経営情報論,経済学,国際政治学研究学徒で歌人でロックバンドSTATISTICSのカミタク(かみたく)こと神山卓也のプロフィル・経歴の自己紹介。keywords = カミタク,神山卓也,プロフィル,自己紹介,経歴,かみたく
   このホームページのトップへ,  フレーム枠内のトップ画面へ

神山卓也写真

ロゴ

神山卓也(Takuya Kamiyama)のプロフィルの部屋


神山 卓也 (カミヤマ タクヤ)
(愛称:カミタク)

1963(昭和38)年8月28日生まれ。
星座:乙女座,血液型:A型,男性
身長:154センチ 体重:52キログラム





この画面(プロフィルの部屋)のもくじ
概要及び略歴 私の歩み 資格,特技
自分の性格 自分に似ている有名人 尊敬している人
好きなタレント 尊敬していたり好きだったりするミュージシャンや作曲家 好きな画家
嫌いな有名人 今までに読んで良かったと思った本 感動した映画,ドラマ,演劇
好きな街やよく知っている街,エリアなど 好きな動物 嫌いな動物
このホームページのトップ画面へ プロフィル関連リンク集のページへ

<概要及び略歴>

「プロフィルの部屋」トップへ



生年月日 :  1963年(昭和38年)8月28日
出身地   :  東京都世田谷区
表の顔   :  ビジネスパーソン
裏の顔   : 
○   実証科学者研究分野:計量経済学,経営情報論,国際政治学・安全保障論,ほか日本情報経営学会(旧・オフィス・オートメーション学会[OA学会]),  組織学会,  JAPE : 日本経営品質学会,  国際安全保障学会(旧・防衛学会),  日本防衛学会(旧・防衛大学校防衛学研究会),  軍事史学会に所属
○   元・自由党・エルカデット(政治家候補生)(注),  現・民主党党員神奈川県連の民主党神奈川県第18区総支部に所属し、ひだか剛代議士を支えます。
○   アララギ後継誌『短歌21世紀』所属歌人
(終刊前の『アララギ』最後の若手歌人の内の1人)
○   詩人
○   J-POPファンにも聴き易いキャッチーなロック・バンド・STATISTICSのプロデューサー(兼) Vo. (兼) G.
(注)   L.カデット(「エルカデット」と読みます)とは、1998年12月の自由党国会議員候補者コンテストに合格して採用された,元・自由党政治家候補生のことです。
学位     :  博士(学術):Doctor of Philosophy in Entrepreneur Engineering
学歴     : 
1968年4月 :  私立大森めぐみ幼稚園入園
1970年3月 :  私立むらやま幼稚園卒園
1970年4月 :  東京都杉並区立馬橋小学校入学
( 馬橋小学校同窓会 )
1976年3月 :  新潟県新潟市立下山(したやま)小学校卒業
1976年4月 :  新潟大学教育学部附属新潟中学校(現・新潟大学教育人間科学部附属新潟中学校入学
1979年3月 :  北海道教育大学附属札幌中学校卒業
( 北海道教育大学附属札幌中学校同窓会 )
1979年4月 :  国際基督教大学高等学校(英名:International Christian University High School,  略称:ICUHS or ICU高校)入学
1982年3月 :  同校(ICUHS)卒業
( ICUHS Alumni Website - ICU高校(国際基督教大学高等学校)同窓会,  ICUHS Reunion )
1982年4月 :  慶應義塾大学商学部入学
1986年3月 :  同校(慶應義塾大学商学部)卒業
( 慶應連合三田会,  インターネット三田会 )
1995年4月 :  東洋英和女学院大学大学院修士課程社会科学研究科社会科学専攻(現・国際協力研究科,社会人向け夜間共学)入学
1997年3月 :  同校東洋英和女学院大学大学院修士課程社会科学研究科社会科学専攻)修了。学位は「修士(社会科学)」。
( 東洋英和女学院同窓会,  東洋英和女学院大学大学院同窓会 )
2004年4月 :  高知工科大学大学院工学研究科基盤工学専攻(起業家コース)博士後期課程(東京・大阪のサテライト・キャンパスでも土日に講義を受講可能な社会人向け大学院)入学
2007年9月 :  同校高知工科大学大学院工学研究科基盤工学専攻(起業家コース)博士後期課程)修了。学位は「博士(学術)」で、英語では、Doctor of Philosophy in Entrepreneur Engineeringです。
( 高知工科大学同窓会 )
卒論     :  Market Analysis of Alcoholic Beverages as an Empirical Research of Competing
修士論文 :  二次式効用指標関数を用いての保険需要関数の計測
上記修士学位論文要旨

博士論文 :  地方都市の地域産業振興 − 産業構造の変化に対応していかに地域が生き残るか:鹿児島の観光食料産業クラスターと創業支援を例にして −
(リンク先は、高知工科大学学術情報リポジトリのサブ・コンテンツ。リンク先ページ上にPDF形式のファイルで拙学位論文が掲載されています。)
研究業績 :  当HP内の「学術研究の部屋」内の「研究業績(論文,学会報告,本など)」ご参照。
著書     : 
○   共著:原田 保,涌田幸宏 編著『デジタルストラテジー』(中央経済社,2000/07/14)
○   共著:宮崎正康 地域研究会編著『IT活用で地域が変わる 地域活性化・危機管理』(ぎょうせい,2005/03/01)
○   共著:高知工科大学大学院起業家コース著『木の葉、売ります。ベンチャーに見る日本再生へのヒント』((株)ケー・ユー・ティー発行,丸善(株)出版事業部発売,2006/12/10)
訳書     : 
○   共訳:チャールズ・I・ジョーンズ著,香西泰監訳『経済成長理論入門 新古典派から内生的成長理論へ』(日本経済新聞社,1999)
○   共訳:P.エドワーズ著,深谷庄一(防衛大学校教授)監訳『クローズド・ワールド コンピュータとアメリカの軍事戦略』(日本評論社,2003年4月)
短歌作品 :  平成14年短歌現代新人賞次席入選作品「閉山」30首など短歌作品については、当HP内の「短歌の部屋」ご参照。
音楽活動 :  当HP内の「音楽の部屋」,ならびに所属ロックバンドSTATISTICS公式WEBサイト・STATISTICS Official WEB Pageご参照。


