本稿は、先端科学技術産業としての次世代競争市場下の次世代農業強化政策としての観点から農業自由化を提唱する論説です。Keywords = 農業,自由化,先端科学技術,産業,競争,市場
   このホームページのトップへ
 
 
先端科学技術産業としての自由競争市場下の次世代農業強化政策としての農業自由化の提唱(1999年6月,2002年9月加筆)
 
 
神山卓也
 
 
 新時代に向けての、従来の官製主導型ではない競争市場型の観点からの産業政策の観点から、農業政策について私案を述べたいと思う。
 
 NIESやASEANなどの後発工業国に健全に育っていただきながら、競争力を失う産業を淘汰し、1億2千万の国民を食わすべく新たな産業を育成して新産業への進化で逃げ切るためには、新しい産業を起こさなければならない。その新分野の一つとして、私はバイオテクノロジーを利用した農業分野の育成があると思う。その意味では、これから述べる提案は、競争力のある強い農業を目指しての積極的攻勢策としての農業政策である旨を前提としてご覧いただきたく思う。
 
 現在の日本の農業の特徴は、一言で言えば異常なまでに高い土地生産性と、逆に異常なまでに低い労働生産性にある。後者については、農家の経営規模の小ささがもたらしていることは言うまでもない。また、農業でも主食穀物生産については、先進国はいずれも、日本のように食糧自給率が低い国でさえも含めて供給過剰状態にあり、日本におけるそのその端的な例が減反政策である(ちなみに、発展途上国農業は主食生産が不足している状況にある)。
 
 このような状況下を前提とした場合、先述の未来に向けての攻勢的農業政策の上で私が理想と思う戦略はバイオテクノロジーを用いての穀物市場の制覇である。極論を言えば、日本の最終主食米自給率がゼロになっても構わない位の意気込みでわが国の米生産はハイブリッド米(一代雑種)に特化してこれを海外に輸出し、海外諸国での米生産は日本からのハイブリッド米輸入無くしては成立しないようにしてしまえ、というものである。その上で、日本自体の米供給は、下品な言い方を許してしまえば、ハイブリッド米を供給している旨の立場の強さを利用して札束で買いたたいてしまえば構わない、というものである。こうすれば、海外諸国は日本に依存しなければ食べていけなくなるので、輸入しながらも実質的に食糧自給率を高めることになる。また、海外の農業は一方的に日本に依存することになるので、いわゆる食糧安保にもなるというものである。
 
 この戦略の実現のためには米の競争力を高める必要があるので、現在の低い労働生産性はボトルネックになる。そのため、農業の経営規模を拡大して規模の生産性を実現するべく、農家の淘汰が必要になると思う。つまり、農業を発展させるためには農家を潰す必要があり、現在の零細農家は農業の強化ののためには邪魔な足手まといになってしまうという訳である。言い換えれば農業の育成は農家の保護とは異なることになり、現在の日本の農政や農政に関する世論は、農業の育成と農家の育成とを混同してはき違えている訳である。農業が強くなることは今有る農家全てを守ることではない。皆がこの点を混同していることが私の不満である。日本の農業を強くするためには自由競争によって農家を潰して淘汰し、企業経営による農業を導入する必要があると思う。そのための当面の手段としては、米の関税化だけでもまだ物足りず、米の完全輸入自由化によって零細農家に廃業を迫る必要と、手放した農地の受け皿として法律を改正して企業法人による農業進出を認める必要があると思う。農業はビジネスとして、一大産業として行わなければならない。そして、米国カーギル社にハイブリット品種市場を席巻されてしまう前に、日本企業がハイブリット品種市場で育つようにする必要があると思う。幸いにして日本の種子ビジネスはタキイやサカタなど既に野菜では強い会社があるのだから、技術や産業基盤は既にあると覆いる。この農業経営基盤強化こそが、新時代に向けての自由競争メカニズムを利用しての産業政策と、食糧安保としての農業戦略との抱き合わせの戦略になると思う。
 
