日の丸を日本の国旗に、君が代を日本の国歌にする法制化に賛成する提言です。 : KEYWORDS = 国歌,国旗,法制化,日の丸,君が代,日本
   このホームページのトップへ
 
 
国歌・国旗法制化について(日の丸・君が代論)(1999)
 
 
神山 卓也
 
 私は、国歌・国旗法制化に賛成である。私が思うに、国歌・国旗反対論者は、日の丸や君が代に反対する論説を持って国歌・国旗に反対しているが、代案を示していない。日の丸に反対する論説しか無いのに日の丸ではなく国旗全体を否定し、君が代に反対する論説しか無いのに君が代ではなく国歌を否定し、「日の丸・君が代」反対論を「国旗・国歌」反対論にすり替えている。これは、「日の丸・君が代」反対論が実は口実であり、ためにする議論に過ぎないことを示唆していると思う。国歌・国旗があるというのは独立国ならば当然の話であり、法制化されているのも普通の国ならば当然のことである。さらに、国旗が無ければ公海を航行する船舶は海賊船とみなされて他国軍艦艇やコースト・ガード(日本の海上保安庁のようなもの)艦艇から砲撃されても文句が言えないのが国際法上の常識である、という重要な点も指摘しておきたい。このような観点から見た場合、この「ためにする議論である」という点に反対なのであり、この意味では現在の「日の丸・君が代」反対論者はウワの(=まやかしの)反対論者ではあっても真の反対論者なのではない(実は「日の丸・君が代」に反対なのではなく、いかなる内容のものであれ国旗や国歌そのもの自体に反対なのであろう)。百歩譲って「日の丸・君が代」反対論を議論のまな板に載せることを是とするとしても、それならば対抗案としての「新たな国旗・国歌案」を提示するべきだ。そのようなことを行うことなく、「日の丸・君が代」反対論を口実にして実は「国旗・国歌」そのもの自体に反対するような卑怯卑劣な論法は言語同断である。「日の丸や君が代であるか否か」以前の問題として「何らかの国旗や国歌」は必要なのである(ただし、もちろん私は、「日の丸・君が代」自体に賛成なのであるが)。
 
 アメリカをはじめ諸外国の政治家やビジネス・エリートのオフィスの机上には国旗が載っていても日本でのように”アブナイ奴”などと異常視される行為ではなく、オフィスに星条旗が飾られていたりしても驚くことはないであろう。同様に、アメリカはじめ諸外国では普通の学校で国歌や国旗が当然のように用いられているとのではないだろうか。国歌・国旗を大切にするというのは当たり前のことであっって、大切にするのが国際標準だと思う。国際常識として当然のことが日本でだけおかしいということは、本来、日本社会がおかしくて異常である、ということであるに過ぎない。このような意味からも、「(「日の丸・君が代」反対論は実は口実であるに過ぎず)国旗・国歌に反対である」という論説はアブノーマルで論外であり、(「日の丸・君が代」であるか否かは別にして何らかの)国旗・国歌は必要不可欠なのである。さらに、国歌・国旗がイデオロギーの次元で論争されているというのも異常なことである。そんな国は、他国の例を見てもフランスや旧ソ連や中国のような、革命政権が発足した国にしかないのであり、日本のように自然と成立した民族国家で、日の丸のように自然にいつのまにか定まってきた民族のシンボルをデザインとした国で、イデオロギー論争の観点から国旗が論じられているというのも異常だと思う。正に、「日本の常識は世界の非常識」を地でいっている話の内の一つであるに過ぎない。私のように、日本の政治文脈の右翼ではなく、「愛国心を捧げる対象がアメリカではなく日本であること以外は、ほとんどアメリカ共和党と同じ考え方」であるグローバル・スタンダードな右翼にとっては、祖国・日本の政治論争はアブノーマルで論外でびっくりすることが余りにも多過ぎると言わざるを得ない。
 (余談だがグローバル・スタンダードな視点での右翼・左翼の切り分けは市場メカニズムか統制経済かという経済政策上の区別ではあっても、「イデオロギーよりはむしろ地政学的要因で決まる」安全保障政策なのではない。例えば英国でもドイツでもフランスでも左翼政権ができても安全保障政策などは変わらないのである。その意味では、左右で安全保障政策が異なったり右翼が統制経済的だったりする日本の「左右の切り分け方」自体が私から見れば「日本の常識は世界の非常識」なのである。)
 
