神山卓也のITを利用したi政治(iポリティクス)によるeデモクラシー(ネットデモクラシー)での政策提言。e-politicsに関する学術論文も所収。keywords = i政治,iポリティクス,eデモクラシー,ネットデモクラシー,政治,IT

   このホームページのトップへ,  フレーム枠内のトップ画面へ

海と灯台

Noblesse Oblige  カミタクの部屋


神山卓也の政策提言の部屋

〜海洋の自由維持のために改革と前進を!!〜



この画面(政策提言の部屋)のもくじ
私の決意 民主党(旧・自由党)について カミタクの政策の基本方針
〜譲れないもの〜
カミタクの個別政策各論
〜今後の情勢変化次第で変わることもあるもの〜
カミタクの政策科学研究各論 カミタクのがこれまでに発表した本
(政治以外の本も含む)
政策関連リンク集のページへ このホームページのトップ画面へ

 この画面は、元・自由党の「L.カデット」(エルカデット=政治家候補生)であるカミタクこと神山卓也による、政策提言の部屋です。


私は歩く集積回路,小さな体に大きなパワー!!
若き血燃ゆるカミタクだ!!






<私の決意>

政策提言の部屋トップへ


 私が、政策提言に熱意を燃やすのは、日本が今のこの平和なままで、いつまでもいて欲しいと切望するからです。みんなが、ささやかな幸せをかみしめながら、いつまでも豊かな生活を送れるようになって欲しいと思うからです。しかし、国際政治学を研究する研究学徒の視点から日本の状況を分析してみると、今の日本の平和な幸せは黙っていても自然に続くものではなく、放っておけば消えてしまうかもしれない危ない状況であることに気づいてしまいました。また、1990年代以降のいわゆる「失われた10年」の中で、再び経済状況を良くするためには日本は変わらなければいけないのに、「変われない日本」の現状をどうにか打破しなければ国家が滅んでしまうという危機感を抱くようになりました。外交・安全保障政策上も経済・産業政策上も、今の日本は危機的状況にあるのです。


 でも、今ならばまだ間に合うかも知れない。


そのために、この豊かな平和を守るために頑張りたい。私の持つ情熱と行動力と、経済学、国際政治学、経営情報論など多くの分野にまたがる専門的学識の全てを注ぎ込んで、できる限りの全ての努力をしたい。しかし、残念ながら私などが選挙に打って出て簡単に当選できる程世の中甘くはありません。そこで、ネットワーク上の草の根でも構わないから私の想いを少しでも多くの人に伝えたい、そうすることで、たといささやかでも構わないから日本に貢献したい、この一途な想いでこの小部屋を開設することにしました。
 なお、当ページに載せた私の見解は全て個人的見解であり、民主党(旧・自由党)や会社その他、私が所属する全ての団体は、私の見解に関して免責である旨、念のため補足しておきます。


政策提言の部屋トップへ




<民主党(旧・自由党)について>

政策提言の部屋トップへ



旧・自由党綱領

民主党のホーム・ページ←こちらも是非ともご覧下さい。

ネットDE討論@Marine日本初のeポリティクス版勝手連である「ネットDE討論@渋谷」の神奈川支部公式WEBサイト「ネットDE討論@Marine」


@MarineのHPは、私が作成&管理する2番目のHPですが、私の個人PRサイトではありません。




政策提言の部屋トップへ




<カミタクの政策の基本方針〜譲れないもの>

政策提言の部屋トップへ


21世紀に向けての日本の役割の提案〜アメリカと協力しての国際公共財「海洋の自由」の提供〜(要旨)

21世紀に向けての日本の役割の提案〜アメリカと協力しての国際公共財「海洋の自由」の提供〜(本文)

民主主義とは何か(2003年04月)

科学的方法論について(2000年1月)

〜以下、順次アップロード予定〜




政策提言の部屋トップへ




<カミタクの個別政策各論〜今後の情勢変化次第では変わり得るもの〜>

政策提言の部屋トップへ



<外交・安全保障>


北朝鮮に対してどのように対処するべきか(1999年5月−3)

参考資料:拙稿「北朝鮮の政治経済学(1996年秋,1998年秋改訂)」

天然痘、炭疽病、ペスト、ボツリヌス菌等生物兵器テロや化学兵器テロ対策について(1999年5月−4,2001年11月改題の上改訂)