 なお、当ホーム・ページに載せた私の見解は全て個人的見解であり、私が所属する全ての団体は、私の見解に関して免責である旨、念のため前置きしておきます。


<私の歩み>

「プロフィルの部屋」トップへ


平安時代
 まずは出自として祖先の系譜から自己紹介いたします。私の祖先は藤原北家・山陰流(Yamakage)の関東武士・常陸介(Hitachinosuke)家として、中村(Nakamura)氏、或いは伊佐(Isa)氏を名乗りながら常陸の国で常陸介(常陸の国[今の茨城県]の介[次官])職を務めていました。故に、神山氏の本姓は藤原(Fujiwara)ということになりますので、中世風に申せば私・神山卓也(Takuya Kamiyama)は正式には藤原朝臣卓也(Takuya von Fujiwara)、略式には神山藤太郎卓也(Takuya Kamiyama von Fujiwara)だということになります。

鎌倉時代
 源頼朝公の奥州征伐に従軍した常陸介朝宗(常陸入道念西。ただし、常陸入道念西は次男で伊達氏の祖・宗村のことだとする説もある。)の4人の子・常陸冠者為宗・同次郎為重・同三郎資綱・同四郎為家は、阿津賀志山の戦いで藤原泰衡が郎従・佐藤信夫庄司を討ち取る軍功を挙げました。これにより次男・宗村(初名・為重)は奥州伊達郡を頼朝公から賜り後の戦国大名・伊達氏の祖となり、四男・常陸四郎為家(Tameie "Hitachi Shirou" Hitachi)は伊達(Date)氏を称して兄の系統を助けていましたが、後に奥州稗貫郡(ひえぬきぐん,今の岩手県花巻市、稗貫郡)を頼朝公から賜り、鎌倉・室町幕府御家人・稗貫(Hienuki)氏の祖先になりました。稗貫家初代の祖・為家が伊達為家として伊達氏の苗字のまま兄・宗村を支えていた経緯は不明ですが、常陸四兄弟の妹・大進局が生んだ源頼朝の子・貞曉を還俗させての擁立を伊達宗村が画策して北条氏から睨まれて逃げたことがあった模様なので、宗村の留守を守っていたのかと推測しています。吾妻鏡ではこの時期、伊達宗村や伊達義広といった伊達家正嫡の系統よりも伊達為家の足跡が多く見られます。なお、貞曉は頼朝の庶子としては珍しく北条氏に殺されずに済みましたがそれは政治的野心を捨てて出家した処世術によるものであり、鶴岡若宮別当となった後、仁和寺の隆曉法眼の弟子になりました。この京都行きの出発時には常陸平四郎(伊達為家)の由比の宅から進発したという記録があります。稗貫側の庶流諸家の系図の中には為家は稗貫郡に下向せず子の為重の代に初めて下向したとする記録もありますが、「北条氏に睨まれた伊達宗村の留守を守っていた可能性がある」という事情と「稗貫氏となっての稗貫郡への下向が遅れた」こととは平仄が合うような気がします。歴史研究家の説の中には稗貫氏の祖先は小野氏系の中条氏だとする説もありますが、稗貫庶流諸家の系図の中に中条氏末裔たる系図は無く地方史の本に残る系図は伊達氏系統のものが多く、伊達氏も中条氏も鎌倉御家人・稗貫氏も共に中世の名族であるが故に系図詐称の動機も無いことから、稗貫氏の祖先は伊達氏である可能性の方が高いと私は考えています。ただし、伊達氏は中世初期に至るまで結束が固かったのですが、南北朝期には伊達正嫡の行朝は南朝方だったのに当時の稗貫出羽前司は北朝方であり、行朝に討ち取られたという記録があります。なお、伊達(稗貫)為家には鎌倉出仕中に刃傷事件を起こして佐渡に配流されたことがあるという経歴があり、このような血の気の多いエピソードを持つ祖先は、尚武の気風を良しとする私にとってはワクワクと楽しくなるような誇れる祖先です。

南北朝時代
 鬼柳文書というこの岩手県地方史の史料文献に、稗貫(Hienuki)氏の庶流・稗貫根子(Neko von Hienuki,ねこ)兵庫が北朝方として活躍した記録があります。この記述により、この頃、根子(Neko)氏が稗貫(Hienuki)氏から庶流として分かれて、稗貫郡根子村を領有たことが分かります。なお、鬼柳文書を残した鬼柳氏は稗貫氏の稗貫郡の隣国・和賀郡の主・和賀氏の一族です。後述のごとく稗貫氏は戦国末期(安土桃山時代)に滅亡して稗貫氏も庶流の家臣・根子氏も累代の系図等が紛失したために詳細は不明ですが、根子氏は室町時代には所領が隣国の和賀氏・稗貫氏国境地帯にあったこともあって稗貫氏に属したり和賀氏に属したりした模様です。後述の稗貫氏滅亡時の最後の稗貫氏当主が和賀氏出身の養子だったこともあり、稗貫氏滅亡時には根子氏は稗貫家臣団に属し、稗貫家中では最大の武闘派勢力と化していました。この武闘派だったという履歴は、尚武の気風を良しとする私にとっては少々誇れるものです。

