだ、という誤解を受けることが多い。しかしながら、これは全くの誤解である。経済学での具体例を用いて説明する。いま、横軸に数量,縦軸に価格をとったグラフ上で過去の売上げの実績点がほとんど一つの直線上に並んでいたものとする。来期の予測値をその直線の延長線上に考えてよろしいであろうか?。これが傾向線上の予測の典型例であるが、答えはNoである。それは何故か。売上げの実績点は実は供給曲線と需要曲線との交点であり、実績点が見た目で直線上に並んでいたのは、たまたま偶然のいたずらで交点がそうなっていたに過ぎない。したがって、来期においては需要曲線と供給曲線が、この見かけ上の直線とは全くかけ離れた所で交わる可能性があるからである。実証科学に基づく経済予測では、この供給曲線と需要曲線自体を求めて、それを用いて予測を行わなければならない。このように元々の資料発生のメカニズムに基づいて経済の構造を表すモデルを作る必要がある。このように、真の実証科学的方法論では、構造推定法を用いて過去の傾向線上の予測を排しているのであり、科学とはむしろ「単なる過去の延長線上の予測」を排除するものなのである。
 
 さて、ここで話をわき道から本論に戻そう。前に述べたとおり、科学は万能ではない。しつこい程繰り返して言うが、科学的方法論はその定義自体から自明であるように、実験・観察を行えないような命題に対しては全く無力なのである。世の中には科学の領域と科学では覆えない領域があることが分かる。当然のことながら現実の実務の上では、科学の守備範囲であるか否かに係わらず解決しなければならない問題があり、これが仕事となることがある。この場合、科学の守備範囲外の問題については実験・観察事実に基づかずに頭のなかで純粋に論理的に判断を下していく以外に対処方法は無い。しかしながら、科学の守備範囲においてまで純粋に論理のみで考えることは間違っており、実験・観察事実に基づいた仮説モデル(=科学における理論)をどのように応用するべきか、ということを考えることが必要となる。もちろん、科学の領域とそれ以外とはきちんと綺麗に分かれている訳ではなく、悩ましい境界領域上の命題はあると思う。だから、世の中の命題を科学の守備範囲と守備範囲外とに分けるという2分法は”事実”そのものではなく、”モデルの単純化”であるという前提を踏まえた上で私の話を読んでいただきたい。
 
 ここで、科学の領域では、どのモデルを採用するべきかという選択基準は実験・観察事実であり、採用されるモデルはその時点までに明らかになっている実験・観察事実に応じて一つに絞られる(ただし厳密には、学説が対立して複数ある場合はあるが、これは、モデルは本来一つに絞られるべきでありながら、その選択基準が新たな実験・観察事実によるものであってその時点までの実験・観察事実では不十分であるというだけの話であり、将来的には一つに収束する)ものである。なぜならば、誤った仮説モデルは実験・観察事実によって否定されるからである。一方、科学の守備範囲外の領域では、実験・観察事実によるチェックが行えない訳であるから、極端な言い方をすればモデルの答えは人間の頭数だけこの世に存在することになるのである。そして、理論構築の局面においても、その工学(政策)的応用局面においてどのように応用するべきか、という点に関しては答えは人間の頭数だけ存在するのである。そして、科学の守備範囲外の領域では答えが一つではない以上、何人たりといえども、自説で人を説得する権利は持っているが、自説を人に強要する権利は持っていない。なぜならば、命題の答えが一つでは無い、少なくとも実験・観察事実によって一つに絞ることができないからである。しょせん、答えなど人間の頭数だけこの世に存在するのである。どこかに私が思うところの理想の社会があり(これを理念と呼ぶ。なお、事実を無視するような形で仮説モデルに介入するような働きをする場合には”理念”は科学の敵になるので、理念が許されるのは科学の守備範囲外の領域と、工学(政策)的局面に絞られるべきである)、これを提唱する権利を私は留保するが、それを正しい(余談だが、科学の守備範囲外や工学(政策)の局面では、事実によって否定されることはないので、逆に言えば、答えが人間の頭数だけあったとしてもそのそれぞれに”正しい”という単語を使い得ると思う。これは、科学的方法論のように、将来新たに発見される実験・観察事実でひっくり返ることが無い、という文脈においてでの話である)と思うか否かは、受け止める人間の自由である。
 
 余談であるが、禅宗の言葉で「仏法是かんしけつ也(昔のトイレット・ペーパー)」というものがあるが、これは、私のこのような世界観から考えればよく真意が分かる言葉であろう。「仏法とはなんぞや」という命題は実験・観察事実によって反証可能な仮説モデルを作れる命題ではないので、人間の頭数だけこの世に存在するものである。その命題の解のどれを採っても、それが間違いであるなどと事実を基にして指摘することはできない。だから逆説的に言えば、「仏法などということはどうでも良いのだ。そんなことを考えている暇があったら修行せい。」と開き直ったのがこの禅宗の言葉なのではないだろうか。
 
 話を本論に戻して、結論を述べる。私が思想や哲学や主義やイデオロギーを忌み嫌うのは、「実験・観察事実を矛盾無く説明し得る反証可能な仮説モデルを構築する」という科学の領域に不要な介入をしてくるからであって、また、その結果、判断の前提になる自然法則の認識が誤るからである。一方、工学(政策)の局面では何らかの到達目標が必要だし、実験・観察事実でモデルを否定できない”反証可能性の無い”領域では事実抜きの合理性で物を考えざるを得ない。冒頭の幽霊やUFOの存在に関する質問の本当の正しい答えは、「幽霊やUFOが存在するか否かは分からないが、現時点の実験・観察技術では反証可能性が無いので、実証科学で研究する守備範囲ではない」というのが、科学的方法論から見た場合の模範解答なのである。もちろん、将来の実験・観察技術の進歩で科学の研究対象と化すことはあり得る。ただし、その時に実在するものとされるか、それとも実在が否定されるかはまた別儀である。
 
 
 
 
 
 
学術研究の部屋へ  
 
政策提言の部屋へ 
 
このホームページのトップへ
 
 
HMV
タワーレコード
indiesmusic.com

このHP作者に関係のある別HPです。

STATISTICS

  

炭鉱マニア

  

鉄道艦船航空陸自マニア

  

ネットDE討論@Marine

keyword = 科学的方法論,科学,実証科学,カール・ポパー,反証可能性,仮説