北朝鮮による日本人拉致事件解決抜きのコメ支援開始を行ってはいけない理由(2000年4月−3)

新ガイドライン周辺地域への台湾の明記化と沖縄駐留米軍問題について−−平和を守るためには適切な外交シグナルが必要だ−−(1999年5月−5,2002年9月加筆)

日ロ・日中外交の基本方針について(1999年6月−1)

外国人労働者の問題と海外経済協力について総合的に考える(1999年11月−1)

真の日中友好を目指した、現在の日本外交を批判してのあるべき方法論の提唱(1999年11月−3,2000年3月微修正)

外国人参政権問題について(1999年11月−4)

靖国参拝に対して(1999年11月−5)

西村慎吾・前防衛政務次官の問題発言に関する所見(2000年03月−2)

西村慎吾・前防衛政務次官の問題発言に関する所見2(2000年03月−3)

対米テロとアフガン攻撃に関する私見〜ビンラディンとテロ集団アルカイダを匿うタリバンからのアフガニスタン解放に賛成して(ただし集団的自衛権解釈変更抜きのなし崩し的自衛隊派遣には反対)〜(2001年11月−1)

不審船銃撃に対する法的見解(2001年12月−1)

在中国日本領事館での北朝鮮国民亡命未遂事件について(2002年5月−1)

民主主義とは何か(2003年04月)

北朝鮮金正日政権に対する経済制裁と戦争と外交交渉について(2003年08月)

安倍晋三を幹事長にした小泉純一郎首相の真意〜拉致問題解決をうやむやにしての衆議院議員選挙後の北朝鮮国交正常化交渉再開疑惑の危険性(2003年10月)

小泉純一郎政権のイラク自衛隊派遣には反対だが、非派遣にも反対だ(2003年11月)

「中国軍 沖縄に侵攻」偽記事事件について−−中国軍の沖縄侵攻の可能性が偽記事事件で表面化するのは困りものだ(2005年11月)

小泉首相靖国神社参拝について−−小泉首相靖国神社参拝に賛成する(2005年11月)


<経済・財政(税制,金融,産業)>


日本を再活性化させるための政策提言(2000年5月−1)>

私の財政再建案(1999年3月−1)

21世紀の財政投融資のあり方について(抜本的改革を)(1999年5月−2)

韓国経済再生に学ぶ(1999年11月−2[執筆時1999年5月])

源泉徴収税と組合費チェックオフについて考える(併せて、労働組合が市場経済において必要な理由)(2000年03月−1)

公共投資と地方政策について(2002年5月−2)

私の構造改革案(経済政策,特に産業政策の視点から)(2002年5月−3)

日本の産業と金融の再建への提唱(2002年10月−1)


<行政改革>


独立行政法人について(2000年4月−2)


<教育・文化・科学>


登校拒否、学級崩壊への対応策(1999年3月−3)

産業競争力維持のための教育改革の提唱(1999年6月−3)


<情報・建設・交通>



<農業>


先端科学技術産業としての自由競争市場下の次世代農業強化政策としての農業自由化の提唱(1999年6月−2,2002年9月加筆)


<生活(福祉,労働,環境,安全)>


ゴミ問題に対する対策(経済分析の視点から)(1999年5月−1)

少子化対策について(1999年3月−2,2003年11月修正)


<その他>


国歌・国旗法制化について(日の丸・君が代論)(1999年11月−6)

政策提言の部屋トピックス : 2000年4月3日の自由党分裂に関する真相と所見 〜腐れ連立政権の奴らに小渕首相の弔い合戦をする資格などは無い。小渕首相の無念を本当に果たせて、弔い合戦ができるのは自由党だけだ!!〜 (2000年4月5日)

選挙制度改革について(2000年6月−1[6月8日])

自由党の政策はぶれない。−−世評の誤解を解くために−−(2000年6月−2[6月8日])

自由党と民主党の合併について(2003年07月−1[07月24日])

マニフェストとは?。マニフェスト(政権政策)と従来の公約との違いは何か?。民主党と自民党の対応姿勢は?(2003年10月)