室町時代
 根子(Neko)氏が、曹洞宗 法音山 昌歓寺を建立しました。この昌歓寺が、根子氏(現・神山氏)の花巻在住時代の菩提寺です。

安土桃山時代
 豊臣秀吉の小田原北条征伐の際に参陣しなかったため、稗貫氏は所領を失って滅亡し、稗貫氏居城・花巻城(鳥谷ケ城)を失いました。この時、稗貫氏庶流として根子氏も運命を共にして所領と根子舘(今も遺跡が花巻市にあり、上述の昌歓寺が跡地に建っています)を失い、二度に渡る和賀・稗貫一揆という反乱を起こしましたが鎮圧され、当時の根子氏成人男子のほとんどは、私の祖先・根子越後守高重も含めて討ち死にするに至りました。この頃の根子氏は前述のように稗貫家臣団の中では最大の武闘派勢力であり、特に二度目の和賀・稗貫一揆の際には嫡流・稗貫氏が滅んで消えた後だったためほとんど稗貫党を代表して和賀軍に参加していました。血気盛んなのは良いことでしょうが、豊臣秀吉を軽視して所領を失うがごとき判断は、交易が盛んならざる山間の盆地地域を所領としたが故の中央政界動向に対する視野の狭さを示唆することであり、この祖先の稗貫一族の判断ミスは後に私が外交・安全保障論を学ぶ際に政策研究の観点からは「祖先の判断ミスを繰り返してはならない」という戒めの基になったものです。なお、稗貫氏嫡流はこの時滅んだとされていますが、会ったことはないのですが北大法学部に稗貫俊文という教授がおられ、もしかしたら稗貫氏庶流の私とは遠縁なのではないか、と少々気になる存在です。

江戸時代初期
 稗貫郡根子村内の神山(Kamiyama,かみやま : 現在の岩手県花巻市上根子字神山)での新田開発の功績により、南部重直公から仕官を許され、花巻の給人として百石取り前後の家格で南部藩士になり(=上述の反乱の罪を許されました)、武家の身分を全うすることが可能になりました。この際、南部藩領では「戦犯」の印象が強い根子の苗字を名乗ることをはばかり、重直公の許しを得て「神山(Kamiyama,かみやま)」と改姓しました。重直公は大リストラを断行したこともあり南部盛岡藩史においては悪名高い暴君として名を残した君主でしたが、新たな人材の積極的登用も行った殿様であり、地方史に残る程の暗君ではなかったと私は考えています。少なくとも我が神山(Kamiyama=根子(Neko))氏にとってはいくら感謝しても感謝し足りない殿様でありましたし。

寛文4(1664)年
 南部重直公が跡継ぎを定めずに死去したことに伴い、幕命により南部直房公が南部八戸藩を起こして南部盛岡本藩から分かれた際に、私の祖先は南部八戸藩士として召し出されて八戸に移住し、八戸神山氏が花巻神山氏から分かれました。八戸での菩提寺は浄土宗の天聖寺(左記の天聖寺の紹介サイトは、浄土宗青森教区教化団WEBサイトのサブ・コンテンツ)でした。

江戸時代中期
 八戸神山氏は藩医系神山氏と藩士系神山氏とに分かれ、私の祖先は藩医系神山氏として、歴代、南部八戸藩の藩医や祐筆を務めました。この時期の祖先の1人・神山仙確(かみやま せんかく)は安藤昌益の高弟として郷土史に名前が出てきますが、私自身は「原始共産主義」とも言うべき安藤昌益の思想は、市場メカニズムの見地から見てナンセンス、はっきり言って論外の言語道断であり嫌いです。また、安藤昌益にかぶれる人間というのがいわゆる左翼インテリ文化人が多いというのも、その性癖に共通の傾向がありその延長線上に「安藤昌益好き」があるような気がしていていけ好かないです。神山仙確は祖先ではありますが安藤昌益のような過激左傾思想にかぶれたが故に、タイムマシンがあったら一刀の下に切り捨てたい輩です。この頃の家格は能力給ベースで百石取り前後ですが、二万石の小藩・南部八戸藩においては百石取りの武士は上級武士の家系でした。

幕末・明治維新期
 訳あって江戸時代後半に二俵三人扶持程度に家格が没落したまま神山家は明治維新を迎えました。南部八戸藩の最後の当主は島津家からの養子だったこともあり、戊辰戦争の被害をほとんど受けませんでした。

大正時代又は昭和の始め頃
 祖父・神山直道(かみやま なおみち)が上京し、世田谷の三軒茶屋(正確には太子堂。また、当時は世田谷区成立前)に住み始めました。これが、藩医系神山氏の一族の中では東京神山家の始まりです。

1929(昭和4)年1月9日
 父・神山 基(Motoi Kamiyama,かみやま もとい)が今の東京都世田谷区で生まれる。父は現役時代、気象庁職員でした。短歌結社『青虹』所属、後に『新炎』所属の歌人でもあり、私が短歌を始めたきっかけは父の影響です。東京理科大卒の技術者で、私の実証科学志向も父の影響であり、歴史や国際情勢や音楽や絵画や武道などへの興味も父の影響であり、私は父とは外見も酷似しているのですが、内面的にも父からはコピーと言っても過言ではない程の影響を受けました。私は、自他共に認めるファザコン少年として育ちました。

1934(昭和9)年11月
 母・増田多美子(Tamiko Masuda),ますだ たみこ;後の神山多美子(Tamiko Kamiyama))が、今の東京都世田谷区で生まれる。父と母とは見合い結婚ですが、実家は歩いて行ける程の近くで、同じ小学校の同窓生です。増田家の祖先は徳島県脇町の栄えた藍染め商人でしたが、母の叔父の代に家が潰れたことに伴い、祖父・忠兵衛の代に上京していました。

昭和30年代
 父と母が結婚し、新婚生活は当時の父の赴任地・長崎で過ごしました。後に私が生まれる少し前に首都圏に転勤で戻って来て、神奈川県相模原市に住み始めました。

1963(昭和38)年8月
 東京都世田谷区に生まれる。世田谷の三軒茶屋には父の実家も母の実家もあり私は生粋の三茶っ子で三茶が第1の故郷ですが、これは里帰りした母の実家があったためで、最初は神奈川県相模原市に住んでいました。相模原市は第2の故郷です。

1968(昭和43)年4月
 東京都大田区に転居していた私は、私立大森めぐみ幼稚園(HPは日本基督教団大森めぐみ教会・大森めぐみ幼稚園)に入園しました。大田区も第2の故郷です。。