 日の丸・君が代を問題視する人は過去の歴史を例に出して反対する場合が多い。しかしながら、過去に日本が誤った戦争を行ってしまったということは、日本の国歌・国旗を押し通すために戦争を行ったということではない。したがって、過去の戦争の記憶を根拠として国歌・国旗を否定するのは論議のすり替えであり、「同じイメージがあるから駄目」という非論理的な否定理由であるに過ぎない。戦争は過去の政策誤りの次元の問題なのであって、国歌や国旗の問題ではないのである。そもそも、左翼側の人達が、護憲を旗印にしていながら、その現行憲法で国の象徴とされている天皇の御代をいやがって君が代を否定するというのは、天皇が憲法に認められた国家機関であることを踏まえれば論理的に自己矛盾があるとしか思えない。護憲ならば現行憲法でも天皇は大切なのではないのだろうか(逆に言えば、改憲運動を起こす際には、天皇制廃止の改憲を左翼側が目論むシナリオも考えられるので、このような動きへの対抗策も考えておく必要があるであろう。)
 
 また、このような論点の中では君が代の歌詞については天皇を誉めたものとして問題ありとする意見がある。しかし、天皇の存在の是非については、現行憲法の規定云々以前の問題として、天皇がいなくても国家が機能するという発想には機能面からのみ考えているのではないだろうかと思うので私は反対だ。天皇がいることによる精神的な繋がり、というのは実証的に見れば経験則上、極めて重要な要素だと私は思う。政治各機関の機能面の必要性にのみ着目した論点は、この精神的価値を見落としているのではないか、と思うのである。2.26事件や終戦の詔など、国家有事の際に政治が機能しなくなる瞬間、というのがかつて実際にあったが、このときに事態を収拾したのは天皇であった。開国後の近代化や、先の大戦での敗戦後の国家としての一体性の維持、という局面で天皇が果たした精神的役割は極めて大きいと思う。このことを、機能面からだけで分析して不要と断じるのは早計ではないのか、と思う。この観点で考えた場合、天皇は絶対に必要なのではないだろうか。
 
 さらに、天皇の存在は民主主義に反するとの誤解があるが、これについても一言述べておきたい。日本は立憲君主制なのであり、立憲君主制である限りに置いて君主の存在と民主制とは矛盾するものではない(だから君が代が国歌でも構わない)。民主制と共和制とはイコールではなく、共和制でなくても君主制でも民主的たり得るのが立憲君主制なのである。君主制が民主主義の敵なのは専制君主制の場合のみなのであり、議会政治などの民主政治体制に基づく立憲君主ならば問題が無いのである。
 