 本当は日本の技術力をもってすれば、農業は先端科学技術産業としてべらぼうに強くなり得るのである。これを妨げているのは既存零細農家の存在である。後発工業国が次第にキャッチアップしつつある今日、既存工業品目にへばりついていたのでは日本は徐々に産業競争力を失い、1億2千万の国民は窮乏生活に陥るであろう。1億2千万人という人口圧力はべらぼうなものである。私達は政策としてこの1億2千万人を食わせていかなければならない訳であるから、後発工業国の経済成長を支援して育てながら、自分たち自身は先端科学技術(この場合にはバイオテクノロジー)を実用化させて新産業に逃げていかなければならない。また、この方策は日本も後発工業諸国も共に経済成長を維持することになるので、単に1国のみならず近隣工業諸国地域全体のレベルアップにもなるものであることから、モラル的にも理想的な産業構造政策になるものである。
 
 農業は保護するべきものである、というのは農業を馬鹿にした失礼な話である。農業は本当は先端科学技術産業に開花することが可能なのである。それを妨げているのは古い零細農業経営である。であるからこそ、農業を強くするためにこそ、弱い農家には滅びて貰い、競争力のある、企業ビジネスとしての農業が先端科学技術産業として伸びる必要がある。
 
 今にして思えば、大英帝国で、農業保護主義法であった穀物法が廃止されたのは約100年前の話である。でも、穀物法が廃止されたからと言って英国の繁栄が止まったなどという実証観察例は無い。であるから、歴史実証的に考えても、農業保護などというものには何の意味も無いことがよく分かる。また、日本の保護貿易への批判に対しては、いつも批判を受けてからやむを得ず小出しに対処することを我が国は繰り返して来たが、むしろ言われる前から積極的に自由化した上で、自国同様の貿易自由化を他国に強要する、という攻めの姿勢が外交上も強いカードになる。また、国際経済学の常識から言って、日本が現在の経済大国水準になってしまった以上、日本が自由貿易への障壁となることは、日本自身も含めての世界経済に与えるマイナスの影響が大きいことは言うまでもない。農業の産業競争力強化策は、これらの自由貿易上の問題も一気に解決する決戦兵器になるであろう。
 
 何度でも繰り返す。日本の農業は本当は競争力の強い先端科学技術産業になり得るのである。であるから、前近代的で守旧的な旧弊は一切廃して、未来の新産業としての農業を育成するようにしたいと思う。政治の世界では革新派(私にとって保守とは自民党のような古い政党のみならず、実証的にも純粋理論上も誤りであることが証明されている社会主義経済学にいつまでもしがみついている”経済学における天動説論者”も含めて保守である。であるから、世間一般の通念とは逆に社会主義こそ保守反動であり、自由市場交易メカニズムの醸成こそが革新になる)である私達は、農業は保護するべきものというカビの生えた古い保守反動的世界観から脱却し、強い農業、競争力のある農業を目指そうではないか。なお、敢えて断っておくが、この提唱に賛同する農家はヤル気のある前向きな「生き残るべき勝ち組」の農家であり、一方逆に、この提唱に反発する農家は自力で生き残るヤル気が無く日本の農業の産業競争力強化の足を引っ張るガン細胞のようなダメ農家であり淘汰されても自分が悪い存在だ、と私は思う。本当に農業の行く末を良くしたいと思う農家は、積極的に拙案に賛成していただきたい、と切実に私は思う。ヤル気のある本気な農家には頑張っていたたき、戦う気力のない「単なるぶら下がり」農家には足手まといになるだけだから一日も早く引っ込んでいただきたいものである。私には農家をいじめる趣旨はない。いつでもどこでもヤル気のある前向きな農家の味方である。
 
 
 
 
 
政策提言の部屋へ 
 
このホームページのトップへ
 
 
HMV
タワーレコード
indiesmusic.com

このHP作者に関係のある別HPです。

STATISTICS

  

炭鉱マニア

  

鉄道艦船航空陸自マニア

  

ネットDE討論@Marine

本稿は、先端科学技術産業としての次世代競争市場下の次世代農業強化政策としての観点から農業自由化を提唱する論説です。Keywords = 農業,自由化,先端科学技術,産業,競争,市場