1970(昭和45)年3月
 東京都武蔵村山市 私立むらやま幼稚園卒園。武蔵村山市も、第2の故郷になりました。

1970(昭和45)年4月
 東京都杉並区立馬橋(まばし)小学校入学。杉並区も第2の故郷の一つです。途中で転校した新潟での小学校時代のクラブは、夏は水泳部,冬はバスケットボール部でした。その他に、小学校時代から中学校時代の途中までボーイ・スカウトをやっていました。

1976(昭和51)年3月
 新潟県新潟市立下山(したやま)小学校卒業。新潟市も、私にとってはかけがえのない第2の故郷です。

1976(昭和51)年4月
 新潟大学教育学部附属新潟中学校(現・新潟大学教育人間科学部附属新潟中学校)入学。中学校時代のクラブは軟式テニス部です。私はこの中学がとても好きだったのですが、思い出多いこの中学校のすぐ近くが横田めぐみちゃん拉致事件の現場だったことが、後年、拉致された日本人を救う会の運動に対して、(その運動が世間の注目を集める前の時点からの古い)賛同者として活動するようになった契機になりました。

1979(昭和54)年3月
 北海道教育大学附属札幌中学校卒業。札幌も、私にとってはかけがえのない第2の故郷です。転勤族の子供としては、一回住んでみたかった都市なので、ここに住めたことは結構うれしいことでした。えへへ、私は札幌っ子でもあるのです。

1979(昭和54)年4月
 東京に戻り、国際基督教大学高等学校(略称ICUHS;International Christian University High School)入学。高校時代のクラブは、水泳部,中国語同好会,私が創立したドイツ語同好会を掛け持ちして、さらにその上、生徒会副会長を合計2期務めました。私が2期生という新設校でしたので、生徒会規約なども自分たちで定めていったのが楽しかったし、貴重な体験になりました。高校時代は第1男子寮におり、小金井市なので、小金井市や武蔵野近辺も第2の故郷になりました。
 高校にいる間に実家が札幌市から茨城県水戸市に移り、水戸も第2の故郷になりました。

1982(昭和57)年3月
 同校卒業。

1982(昭和57)年4月
 慶應義塾大学商学部入学。大学時代には、神奈川県横浜市(第2の故郷の1つ)に住んでいました。生まれ育って三代目でなければ「江戸っ子」になれない東京都は異なり、横浜は開放的で「生まれていなくても住んだだけでハマっ子」なので、私は多くの第1,第2の故郷の中でも特に、自分はハマっ子であると思っております。ゼミは教養課程では西川俊作教授の福澤諭吉研究、学部では辻村江太郎教授の計量経済学・経済政策のゼミでした。西川先生と辻村先生のおかげで、経済学の慶應学派(Keio School)の本流である、ミクロ経済学の実証理論分析の指導を受けることができました。
 大学にいる間に実家が茨城県水戸市から山梨県甲府市に移り、甲府も第2の故郷の1つになりました。

1983(昭和58)年春
 ロックバンド・STATISTICSを結成しました。また、大学時代のクラブは、いくつかのクラブを模索した後、最終的にはBIC(Business Information Community)に入っていました。これは、経済・経営系統専攻の各ゼミ有志が集まって、研究情報交換やシンポジウム開催を行うサークルでした。

STATISTICS


 また、ケンブリッジやオックスフォードなどの英国の大学にあるようなスクール・タイの文化を日本に導入しようとして、大学生協購買部に提案してスクール・タイの製品開発のプロジェクトを起こして貰い、その企画メンバーの一員として慶應義塾のエンブレム,ネクタイ,ブレザー・ボタンの製品開発を行いました(これは現在でも慶大生協で売られているものです。・・・少々誇らしいです。エヘン!!)。

慶應義塾生協HP中の「オリジナルウェア&衣料グッズの紹介」(私が商品開発した、ネクタイとエンブレムが載っています。)

1986(昭和61)年3月 
 同校卒業。卒論は、Market Analysis of Alcoholic Beverages as an Empirical Research of Competing。
 卒業に伴い、STATISTICSは高久保(たかくぼ)豊と私の2名体制になりました。

1986(昭和61)年4月
 某損害保険会社入社。同社情報システム部門を中心にしてキャリアを積む。入社当初は、東京都府中市に住んでおり、府中市も第2の故郷になりました。
 入社2年目に実家が京都府舞鶴市に移り、舞鶴市も第2の故郷になりました。今では実家は横浜市にあります。

(注)   当WEBサイト掲載情報はプライベートなオフの時間に行っている筆者の活動の記録であり、見解は全て筆者の個人的見解であります。筆者の所属組織全ては当WEBサイトの内容に関して免責であります。

1987(昭和62)年
 月は忘れましたが、この年、ICU教会で受洗し、キリスト教徒になりました。以来、家の宗教は浄土宗、個人の宗教はプロテスタント(新教)という立場にあります。神山家嫡男として祖霊や親族の法事は浄土宗のお寺にお世話になり、個人の信仰としてはプロテスタント(特に教義としては、カルバン派の予定調和説と、洗礼に関しては幼児洗礼に反対であることから再洗礼派を是としながらも、信仰告白としてはメソジスト系の日本基督教団に基づいて行いました)であります。自分の(これから出会う)家族に対しては、家の宗教(浄土宗)への敬意を忘れずにこれを廃さず、かつカルト的ではない伝統宗教を信じるかもしくは無宗教であり、かつ特定の宗教を信じた場合にはこれにのめり込んだり家族に布教したりしない限り、どのような宗教を信じても可だと考えており、宗教的寛容性は重要だと思っております。