政治に絶望しないでくれ〜「政治に対しては何の期待もできない」は誤りだ(2009年07月)


〜以下、順次アップロード予定〜




政策提言の部屋トップへ




<カミタクの政策科学研究各論>

政策提言の部屋トップへ

学術研究の部屋に載せている論文やレポートの中で、政策提言上も重要なものや参考になるものを転載するものです。


<博士学位論文>

神山卓也「地方都市の地域産業振興 − 産業構造の変化に対応していかに地域が生き残るか:鹿児島の観光食料産業クラスターと創業支援を例にして −」高知工科大学大学院工学研究科基盤工学専攻(起業家コース)博士学位論文,2007年9月)
(リンク先は、高知工科大学学術情報リポジトリのサブ・コンテンツ。リンク先ページ上にPDF形式のファイルで拙学位論文が掲載されている。)

<学術論文,学術学会研究報告>

神山卓也「海洋の自由維持のための日米安保再々定義の提唱」(防衛大学校防衛学研究会『防衛学研究』第22号,1999(平成11年)11月)pp.122-136

・ 神山卓也「eコマース − 時空を超えるネットワーキング」(中央経済社『旬刊経理情報』2000年10月1日号,特集●サイバースペースが経営を変える−従来思考からの脱却のために)pp.18−21

・ 神山卓也「e−politicsにおけるサポーターの政治参加」(オフィス・オートメーション学会『オフィス・オートメーション 弟41回全国大会予稿集』,2000年10月)pp.169−172

・ 神山卓也「IT革命を考える −− 我が国黎明期のe-politicsにおける現状と課題 −−」(オフィス・オートメーション学会『オフィス・オートメーション』,2001,Vol.21,No.3)pp.68−71

・ 神山卓也「e−politicsにおけるドメイン定義」(オフィス・オートメーション学会『オフィス・オートメーション 第42回全国大会予稿集』,2001年6月)pp.141−144

・ 神山卓也「eエコロジーに関する概観的考察」(オフィス・オートメーション学会『オフィス・オートメーション』,2001,Vol.22,No.3)pp.66−71

・ 神山卓也「情報のデザインとホームページ − e-politicsをケースとしての機能要件定義 −」(オフィスメーション学会『オフィス・オートメーション 第43回全国大会予稿集』,2001年9月)pp.149−152

・ 神山卓也「埼玉県戸田市議補選におけるe-politicsのアクション・リサーチ」(オフィス・オートメーション学会『オフィス・オートメーション 第44回全国大会予稿集』,2002年5月)pp.91−94

・ 神山卓也「2003年衆議院議員選挙神奈川18区におけるe-politicsのアクション・リサーチ」(OA学会『オフィス・オートメーション 第48回全国大会予稿集』,2004年5月)pp.125−128

・ 神山卓也「新川崎K2(ケイ・スクエア)タウンキャンパスの事例研究 ― 産学官連携型産業振興を目指して ―」(OA学会『オフィス・オートメーション 第50回全国大会予稿集』,2005年5月)pp.117−120

・ 神山卓也「鹿児島における人口変化と域内人口移動」(OA学会『オフィス・オートメーション 第51回全国大会予稿集』,2005年11月)pp.209−212

・ 神山卓也「ソフトプラザかごしま及びソーホーかごしまに関する事例研究」(OA学会『オフィス・オートメーション 第53回全国大会予稿集』,2006年09月)pp.7−8

・ 神山卓也「営業のスタイルと場のモデル」に基づく、WEB2.0における「SEMによる訪問型営業プロモーション・モデル」の概要」(『日本情報経営学会 第56回全国大会予稿集』,2008年05月)pp.85−88.

・ 神山卓也「鹿児島県における地域ブログ・ネットワークと地域SNS」(『日本情報経営学会 第57回全国大会予稿集』,2008年10月)pp.127−130.

・ 神山卓也「AISASモデルにおけるSEOのメリ・デメに関する考察」(『日本情報経営学会 第58回全国大会予稿集』,2009年5月)pp.135−138.