 日本の歴史を翻って考えれば、天皇が実際に実権を握っていたのは、桓武天皇が最後ではないだろうか。平城天皇以来の天皇は、君臨すれども統治せずと言う立場を余儀なくさた。その後、院政を試みる元天皇がいたり、後醍醐天皇が建武の新政で頑張ったりしたものの、結局、天皇が実権を握る試みは最後には失敗してきた。幕末の孝明天皇は暗殺されたというまことしやかな噂があるが(あくまでも俗説の噂)、これは孝明天皇が直接的にご意志を表明し過ぎたからだと私は思っている。続く明治天皇は、桂小五郎など長州の志士の言葉を借りれば”玉”なのであり、つまり旗印として存在してくれればそれで良く、なまじ意志を持ってくれたりしてしまったら本音ではいい迷惑という存在なのであって、実際、明治維新においても旗印の役割に留まっていたのである。その結果としてこの間、摂関政治時代、武家政権時代、明治維新以降の近現代政治の期間を通じて、1000年以上の長きに渡って天皇には実権が無かったのである。明治憲法では条文上は天皇親政であるが、現実の権力関係では天皇はやはり「君臨すれども統治せず」に留まっており(唯二の例外が昭和天皇による2.26事件鎮圧命令と終戦の詔である)、君主は君臨するだけというこの文化は実は英国よりも数世紀も早いものなのである(余談であるが、だからこそ、苗字さえも無いような超古代的に古い一族−−天皇家のことである−−などという極めて古い王朝が現代にまで続いて残っているのである。これは、文字発明以前からの本当に超古代的王朝と言えるのではないだろうか。さらに余談であるが、このように超古代的に古い王朝は、文化財としても極めて貴重な存在であり、その観点からも保存価値があると思う。外国では、アケメネス朝ペルシャだのプトレマイオス朝エジプトだの、紀元前の時点で既に「苗字の無い王朝」などというのは存在していない。東洋だって、漢の高祖は劉氏なので、既に紀元前には王朝に苗字があったのである)。
 
 このような歴史を踏まえた場合、日本は決して専制君主国家になることはない。だからこそ、君主制と民主制とは共存し得るのだと思うのである。余談であるが、もしも天皇がこの世から消えることがあり得るとしたら、右翼が天下を取って、上記のような歴史・文化を無視して本当に専制君主国家を創ろうとした場合だけだと思う。なぜならば、実権を握ってしまえば、政治への不平不満は天皇に直接向けられるからである。苗字が発生する以前からの王朝、つまり超古代王朝が現存しているような奇跡は、比較的早い時期に実権を無くして権威のみの存在となってしまったために、この1000年あまりの期間中、政治に対する不満は天皇ではなく時の実力者−−摂政だったり、関白だったり、上皇だったり、法皇だったり、将軍だったり、執権だったり、管領だったり、織田信長だったり、老中だったり、側用人だったり、大老だったり、太政官だったり、首相だったり...etc.−−に向けられることになったからだと思うのである。逆に言えば、本当に天皇を大切に思うのならば実権を渡してはいけない、ということにもなる。
 
 何度でも繰り返すが、日の丸は天皇制の象徴なのではなく、日本の象徴なのである。よくドイツでは戦後国旗を代えたから日本も代えるべきとの議論があるが、カギ十字は本来のドイツ国旗ではなくナチスが勝手に変えたものであり、戦後のドイツの国旗は、(西)ドイツ(BRD)でも旧・東ドイツ(DDR)でも元のドイツ国旗のデザインに戻したまでのことである。また、ドイツにおいても、元々のドイツ国歌であってナチスも代えなかった国歌については、戦後もナチス時代と同じものを使っている。これは、たとえナチス・ドイツ時代に使われていても、ナチスのものではなく本来のドイツ国民の国歌であるならば代える必要性が無いからである。同様にして、君が代・日の丸は日本が起こした軍事占領のための象徴なのでは決して無く、そのはるか以前から日本の象徴として存在していた日本の国歌・国旗なのであるから、いかなるイデオロギーをもってしてもこれを代える必要性は全くこの世に存在しない(たとえあの根暗なメロディーの国歌であったとしても、私達にとっては誇るべき民族の国歌なのである)。故に、私は「日の丸・君が代」を国旗・国歌とする国旗・国歌法制化に賛成なのである。
 
 
 
 
 
政策提言の部屋へ 
 
このホームページのトップへ
 
 
HMV
タワーレコード
indiesmusic.com

このHP作者に関係のある別HPです。

STATISTICS

  

炭鉱マニア

  

鉄道艦船航空陸自マニア

  

ネットDE討論@Marine

KEYWORDS = 国歌,国旗,法制化,日の丸,君が代,日本