1990(平成2)年10月
 短歌結社『アララギ』入会。

1992(平成4)年7月
 毎日全国短歌大会佳作入選。

1994(平成6)年5月
 会社事業所移転に伴い、神奈川県川崎市に転居。川崎市も第2の故郷の一つになりました。

1995(平成7)年4月
 東洋英和女学院大学大学院修士課程社会科学研究科社会科学専攻(社会人向け夜間大学院[共学],私の大学院終了後、大学院国際協力研究科に改組。)入学。慶應義塾退任後東洋英和に転じていた辻村先生の指導の下に経済学のテーマで修士学位論文を仕上げながら、同様に慶應義塾から転じておられた神谷不二教授から国際政治学の指導も受けることができました。私が東洋英和に入ったのは両先生の指導を受けたかったからで、この二大恩師には足を向けては寝られません。ここでは、辻村先生、神谷先生という私にとっての二大師匠のご指導を受けられた他にも、後にスタンフォード大に戻ってしまった計量経済学、特に非線形回帰分析の大家・雨宮健教授にとって「日本の大学院で教えた唯一の教え子」になることができて私の修論(修士学位論文)に必要だった非線形最小二乗法について直々にご教授いただけたり、香西泰教授宮崎正康教授など多くの素晴らしい教授の指導を受ける機会に恵まれました。
 激務のかたわら学問にも励むのは極めてしんどくはありましたが、私の視野を大きく拡げてくれた体験になりました。また、後に政治の世界に係わるようになった際に、理論経済学と国際政治学/安全保障論の専門的学識は学術研究だけでなく政策研究の上でも役に立ち、この世界(政治の世界)にありがちな、「思い込み」や「まがい物」の政策提言に出くわしたときにその欠点を見破る目利き能力が涵養済みだったという点でも、ここでの諸先生方のご指導は大いに役立ちました。

1997(平成9)年3月
 同校修了。学位は修士(社会科学)。修士学位論文は、『二次式効用指標関数を用いての保険需要関数の計測』(上記修士学位論文要旨はこちらへ)。大学院修了以降、学術研究に関しては主にオフィス・オートメーション学会(OA学会)を活動の場の中心にして論文発表や学会報告を行っています。大学院終了後の主要学術業績については、当HP内の「学術研究の部屋」内の「研究業績(論文,学会報告,本など)」ご参照。

1997(平成9)年7月
 短歌現代新人賞佳作入選。

1998(平成10)年1月
 1997年12月の『アララギ』終刊に伴い、アララギ後継誌『短歌21世紀』入会。アララギ後継誌4誌(4結社)中で最も改革志向の強い『短歌21世紀』で歌道鍛錬に励みながら、改革派若手歌人として短歌革新に全力を尽くすことを決意しました。

(注)   当WEBサイト掲載情報はプライベートなオフの時間に行っている筆者の活動の記録であり、見解は全て筆者の個人的見解であります。筆者の所属組織全ては当WEBサイトの内容に関して免責であります。

1998(平成10)年7月
 短歌現代新人賞佳作入選(2回目)。

1998(平成10)年12月
 自由党国会議員候補者コンテストに合格し、L.カデット(エルカデット)として自由党に入党(厳密には入党は翌年)。

(注)   L.カデット(エルカデット)とは、この国会議員候補者コンテストに合格して採用された,自由党政治家候補生のことです。また、当WEBサイト掲載情報はプライベートなオフの時間に行っている筆者の活動の記録であり、見解は全て筆者の個人的見解であります。筆者の所属組織全ては当WEBサイトの内容に関して免責であります。

1999(平成11)年7月
 短歌現代新人賞佳作入選(3回目)。{2000(平成12)年には応募せず}

1999(平成11)年7月
 官公庁or特殊法人など公共部門に出向&奉職して広い見地から社会に貢献したいという異動希望が叶い、某特殊法人に社外出向しました。

(注)   当WEBサイト掲載情報はプライベートなオフの時間に行っている筆者の活動の記録であり、見解は全て筆者の個人的見解であります。筆者の所属組織全ては当WEBサイトの内容に関して免責であります。

1999(平成11)年7月〜2000(平成12)年6月
 ボランティア・スタッフとして、自由党の東京3区の坪谷いく子候補の支援をして2000年衆議院議員選挙を戦いました。坪谷候補は、自由党エルカデット(政治家候補生)の同期で、私の姉貴分です。惜しくも坪谷候補は当選できませんでしたが、当時東京3区(大田区の一部+品川区)で坪谷候補を支えて下さった方々、どうもありがとうございます。自分自身がサラリーマンの立場から政治の世界に飛び込むことが難しいならば、国家への貢献のために今の立場でも尽くし得るベストは同志のお手伝いをすることだ、というのが私のモットーです。これは、これから後の他の候補のお手伝いでも同様です。
 この時の政治活動での出会いの中で、eポリティクス版現・民主党(旧・自由党)勝手に応援団「ネットDE討論@渋谷」(リンク先は私が支部長を務める「ネットDE討論@渋谷」神奈川支部「ネットDE討論@Marine」公式HP)や、北朝鮮に拉致された日本人を救出するインターネットの会(略称:救う会ネット,同会は訳あって解散したのでリンク先はアーカイブ)にも参加することになりました。前者での活動をアクション・リサーチとしてまとめて学会報告した研究が拙稿「e−politicsにおけるサポーターの政治参加」(OA学会『オフィス・オートメーション 第41回全国大会予稿集』,2000年10月)pp.169−172であり、これ以降、経営学の視点からのe-politics研究が、研究者としての私の主たる研究テーマの一つになりました。


1999(平成11)年

経済成長理論入門共訳:チャールズ・I・ジョーンズ著,香西泰監訳『経済成長理論入門 新古典派から内生的成長理論へ』(日本経済新聞社,1999)

 私は,「第4章 アイデアの経済学」全てと「第7章 インフラストラクチャーと経済の長期的パフォーマンス」の半分とを分担訳しました。


を発表しました。 この本は、Amazon.co.jpでも買えます。


2000(平成12)年7月

デジタルストラテジー共著:原田 保,涌田幸宏 編著『デジタルストラテジー』(中央経済社,2000/07/14)

 私は、「第11章 顧客データベースのマーケティングモデル」を担当しました。


を発表しました。 この本は、Amazon.co.jpでも買えます。



2000(平成12)年11月
 所属レーベル・TRADE WINDS musicレーベルより、所属ロックバンド・STATISTICSのデビュー・アルバム

Jacket「せつなくて...sentimental season」

を発表しました。このアルバムCDは,

STATISTICS

でサビの箇所の無料試聴、NetDebut@niftyで有料音楽配信など、インターネット音楽配信でお楽しみいただくことができます他,

HMV
タワーレコード
indiesmusic.com

でネットショッピングにてお求めになれます。また、このSTATISTICSの公式WEBサイト・STATISTICS Official WEB Pageでの実験を契機にして始めたアクション・リサーチが、研究者としての私の主たる研究テーマに加わりました。