<大学院修士課程時代の、政策研究にもなるレポート>

マレーシアの経済成長と産業構造の変化(1998年春)

ソ連およびロシアの国境紛争のケース・スタディ(1995年春,1998年春改訂)

石油ショック時代の日本経済と経済政策(1995年春,2001年改訂)

国土計画:戦後の工業化・都市化政策の評価(1996年夏,2002年掲載)

消費関数から見た平成4年の民間最終消費支出(1995年夏,2002年掲載)
(ケインズ型,相対所得仮説,恒常所得仮説の各マクロ消費関数モデルを実測して比較しています。)

不良債権や貸倒引当金、担保評価に関する知識〜融資審査&債権管理の実務担当者の視点から

ラテン・アメリカの経済(1995年夏)

チェコ・スロヴァキア動乱のケース・スタディ(1996年春)


〜以下、順次アップロード予定〜




政策提言の部屋トップへ




<カミタクがこれまで発表した本>

政策提言の部屋トップへ

ただし、これらの本は政策研究目的の本ではなく、学術研究目的の、経済学徒や経営学徒や国際政治学徒としての神山卓也が書いたり訳したりしたものです。政治目的ではない旨、誤解なきようにお願いします。もちろん、政策研究のためにも有益ではありますが。



本の表紙

共著:宮崎正康 地域研究会編著『IT活用で地域が変わる 地域活性化・危機管理』(ぎょうせい,2005年3月).

私は、「第1章 地域産業の振興とIT」を執筆した。




Closed World

共訳:P.エドワーズ著,深谷庄一(防衛大学校教授)監訳『クローズド・ワールド コンピュータとアメリカの軍事戦略』(日本評論社,2003年4月).

私は、「第3章 SAGE」を訳しました。



デジタルストラテジー

共著:原田 保,涌田幸宏 編著『デジタルストラテジー』(中央経済社,2000/07/14)

 私は、「第11章 顧客データベースのマーケティングモデル」を担当しました。



経済成長理論入門

共訳:チャールズ・I・ジョーンズ著,香西泰監訳『経済成長理論入門 新古典派から内生的成長理論へ』(日本経済新聞社,1999)

 私は,「第4章 アイデアの経済学」全てと「第7章 インフラストラクチャーと経済の長期的パフォーマンス」の半分とを分担訳しました。




政策提言の部屋トップへ







埼玉県参議院議員補欠選挙民主党公認候補

衆議院議員選挙民主党神奈川県候補者一覧

衆議院議員選挙民主党東京都候補者一覧

衆議院議員選挙民主党その他の各地の候補者一覧
北海道青森岩手宮城秋田山形福島茨城栃木群馬千葉埼玉山梨長野新潟富山石川福井静岡愛知岐阜滋賀三重京都大阪兵庫奈良和歌山鳥取島根岡山広島山口徳島香川愛媛高知福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島沖縄

衆議院議員選挙で、神奈川18区(川崎市高津区・宮前区)にひだか剛・前代議士が、神奈川12区(藤沢市,寒川町)に中塚一宏・前代議士が、東京8区(杉並区)に鈴木盛夫候補が、東京15区(江東区)にあずま祥三候補が、大阪17区(堺市)に西村慎吾・前代議士が、福島1区(福島市,原町市,相馬市,伊達郡,相馬郡)に石原信市郎候補が、広島4区(広島市安芸区,東広島市,安芸郡(府中町,海田町,熊野町,坂町),賀茂郡)に空本誠喜候補が、埼玉7区(川越市,富士見市,上福岡市)に小宮山泰子候補が、福岡2区(福岡市(中央区,南区,城南区))に平田正源候補が民主党から公認されました。その他:岐阜1区北海道12区岩手1区岩手2区岩手3区石川2区栃木4区愛媛1区広島6区鹿児島1区鹿児島2区鹿児島3区鹿児島4区
衆議院議員選挙神奈川 : 神奈川1区神奈川2区神奈川3区神奈川4区神奈川5区神奈川6区神奈川7区神奈川8区神奈川9区神奈川10区神奈川11区神奈川12区神奈川13区神奈川14区神奈川15区神奈川16区神奈川17区神奈川18区
衆議院議員選挙東京 : 東京1区東京2区東京3区東京4区東京5区東京6区東京7区東京8区東京9区東京10区東京11区東京12区東京13区東京14区東京15区東京16区東京17区東京18区東京19区東京20区東京21区東京22区東京23区東京24区東京25区
女性の声を政治に届けよう!衆議院議員選挙民主党候補者一覧
子育てや仕事との両立等について女性の声を政治に届けよう!衆議院議員選挙民主党候補者一覧
若者の声を政治に届けよう!衆議院議員選挙民主党候補者一覧
高齢者の声を政治に届けよう!衆議院議員選挙民主党候補者一覧
中小企業の声を政治に届けよう!衆議院議員選挙民主党候補者一覧
企業の声を政治に届けよう!衆議院議員選挙民主党候補者一覧
商店街の声を政治に届けよう!衆議院議員選挙民主党候補者一覧
サラリーマン・OLの声を政治に届けよう!衆議院議員選挙民主党候補者一覧
主婦の声を政治に届けよう!衆議院議員選挙民主党候補者一覧
失業者の声を政治に届けよう!衆議院議員選挙民主党候補者一覧
年金は若者にとって信頼可能にできるか?。私達の声を民主党衆議院議員選挙候補者に届けよう
環境保護のための政策を民主党衆議院議員選挙候補者に訊いてみよう
郵政民営化,郵貯民営化のための政策を民主党衆議院議員選挙候補者に訊いてみよう