2001(平成13)年1月
 ボランティア・スタッフとして、埼玉県戸田市市議会議員選挙で、自由党エルカデット(政治家候補生)同期の自由党なかしま浩一候補の支援をしました。惜しくもこの時はなかしま候補は当選できませんでしたが、後に補欠選挙で当選しました。なかしま候補を支えて下さった方々、どうもありがとうございます。自分自身がサラリーマンの立場から政治の世界に飛び込むことが難しいならば、国家への貢献のために今の立場でも尽くし得るベストは同志のお手伝いをすることだ、というのが私のモットーです。これは、これから後の他の候補のお手伝いでも同様です。

2001(平成13)年7月
 短歌現代新人賞佳作入選(4回目)。

2001(平成13)年9月11日
 祖父・祖母の内、最後まで生き残っていた父方の祖母・神山しのぶが90歳超の大往生で死去。丁度病院で遺体搬出を待っている間に9.11テロの映像がTVニュースで映っており、或る意味で、一生忘れられない光景になりました。

2002(平成13)年2月〜3月
 埼玉県戸田市市議会議員補欠選挙で、なかしま浩一氏が親交を結んでいた戸田市長派の平成会所属の無所属候補として立候補したので、ボランティア・スタッフとして再び同氏のこのお手伝いをしました。今回は無事に当選し、この選挙戦の分析を拙稿「埼玉県戸田市議補選におけるe-politicsのアクション・リサーチ」(オフィス・オートメーション学会『オフィス・オートメーション 第44回全国大会予稿集』,2002年5月)pp.91−94として学会報告しました。なかしま候補を支えて下さった方々、どうもありがとうございます。なお、なかしま氏は後年、2007年に埼玉県議会議員になりました。

2002(平成14)年7月
 出向先から出向元に復帰異動。

(注)   当WEBサイト掲載情報はプライベートなオフの時間に行っている筆者の活動の記録であり、見解は全て筆者の個人的見解であります。筆者の所属組織全ては当WEBサイトの内容に関して免責であります。

2002(平成14)年7月
 拙作「閉山」で短歌現代新人賞次席入選(入選は5回目)。

2002(平成13)年07月
 祖母・神山しのぶの一周忌に先立ち、家の墓を青森県八戸市から神奈川県横浜市に移しました。それまで八戸生まれの祖父・祖母に遠慮して父と私は墓を移さないでいたのですが、これで名実共に、東京・横浜地域を本拠地とする態勢になりました。この墓は、将来私が永眠したら入る墓です。新たな菩提寺は、横浜市金沢区にある浄土宗の天然寺です。


2003(平成15)年4月

Closed World共訳:P.エドワーズ著,深谷庄一(防衛大学校教授)監訳『クローズド・ワールド コンピュータとアメリカの軍事戦略』(日本評論社,2003年4月).

私は、「第3章 SAGE」を訳しました。


を発表しました。この本は2001年に翻訳していたのですが、ここで一つ言い訳をすれば、2001年参議院議員選挙ではこの本の翻訳で多忙だったため、自由党同志のお手伝いが(少なくともリアルスペースでは)できず、申し訳無い思いをいたしました。 この本は、Amazon.co.jpでも買えます。


2003(平成15)年11月
 自由党・民主党合併に伴い、民主党に入党。民主党神奈川県連の民主党神奈川県第18区(川崎市高津区,宮前区)総支部に所属し、ひだか剛代議士を支えることになりました。9月から既にひだか剛選挙事務所のボランティア・スタッフをしておりましたが、ただでさえ多忙な選挙期間中に余計な事務処理負担を事務所にかけたくなかったため、正式な入党は2003年衆議院議員選挙でひだか剛さんが当選してから後でひだか剛事務所経由で入党したため、民主党支持者になってから正式に入党するまでタイムラグが生じました。おかげさまでひだか剛候補は無事当選しました。同候補を支えて下さった方、ありがとうございます。
 自由党が消えてしまったことは正直本音を申せば寂しいですし、個人的にも、モチベーションを得られ易い(自由党)党本部直属党員としての政治家候補生の立場を喪失して、神奈川県連所属の1党員になったことは大きな変化でしたが、日本の構造改革のためには産業構造改革面も含めて保護主義の原因となる利権政治を一旦打破するべく自民党を日干しにする必要という自由党の見解に賛成して、民・自合併という平成の薩長連合を私は積極的に支持することにした他、支援するひだか剛民主党党内立場強化を援護射撃したいという趣旨からもひだか剛事務所経由で入党した方が良い、と判断した結果の、入党申し込み径路も含めての民主党入党理由です。くどいようですが、自分自身がサラリーマンの立場から政治の世界に飛び込むことが難しいならば、国家への貢献のために今の立場でも尽くし得るベストは同志のお手伝いをすることだ、というのが私のモットーです。

(注)   当WEBサイト掲載情報はプライベートなオフの時間に行っている筆者の活動の記録であり、見解は全て筆者の個人的見解であります。民主党を含めて筆者の所属組織全ては、当WEBサイトの内容に関して免責であります。

2004(平成16)年04月
 高知工科大学大学院工学研究科基盤工学専攻(起業家コース)博士後期課程に入学。大学院起業家コースは、高知本学の他に東京教室大阪教室のサテライト・キャンパスで土日に講義を行っており、在京や在阪の社会人が現職を休まずに通学することができます。

(注)   当WEBサイト掲載情報はプライベートなオフの時間に行っている筆者の活動の記録であり、見解は全て筆者の個人的見解であります。高知工科大学を含めて筆者の所属組織全ては、当WEBサイトの内容に関して免責であります。

2004(平成16)年09月
 転勤のため、鹿児島県鹿児島市に引っ越しました。これにより、鹿児島市も第2の故郷になりました。


2005(平成17)年3月

本の表紙共著:宮崎正康 地域研究会編著『IT活用で地域が変わる 地域活性化・危機管理』(ぎょうせい,2005年3月).