ネットDE討論@Marine中の各候補者紹介ページ

衆議院議員選挙民主党各地の候補者一覧
北海道青森岩手宮城秋田山形福島茨城栃木群馬千葉埼玉神奈川東京山梨長野新潟富山石川福井静岡愛知岐阜滋賀三重京都大阪兵庫奈良和歌山鳥取島根岡山広島山口徳島香川愛媛高知福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島沖縄

衆議院議員選挙で、神奈川18区(川崎市高津区・宮前区)にひだか剛・前代議士が、神奈川12区(藤沢市,寒川町)に中塚一宏・前代議士が、東京8区(杉並区)に鈴木盛夫候補が、東京15区(江東区)にあずま祥三・前代議士が、大阪17区(堺市)に西村慎吾・前代議士が、茨城6区(土浦市,石岡市,つくば市,稲敷郡茎崎町,新治郡,筑波郡)に二見伸明・元代議士が、福島1区(福島市,原町市,相馬市,伊達郡,相馬郡)に石原信市郎候補が、広島4区(広島市安芸区,東広島市,安芸郡(府中町,海田町,熊野町,坂町),賀茂郡)に空本誠喜候補が、埼玉7区(川越市,富士見市,上福岡市)に小宮山泰子候補が、福岡2区(福岡市(中央区,南区,城南区))に平田正源候補が民主党から公認されました。その他:岐阜1区北海道12区岩手2区石川2区岩手3区岩手1区栃木4区愛媛1区広島6区
衆議院議員選挙神奈川 : 神奈川1区神奈川2区神奈川3区神奈川4区神奈川5区神奈川6区神奈川7区神奈川8区神奈川9区神奈川10区神奈川11区神奈川12区神奈川13区神奈川14区神奈川15区神奈川16区神奈川17区神奈川18区
衆議院議員選挙東京 : 東京1区東京2区東京3区東京4区東京5区東京6区東京7区東京8区東京9区東京10区東京11区東京12区東京13区東京14区東京15区東京16区東京17区東京18区東京19区東京20区東京21区東京22区東京23区東京24区東京25区

政策提言の部屋トップへ







この画面(政策提言の部屋)のもくじ
私の決意 自由党について カミタクの政策の基本方針
〜譲れないもの〜
カミタクの個別政策各論
〜今後の情勢変化次第で変わることもあるもの〜
カミタクの政策科学研究各論 政策関連リンク集のページへ
このホームページのトップ画面へ




「政策提言の部屋」のトップへ このホームページのトップへ


HMV
タワーレコード
indiesmusic.com

このHP作者に関係のある別HPです。

STATISTICS

  

炭鉱マニア

  

鉄道艦船航空陸自マニア

  

ネットDE討論@Marine

神山卓也のITを利用したi政治(iポリティクス)によるeデモクラシー(ネットデモクラシー)での政策提言。e-politicsに関する学術論文も所収。keywords = i政治,iポリティクス,eデモクラシー,ネットデモクラシー,政治,IT