私は、「第1章 地域産業の振興とIT」を担当しました。


を発表しました。 この本は、楽天ブックスでも買えます。



2005(平成17)年05月13日(金)〜15日(日)
 横浜の実家の両親が、鹿児島に遊びに来てくれました。両親が死んでしまった今では、これが、両親との最後の家族旅行になってしまいました


2006(平成18)年06月01日(05月31日だったかも?)
 かごしま検定(鹿児島観光・文化検定)の初級資格であるかごしまマスターに合格しました


2006(平成18)年11月11日(土)
 最愛の母が、「もやもや病」に起因する「脳梗塞」による闘病の結果、肺炎をこじらせて力尽き、死亡しました。母の死に伴い、自分も将来死んだらキリスト教式ではなく、母や翌2007年に死んだ父と同じ浄土宗の葬式で葬儀を行って欲しいと思うようになりました。


2006(平成18)年12月

本の表紙共著:高知工科大学大学院起業家コース著『木の葉、売ります。ベンチャーに見る日本再生へのヒント』((株)ケー・ユー・ティー発行,丸善(株)出版事業部発売,2006年12月10日).

私は、「第六章 ネットワークで行う地域マーケティング」を担当しました。



を発表しました。この本は、2007年2月12日(月)付けの日本経済新聞22面の書評にも載りました。 この本は、楽天ブックスでも買えます。



2007(平成19)年08月
 転勤のため、愛知県名古屋市に引っ越しました。これにより、名古屋市も第2の故郷になりました。


2007(平成19)年08月05日(日)
 前年の母の死に続いて、後を追うようにして最愛の父までもが、心筋梗塞で死亡してしまいました。名古屋に異動して前任地の鹿児島よりも第1の故郷・横浜に近くなったため、「息子が近くに戻って来た」と言って父が喜んでくれていた矢先、正に赴任したその週のことでした。私は、大好きな父を孤独死させてしまい、単に悲しいだけにとどまらず、抜け出ることのない後悔の苦しみに襲われることになりました。また、両親に死なれてしまい、売れ残り独身の身としては独りぼっちになってしまいました。


2007(平成19)年09月
 高知工科大学大学院工学研究科基盤工学専攻(起業家コース)博士後期課程修了。学位は「博士(学術)」です。学位論文は、拙稿「地方都市の地域産業振興 − 産業構造の変化に対応していかに地域が生き残るか:鹿児島の観光食料産業クラスターと創業支援を例にして −」です。
(博士学位論文リンク先は、高知工科大学学術情報リポジトリのサブ・コンテンツ。リンク先ページ上にPDF形式のファイルで拙学位論文が掲載されています。)

(注)   当WEBサイト掲載情報はプライベートなオフの時間に行っている筆者の活動の記録であり、見解は全て筆者の個人的見解であります。高知工科大学を含めて筆者の所属組織全ては、当WEBサイトの内容に関して免責であります。



「プロフィルの部屋」トップへ




<資格,特技>

「プロフィルの部屋」トップへ


特種情報処理技術者, 一級小型船舶操縦士, 普通自動車免許, 合気道3級(未だ白帯), (社)全国乗馬倶楽部振興協会乗馬技能検定5級, 英検2級, TOEICの過去最高得点750点, 電話級アマチュア無線技師, かごしまマスター(かごしま検定[鹿児島観光・文化検定]初級合格者




「プロフィルの部屋」トップへ




<自分の性格>

「プロフィルの部屋」トップへ


優しくて明るくて誠実なこと




「プロフィルの部屋」トップへ




<自分に似ている有名人>

「プロフィルの部屋」トップへ


将棋の羽生名人




「プロフィルの部屋」トップへ




<尊敬している人>

「プロフィルの部屋」トップへ


藤原不比等, 源頼朝, 大久保利通, ネルソン提督, 東郷平八郎提督, スプルーアンス提督, チャーチル, レーガン, サッチャー,  ヤルゼルスキ, ヤノシェ・カダル(カーダールともいう), 父。



「プロフィルの部屋」トップへ




<好きなタレント>

「プロフィルの部屋」トップへ


加山到(母校・ICU高校の同期の古い親友ですので、べらぼうに応援しています),  加山雄三(私は,荘田平五郎中上川彦次郎(なかみがわ ひこじろう)加山雄三に憧れて慶應義塾を目指して、慶應義塾大学商学部に入学しました),  稲森いずみ(単に大ファンだというだけでなく,第2の故郷・鹿児島県の出身なので,わっぜ(←鹿児島弁で「べらぼうに」の意味)応援しています),  水野美紀(TVドラマ「踊る大捜査線」での好演が好きです),  上原多香子,  伊東美咲,  中山忍(TVドラマ「はみだし刑事情熱系」での好演が好きです),  仲間由紀恵,  北浦共笑(TVドラマ「ブランド」での好演が好きです),  今井美樹(TVドラマ「ブランド」での好演が好きです),  山口百恵(子供の頃に、アーティストとしても女優としても大ファンでした),  夏川結衣(TVドラマ「青い鳥」での好演が好きです),  浅野ゆう子,  中山美穂(TVドラマ「すてきな片想い」での好演が好きです),  常盤貴子(TVドラマ「愛していると言ってくれ」での好演が好きです),  島田陽子(TVドラマ「白い巨塔(1978年版)」と「平岩弓枝ドラマシリーズ結婚のとき」での好演が好きです),  ハンフリー・ボガート(Humphrey DeForest Bogart,),  反町隆史,  豊川悦司(TVドラマ「愛していると言ってくれ」や「青い鳥」等での好演が好きです),  柴田恭兵(TVドラマ「はみだし刑事情熱系」や「空飛ぶ広報室」等での好演が好きです),  風間トオル(TVドラマ「はみだし刑事情熱系」での好演が好きです)




「プロフィルの部屋」トップへ




<尊敬していたり好きだったりするミュージシャンや作曲家>

「プロフィルの部屋」トップへ


<クラシックや民族音楽>
ベートーベン(国立音楽大学音楽研究所ベートーヴェン研究部門), ショパン, リスト, ワーグナー(ワーグナーの歌劇な部屋), チャイコフスキー, スメタナ, グリーク, シベリウス, ロシア5人組, ドビュッシー, マルタ・アルゲリッチ(ファンサイト), ヴィルヘルム・ケンプ, ベルリン・フィル, チェコ・フィル, 赤軍合唱団, 札幌交響楽団, NHK交響楽団, 読売日本交響楽団, 慶應義塾大学ワグネル・ソサエティー, ナルシソ・イエペス, パコ・デ・ルシア, マノーロ・サンルーカル など。

<ハードロック/ヘヴィ・メタル&プログレ(海外)>
ディープ・パープル, レインボー, ホワイトスネイク, シン・リジィ, エリック・クラプトン, ゲーリー・ムーア, MSG, スコーピオンズ, ハロウィーン, ストラトバリウス, アングラ, ボン・ジョヴィ, メタリカ, EL&P, YES, エイジア, キャメル, ジャーニー など。

<普通のロック(海外)>
ビートルズ, ビリー・ジョエル など。

<ポップス(海外)>
ミッシェル・サルドゥー, ポール・モーリア, リチャード・クレイダーマン など。

<日本のアーティスト>
フォーク・クルセイダーズ, 加山雄三, 山口百恵, ダウンタウン・ブギウギバンド, オフコース, チューリップ, アリス, アルフィー, プリンセス・プリンセス, 今井美樹, 相川七瀬, アースシェーカー, X, GLAY, LUNA SEA, 浜田省吾, globe, ノヴェラ, アストゥーリアス, 喜多郎, 姫神, nonoko など。




「プロフィルの部屋」トップへ




「プロフィルの部屋」トップへ


<好きな画家>

モネ(モネの部屋), ルノワール, マネ, ドガ, スーラ, ロートレック, シャガール, ユトリロ, 横山大観, 平山郁夫, 東山魁夷, 加山又造, 上村松園, 上村松篁, 富谷一明, 松本久美子など。




「プロフィルの部屋」トップへ




<嫌いな有名人>

「プロフィルの部屋」トップへ


辻政信(太平洋戦争当時の陸軍の極悪参謀), 牟田口中将(インパール作戦の司令官), 金日成, 金正日, 野中広務, 河野洋平, 土井たか子, 筑紫哲也や大江健三郎ら左翼インテリ文化人




「プロフィルの部屋」トップへ




<今までに読んで良かったと思った本>

「プロフィルの部屋」トップへ


三浦綾子『塩狩峠』(新潮文庫), 『道ありき』(新潮文庫),
神谷不二『朝鮮戦争』(中公文庫)
いぬいとみこ『木かげの家のこびと達』(福音館,絶版),
伊藤左千夫『野菊の墓』, ジイド『狭き門』
ゲーテ『若きウェルテルの悩み』, マロリー『アーサー王の死』,
ブルフィンチ『ギリシャ・ローマ神話』,
ヤルゼルスキ『ポーランドを生きる ヤルゼルスキ回想録』,
ズデニク・ムリナーシ(チェコスロバキア動乱時の改革派のチェコスロバキア共産党中央委員会書記)『夜寒』,
野中郁次郎ほか『失敗の本質 日本軍の組織論的研究』(中公文庫),
尾崎厳・蓑谷千凰彦共著『経済分析と微分積分』(東洋経済新報社,絶版),
辻村江太郎『計量経済学』(岩波全書),『経済政策論』(筑摩書店),
小尾恵一郎『計量経済学入門』(日本評論社,絶版)。




「プロフィルの部屋」トップへ




<感動した映画,ドラマ,演劇>

「プロフィルの部屋」トップへ


ロミオとジュリエット(オリビア・ハッセー出演版),  会議は踊る,  第3の男,  カサブランカ,  十戒,  トラ・トラ・トラ,  史上最大の作戦,  ミッドウェイ,  八甲田山,  アラモ,  白い巨塔,  素敵な片思い,  東京ラブストーリー,  愛していると言ってくれ,  こんな恋のはなし,  青い鳥,  踊る大捜査線各スペシャルシリーズ,  ベルサイユの薔薇(宝塚花組版),  釣狐(狂言)  ほか




「プロフィルの部屋」トップへ




<好きな街やよく知っている街,エリアなど>

「プロフィルの部屋」トップへ


港区三田,  六本木,  赤坂見附,  渋谷,  吉祥寺,  国立,  自由が丘,  調布,  府中,  三軒茶屋,  二子玉川,  横浜(横浜駅周辺,みなとみらい地区,中華街,元町ほか),  日吉,  溝の口,  三浦観音崎,  鎌倉,  札幌,  小樽,  新潟,  水戸,  甲府,  舞鶴




「プロフィルの部屋」トップへ




<好きな動物>

「プロフィルの部屋」トップへ


猫,きつね。




「プロフィルの部屋」トップへ




<嫌いな動物>

「プロフィルの部屋」トップへ


蛇。




「プロフィルの部屋」トップへ






この画面(プロフィルの部屋)のもくじ
私の歩み 資格,特技 自分の性格
自分に似ている有名人 尊敬している人 好きなタレント
尊敬していたり好きだったりするミュージシャンや作曲家 好きな画家 嫌いな有名人
今までに読んで良かったと思った本 感動した映画,ドラマ,演劇 好きな街やよく知っている街,エリアなど
好きな動物 嫌いな動物 プロフィル関連リンク集のページへ
このホームページのトップ画面へ




「プロフィルの部屋」のトップへ

このホームページのトップへ




HMV
タワーレコード
indiesmusic.com

このHP作者に関係のある別HPです。

STATISTICS

  

炭鉱マニア

  

鉄道艦船航空陸自マニア

  

ネットDE討論@Marine

経営情報論,経済学,国際政治学研究学徒で歌人でロックバンドSTATISTICSのカミタクこと神山卓也のプロフィル・経歴の自己紹介。keywords = カミタク,神山卓也,プロフィル,自己紹介,経歴